« 予想企画小説・ファイナルファンタジータクティクス・ジ・アフター(その5) | トップページ | KOFヒドゥンストーリーMI:李香緋編 »

第16話:華麗なるシア<今更ながらビルドファイターズ・トライレビュー>

セカイたちトライ・ファイターズが初戦を飾り、続くミナトのチーム。その機体は三体の動物型メカが合体し合体して巨大スーパーロボットに、ってこれって本当にガンダムか。たしかに頭部がこうなっているけれど。誰もがあっけに取られるもカワグチも一応は認め、セカイにいたっては純粋に心躍っていたな。

さらにユウマが変形合体に関して機体強度に問題ありと指摘するが、そこはミナト。かつて頭を下げてまで大会参加にこぎつけ、この日のために開発した機体なのだ。彼の卓越した造形技術の粋を集めたその機体、敵の攻撃をものともせずにまさにガンダム世界においては邪道ともいえるスーパーロボットの攻撃で撃破。その実力をまざまざと見せつけてくれた。

後にこのユウマとミナト、二人の姿はテレビで放映されインタビュアーのミライ相手にぎこちないながらも応えるユウマ。一方ミナトも意気揚々と応えるが。一方その放送を見ていた中、何やらユウマが呼び出される。呼び出した相手は姉のチナだった。かつて失意の中にあったユウマが立ち直ったと聞いて励ましの電話を送ったものだろう。その言葉に改めてユウマは改めて決意を新たにする。

大会も2日目以降、ここでも白熱した試合が繰り広げられていた。まあ忍者屋敷にガンプラが戦っているのは今更ながらツッコまないとして、我梅チームも難なく勝利を収めたか。

続いて3日目は静かなる市街地戦で三つ子の統立学園チームが周到な罠で着実に勝利を収める。いずれも強豪ならではだが、2回戦はシード権を獲得していたガンプラ学園も参戦するのでこれも気が置けない。そういえば宮城の天山学園チーム、あのフードの男が出ていないというのでこれまた怪しい雰囲気だ。それからグラナダ学園のルーカス=ネメシス。そういえば前作でアイラに叱咤された子供がいたな。あれが成長してああなったということか。一方学園側もシアのガンプラが完成したとか。出来栄えは兄のウィルも認めるところだが。

そして4日目の2回戦。注目の学園と対するはカリマ擁する本牧チーム、先に出番がなかったと息巻いていたが。

ここで学園側のシアがお目見え、誰もが彼女に注目を集める中、あのレディもお気に入りだという。それすなわちフミナに告げた彼女ということか。そんなシアにウィルは彼女一人で戦うよう言いつける。ペナルティだということだが純粋に妹の性能と戦いぶりを見たいのだろうが。それに対してシアも快諾するが、カワグチは快く思ってはいないか。

ともかく試合が始まり、妖精のごとく宇宙を翔けるシアのGポータント。対するカリマはヴェイガンギアで勝負を挑む。初めから総攻撃の体で攻めるギアだが、シアは卓越した操作で華麗にそれらをかわす。続いてのビームをも滑らせて交わしていくシア。粒子の理を知り得たが故の芸当だが。

原作のギアに対してAGE3も力業で勝ちを収めたが、対してシアは彼女ならではの華麗さで攻勢に転ずる。ここに来てギアの余計な損傷を気遣っているが、ここはカリマも突っぱねる。

ギアのエネルギー砲にシアも直撃を喰らうが、なんとシアには通用しなかった。シアのウィップの一閃でギアも無力化され、ガンプラ学園の、というよりシアの勝利で締めくくった。まあカリマは気の毒だが結局咬ませ犬になってしまったか。

そしてシアの実力もここで知らしめたことにもなった。誰もが驚嘆する彼女を実力を。ある意味意外な伏兵かつ強敵に果たしてセカイ、そしてフミナは。

後に拳の修行に打ち込むセカイをシアが訪れ、改めてウィルの妹だと告げるのだった。

|

« 予想企画小説・ファイナルファンタジータクティクス・ジ・アフター(その5) | トップページ | KOFヒドゥンストーリーMI:李香緋編 »

ガンダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第16話:華麗なるシア<今更ながらビルドファイターズ・トライレビュー>:

« 予想企画小説・ファイナルファンタジータクティクス・ジ・アフター(その5) | トップページ | KOFヒドゥンストーリーMI:李香緋編 »