« 今週の神様17年度2・3号:超える壁乗り越える壁の巻 | トップページ | ダンテ<ジャンプVSカプコン・カプコン枠> »

第36話:穢れた翼<ガンダム 鉄血のオルフェンズレビュー>

マクギリスへの対抗心と自らの功名心を含めて彼の不穏を糺さんと乗り込んだイオク。彼のMSに反応してかつての災厄の元となったMAハシュマルが起動してしまった。

三日月たちに立ちはだかるハシュマル。ますイオクらMS群を一掃していく。その様はまさに死の天使そのものだった。ひとまずこれよりの被害を考慮してか撤退を告げるマクギリス。

イオク隊も善戦するがMAのサブユニット・プルーマの大群まで持ち出されてはもはやなすすべもない、イオクも部下によって逃がされる。まあ無念だろうが結局は自業自得のことだから。

イオクの敗退を受け、アリアンロッド艦隊も本隊を派遣する。ここにきてジュリエッタも野心が芽生え、ヴィダールも何かを期待している感があった。

調査に当たったシノたちも現場の惨状を報告する。まさに人を殺すために行動する機会兵器。しかしそれだけにはとどまらないのは後ほど。三日月にハシュマルの印象を問うも、やはり鳥らしきものと応える。それをマクギリスは天使の名と姿をした厄災戦の化け物と述べる。

それらは自立で行動することはもちろん、補給物資を採取する様はまさに生き物同然。しかもハシュマルがプルーマを生産し、プルーマはハシュマルの支援及び補修を受け持っている。

そんなMAを狩るために造られたのが悪魔の名を冠した人型兵器MS、ガンダムフレームだった。それにそれらを動かすための阿頼耶識システムもその産物だったのだ。

何やら勝機を見出さんとしたオルガはひとまず対応することを決めるが、そこに石動からギャラルホルンの地上基地が襲撃されたと告げられる。そこでも破壊と殺戮はもとより、ここでも補給物資の採取が行われた。さらにはアリアンロッドの本隊も接近してくるとも告げる。

ひとまずハシュマル群を迎え撃つべくマクギリスが互いの因果にケリを付けるべく再び共闘を持ち掛ける。ここにきてマクギリスも七星勲章~それがもたらされる栄誉に興味を示す。己の役に立てればといった具合で。

ひとまず対策を練ることとなるが、ハシュマル群はプルーマとともに戦力を整えた後で新たなる殺戮のために人口の密集した場所を襲撃するとのこと。その人口の密集する場所こそが火星のクリュセだったのだ。

クリュセの防衛のために各員作戦配置につき、同じくジュリエッタとヴィダールも火星に降下する。

とりあえずクリュセのアドモス商会にてクーデリアに避難を促すも、火星開拓の際に使用したシェルターの収容人員には限界があり、残された人たちのためにクーデリアは残ることにする。いつもの無鉄砲と断じつつオルガも迎撃作戦のプランを立て、峡谷路に罠を張ることにした。一方マクギリスもMSで迎え討つことにするのだが。

進軍してくるハシュマル群を迎え撃つ昭弘とライドたち二番隊。しかしここにきてイオクがまた余計な砲撃をし、ハシュマル群は横道にそれる。その先には農業プラントがありそれを標的と決めたハシュマル。それを阻まんと体を張って食い止めんとするライド、しかしハシュマルのビーム砲はライドのMSを超えて無情にもプラントを焼き払う。

ナノラミネート装甲のMSでビームをしのいだ分、プラントの住人を守れなかった絶望と憤りから、激昂のライドは襲い掛かるプルーマを何とか叩かんとするもやはり多勢に無勢。まさに叩き潰されんとしたところをバルバトスが救い出す。こういったところは間に合うんだな。

一方事態の急変を受けつつ戦地に駆け付けんとするマクギリスたちにはヴィダールが立ちはだかるのだったが。

それにつけてもそもそものイオクの行動は愚かにも余りあるか。それを部下のジュリエッタにすらとがめられる。対してマクギリスたちに対峙するヴィダールもやはり気になるところ。彼の人としての過去がそれならば。今の事態を利用せんとするのか、それとも。

|

« 今週の神様17年度2・3号:超える壁乗り越える壁の巻 | トップページ | ダンテ<ジャンプVSカプコン・カプコン枠> »

ガンダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第36話:穢れた翼<ガンダム 鉄血のオルフェンズレビュー>:

« 今週の神様17年度2・3号:超える壁乗り越える壁の巻 | トップページ | ダンテ<ジャンプVSカプコン・カプコン枠> »