« 今週の神様36・37号:ぶっ飛べ、人類の巻 | トップページ | エピソード17:仲間を求めて(その23)<namco×CAPCOM・SNK> »

第19話:運命の再会<今更ながらビルドファイターズ・トライレビュー>

チナからバーニングの予備パーツを託されたユウマだったが、帰り際不良に絡まれてしまう。彼らの狙いがそのパーツだというが、それはどういうことか。宿舎前ということで見かけたフミナと世界がすかさず駆けつけるが、そこにはあの男もいた。それを退けんとするセカイだが、うかつに事を構えると今後の出場に支障をきたすと続いて駆け付けたミライとラルさんに告げられる。そこにまたメイジン・カワグチとレディも駆け付け、騒動の首謀者に呼びかける、やはりあの男、そしてセカイとミライの旧知だったか。

その男、イノセ・ジュンヤ。かつてはセカイと同じ次元覇王流の修行を積んできたいわば兄弟弟子。ひとまず事態をはぐらかせつつ不良たちを退がらせる。ただ力のみを求めるジュンヤに覇王流のみでは勝てないとも告げられる。しかしかつては純粋な気持ちで修行に打ち込んでいた彼がどうしてああなったのかと苦悩するセカイだったが。かつて彼に教えられた「果てのない強さ」それを求めたが故の異変なのだろうか。しかしミライは師匠の言葉「別れた道が合わさるとき」を告げ、それが運命のなせる業なのかとも思ったりもする。しかし最後は拳で語ることで分かることがあるという師匠の言葉をミライとともに思い起こし決意を固めるセカイだった。

一方のジュンヤも、覇王流の奥義を他の多くの業に求め、今まで無謀な戦いを繰り広げていた、といったところか。そこにスガが現れ彼の負けを予測し告げる。それはセカイの巣の強さを知ってこそ言えることだった。それがセカイの奥義なら奪うべく後ろ暗い闘志と野心を燃やすジュンヤだったが。

セイから渡されたパーツをもって来るジュンヤとの戦いにセカイはともかくユウマ、フミナも意気込みは高い。今や遠い所に行ったパートナーとともに戦ったセイの想いをこのバーニングを、今はセカイに託されたのだ。その想いに何としても応えなければならない。

きたる準々決勝、ミナトが、ウィルたち学園チームが、圧倒的な実力で勝ち上がっていく。続いてセカイたちファイターズとジュンヤたちタイタンの試合が始まる。バトルステージはギアナ高地。これまた因縁の舞台だ。

セイから託された想いを込め、今セカイたちが出撃する。敵僚機をフミナ、ユウマに任せ、セカイはジュンヤへと向かっていく。敵も戦術も何もない、ただジュンヤの強さの身で勝ち進んでいた。そんな奴らだからこそ彼らはこれで十分だが。

問題はジュンヤの方。彼なりに製作調整したガンダムだというが、そんな彼にセカイは立ち向かう。己自身の誇り、そして強さに対する想いのために。男と男、拳と拳、ガンダムとガンダム、そして覇王流と覇王流のぶつかり合いは熾烈を極めていった。しかし同じ技ではわずかにジュンヤのディナイアルが押していく。

苦戦ながらも奮闘するセカイに応えるかのごとくフミナは一部を変形させて敵を撃破、ユウマも追撃戦の末わずかな隙でこれまた撃破。残るはセカイの番なのだが。

やはり他流の技を駆使するジュンヤにセカイの技をすべて押し返され、追い詰められていく。しかしセカイの闘志はいささかも衰えてはいない。今こそ次元覇王流の神髄、奥義などよりずっと大きな意味でのまさに燃え上がる闘志の業を今こそ発するとき。そのまさに燃え上がるバーニング、しかしジュンヤのディナイアルもその薄暗い後ろ髪のオーラを発する。その戦いの行き付く先は一体なんなのか。

|

« 今週の神様36・37号:ぶっ飛べ、人類の巻 | トップページ | エピソード17:仲間を求めて(その23)<namco×CAPCOM・SNK> »

ガンダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第19話:運命の再会<今更ながらビルドファイターズ・トライレビュー>:

« 今週の神様36・37号:ぶっ飛べ、人類の巻 | トップページ | エピソード17:仲間を求めて(その23)<namco×CAPCOM・SNK> »