« 今更ながらMOONについて語る | トップページ | 11月のおしらせ »

今週の神様48号:乾いた大地の上での巻

さて今週のジャンプレビューはいかに、

<ONE PIECE>
対峙するルフィとサンジ、お互いルフィの呼びかけに答えられぬサンジ、届かぬ思いに退かざるを得ないルフィ。その断腸の想いからただ呼び掛けるしかない。果たして再び想いが通じ合えるのはいつのことか。

<トリコ>
アカシアの怒り、それは太古より蓄積された喰われた命の怒りだった。それを癒すのは哀しみからの愛だった。その愛を受け入れて、アカシアはすべての怨念を吐き出すが。

<銀魂>
すべての機会を無力化するため、自らを犠牲にしたたまたち。その想いは存在になろうとも源外たちの思い出の中に。

<磯兵衛>
結局お役御免となった磯兵衛、しかし彼自身何もしなかった、というより面倒ごとばかり押し付けられ、その重圧に解放されたからこれも本望だっただろう。

あと両津なき葛飾、世紀末のイメージを描いているようだけどちょっと違う、けれども的は得ていけれど。
ということでまた来週。

|

« 今更ながらMOONについて語る | トップページ | 11月のおしらせ »

ジャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436942/68186439

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の神様48号:乾いた大地の上での巻:

« 今更ながらMOONについて語る | トップページ | 11月のおしらせ »