« カルノフ対MI系及びアルカナハート枠後編<バトルコロシアムD.A.S> | トップページ | 今週の神様50号:あるべきもの、あるべきところの巻 »

月刊ジョジョ16年度11月号

・吉良吉影

さて今月は成り行き第4部の最後の敵となった吉良について述べたい。

彼はもともと平穏な生活を望み、できる限り目立たずに、少しばかりの活躍と心の充実を図る男だった。

しかしそれだけなら単なる小市民なのだが彼にはとんでもない裏の顔があった。彼には殺人癖があり、ことにきれいな手首を持った女性には手をかけずにはいられないといった具合で今まで犯罪を繰り返してきたのだ。

だがそれだけなら単なる小悪党、かつてのDIOやカーズに比べるのもやはりおこがましい。強いて挙げるなら自分の生活や行動を干渉されたり、ことに異を唱えるものを断固として拒絶するエゴの強さ。しかしそれも臆病と受け止めてもよいが。

そこでネタバレながらで恐縮だが、結局後半のストーリーは仗助たちと吉良の追跡行がメインとなった感もする。たしかにサスペンスとしてはできている方だったが。

実際仗助たちの仲間も幾人かは彼に倒され、一旦は追い詰めるもしぶとく生き延びたのだから。

|

« カルノフ対MI系及びアルカナハート枠後編<バトルコロシアムD.A.S> | トップページ | 今週の神様50号:あるべきもの、あるべきところの巻 »

JOJO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月刊ジョジョ16年度11月号:

« カルノフ対MI系及びアルカナハート枠後編<バトルコロシアムD.A.S> | トップページ | 今週の神様50号:あるべきもの、あるべきところの巻 »