« クリエイターの執念とは:高橋留美子編 | トップページ | 双葉ほたる<餓狼・MARK OF THE WOLVES PLUS> »

各誌レビュー16年度12月号(その4)

さて今年最後の各誌レビューは、

サンデー
<境界のRINNE>
死んでるだけに大吉ではなく大凶を望むとは贅沢な。やはり縁起よりも自己満足か。

<トキワ来たれり>
闘いの合間にりいんの新しい服の買い物に付き合うことに、そこに彼女の揺れ動く乙女心を垣間見たか。

チャンピオン
<刃牙道>
新たな闘いを求めるムサシに当局も動き出す。まあ今更止められる彼でもないけれど。

<浦筋>
決死ののり子ん家の潜入行、まあたしかに振り回さんとすることは買いたいけれど。

<ふしぎ研究部>
催眠術にかかるふりして弄ぶ。これは笑うしかないかな。

その他
<銀英伝(ヤンジャン)>
しかしよくもキャラを壊してくれたな、いろんな意味で。

<BLACK TIGER(グラジャン)>
無法の西部にゾンビの無法者、それに対するは漆黒の衣に身を包んだ無頼の女ガンマン。しかしやってることは基本両津と変わりないからなあ、かっこいいだけに。ここは新しい器の使いようといったところか。

というわけでまた来年。

|

« クリエイターの執念とは:高橋留美子編 | トップページ | 双葉ほたる<餓狼・MARK OF THE WOLVES PLUS> »

マンガその他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436942/69022109

この記事へのトラックバック一覧です: 各誌レビュー16年度12月号(その4):

« クリエイターの執念とは:高橋留美子編 | トップページ | 双葉ほたる<餓狼・MARK OF THE WOLVES PLUS> »