« 第24話:ファイナル・バースト<今更ながらビルドファイターズ・トライレビュー> | トップページ | スーサイド・スクワッド、ですか »

キリアン<サムライスピリッツ・天下一剣客伝2>

さてみなさん、今回の剣サム2は、火傷するよな熱い男キリアンのストーリーをお送りいたします。息もつかせぬレイピアさばきでちょっといなせないい男キリアンの闘いぶりをここにお送りできればと思っております。それでは、ごゆっくり。

 

オープニング

スペインの熱き男キリアン。闘牛と酒と女、どれもが充実した毎日を送れているものの、やはり満たされない想いの中にいた。

そこにもたらされた武道会の報せ。久しぶりに充実できればとの想いで彼も再び戦いに赴くが。

 

ライバル戦その1(対ヴァルター)

・仕合前

キリアン「まずはあんたと仕合うのか、しかしあんたは気に入っている、いい仕合ができそうだ」

ヴァルター「やはり貴公が相手とは光栄の至り、なれば我が全身全霊で貴公に挑もうではないか」

キリアン「あんまりマジになられても困るが、それじゃ俺の騎士道に許されねえ。できる限り力を尽くすさ」

ヴァルター「これも頼もしい、いざ貴公の士道、存分にぶつけられよ」

・仕合後

キリアン「たしかにいい仕合だったな、もう少し楽しみたかったが、ここは次に取っておくか」

ヴァルター「お見事なりキリアン殿、しかし更なる強者も未だひしめいている。貴公ならば余計な心配は無用だが」

キリアン「お心遣いは感謝しておくよ、まあそれが故に一層頑張らねえとな」

ヴァルター「それも期待させて頂こう、ともかく、ご武運を」

 

ライバル戦その2(対J)

・仕合前

キリアン「熱い闘いを求めてここまで来たが、ここらでお前さんで肩慣らしと洒落込もうか」

J「俺もあんたとは仕合たかったからな、俺も熱い闘いってもんができそうだぜ」

キリアン「そうだな、お互い熱く生きなきゃ意味がねえ、まして命をかけるのもな」

J「命ってまでは分かんねえが、まずは全力でやっていくか」

・仕合後

キリアン「ひとまずはこんなところだ、全力は出すまでもないが、まずは満足だな」

J「俺も闘い足りねえが致し方ねえ、こうなったらあんたを応援させてもらうぜ」

キリアン「こいつは有難いな、お前さんなら気休め以上だからな」

J「それじゃあ、いつかまた手合わせしようぜ」

 

中ボス戦(以下4組の中から2組選択)

・萬三九六編

三九六「おい細いの、そのきれいな剣置いてきな、そしたら楽に死なせてやるぜえ」

キリアン「いずれお前に殺られる理由はないな、しかしそっちも一振りで終わると思うなよ」

三九六「まっさかこいつで俺の武器に立ち向かうたあ、笑い話にもならねえよな」

 

・黒河内夢路編

夢路「貴方にも風流を感じますね、たしかにそれのみでは闘い抜けぬことは承知の上ですか」

キリアン「その物言いはともかく、斬らずにすめばいいが、ここは致し方ないな」

夢路「たしかに愚問でしたね、なれば散る華の如く悔いのない仕合をしたいものです」

 

・ドラコ編

ドラコ「命のやり取りにそもそも貴賤などはない。だがお前は俺の殺しを賤しいと蔑んだ」

キリアン「残念ながら事実ってやつだ、お前の存在がまっとうな無法者に失礼だな」

ドラコ「まずはどこを撃ち抜いてもらいたい、俺の前で楽に死ねると思うなよ」

 

・アスラ編

アスラ「お前は何のために闘う。冷淡に振る舞いつつも秘めたる心はやはり熱すぎる」

キリアン「俺もお前と同じだな、ただ感情に流されずに闘いたいだけだ」

アスラ「お前も憎しみを超えた闘いか、ならばいなしてみるがいい、お前の業と信念で」

 

第8回戦(対歴代ボス戦)

キリアン「これより現れる魔物がどんなものか、まあ下手な闘牛よりは闘えるな」

・プレイヤー、異界へと引きずり込まれる。

「魔界への門は、今開かれた。汝の正なる気、我らの目覚めの礎とならん。まずはこの者ども我が手駒との仕合、愉しもうではないか」

・プレイヤー、各ボスと対戦。各員1本取れば勝ち抜け。すべての敵に勝ち抜ければクリア。対して2本連続で敗れた場合にゲームオーバー。

 

第9回戦(下記5組から1組を選択)

・共通:倒されたボスの気が一人に凝縮し、パワーアップして立ち上がる。

 

・闇天草編

天草「忌まわしき封印は消え去った。今再び、大いなる主の御力により、我、目覚めたり!!!

キリアン「俺も自らの意志とこの剣でやってきた、今更あんたの神の慈悲は受けたくないな」

 

・鬼斬紅郎編

斬紅郎「我は禍(わざわい)、我は鬼、そして我は壬無月、否、我こそは、鬼、斬紅郎なり!!!

キリアン「斬って散らせるがサムライの闘いか、ならばあんたにふさわしい闘いをしなきゃな」

 

・真ゴルバ編

ゴルバ「やはり我が命をかけねば汝は討ち取れぬか、それもよかろう、今こそ決戦の刻!!!

キリアン「俺も闘わねえ奴は嫌いだが、何でも力でねじ伏せる奴はもっと嫌いだね」

 

・魔界我旺編

我旺「國の哭く声、それに応えんがため、我今こそ魔界の気をも取り込み、國を制せん!!!

キリアン「力しか信じねえあんたにはロマンがねえ、そういう奴にはやはり負けられねえな」

 

・羅将神ミヅキ編

ミヅキ「ラキ、ラキキキキ、我が力戻ったり、今こそ世を魔界に呑みこんでくれん!!!

キリアン「たしかにあんたも美しい、いかなる毒華も優しく手折ればせめてもの餞になるな」

 

最終戦(対壊帝ユガ)

「正と負の気のぶつありあいより我が糧なる神魔の気、今ここに高まった。今こそ我が復活の刻(とき)。

我が名は、壊帝ユガ

今、人の世は終焉を迎えん。我が意によって・・・・・」

キリアン「魔物の総元締、命をかけるには悪くはない、ささなかな名誉だが取らせてもらうか」

 

エンディング

その後キリアンは、闘牛士や酒場での女との付き合いやら、退屈だが充実した日々を送る。いつしかスペイン界隈での顔役ともなり、大小さまざまな事件やいざこざを収めてきた。ここにきて侍との仕合がこんな形で活きてきた。言い換えれば彼が侍魂を持ってしまったということだ。

「まあもっていって困ることはねえな。それに人様の役に立つってのは、今更ながら悪くはねえ」

と嘯きつつ。さらなる充実した日々を送るキリアンであった

|

« 第24話:ファイナル・バースト<今更ながらビルドファイターズ・トライレビュー> | トップページ | スーサイド・スクワッド、ですか »

サムライスピリッツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キリアン<サムライスピリッツ・天下一剣客伝2>:

« 第24話:ファイナル・バースト<今更ながらビルドファイターズ・トライレビュー> | トップページ | スーサイド・スクワッド、ですか »