« ドラえもん・オリジナル大長編:新・のび太の海底鬼岩城(予想)その2 | トップページ | 第33話:火星の王<ガンダム 鉄血のオルフェンズレビュー> »

今週の神様51号:この世のすべてにごちそうさまの巻

まず悪人肌でハードボイルド、それでいて人情家の両津こそが本物の両津だと分かっている人もおられることですが、原作がああなっちゃったからなあ。

とまあ今週は最終回を迎えたトリコから、
危機は去り昔通りの穏やかでエキサイトな世界の中、まだ見ぬ獲物を求め小松くんと一緒に再び冒険の旅に。そう、彼らの旅もまた始まったばかりであった。ということで永らくのご活躍本当にお疲れ様でした。

<ONE PIECE>
善戦むなしく敵に捕らわれたルフィ。一方でプリンとの結婚を承諾したサンジにマムもルフィを逃がすと告げたが、後のタマゴがポーネグリフのことを語る。それをマムが知ればすんなり返すことはない恐れが生じてしまったか。それに対し、ブルックとペドロは。

<BORUTO>
ナルト救出に乗り出したボルトたち。敵は並の忍術では歯が立たない。敵はナルトの九尾との戦いを求めるのだが。

<銀魂>
まあハタ皇子の過去なんてどうでもいいことだけど、彼らもゴタゴタを引き起こすとなれば、というか余計なことをしてくれるじゃないか。

<磯兵衛>
アゴとヒジなんてどうでもいいことだけど、一応やってみたら磯兵衛もただ者じゃなかったか。ギャグ漫画なだけに。

ひとまずはこんなところでいいかもしれませんね。

|

« ドラえもん・オリジナル大長編:新・のび太の海底鬼岩城(予想)その2 | トップページ | 第33話:火星の王<ガンダム 鉄血のオルフェンズレビュー> »

ジャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436942/68517876

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の神様51号:この世のすべてにごちそうさまの巻:

« ドラえもん・オリジナル大長編:新・のび太の海底鬼岩城(予想)その2 | トップページ | 第33話:火星の王<ガンダム 鉄血のオルフェンズレビュー> »