« 秦崇雷対龍虎系キャラ<CAPCOM VS SNK・namco> | トップページ | 今週の神様32号:喰われてたまるかの巻 »

月刊ジョジョ16年度7月号

・イタリア料理を食べに行こう

さて今回は第4部のキャラの中でも脇役ながらも編者推しのイタリア料理人のトニオについて述べたいと思います。

スタンド使いの捜索の途中で立ち寄ったイタリア料理店、そこは若きイタリア料理人が経営する小洒落たレストランであった。興味本位で立ち寄った二人だったが、

まず差し出された水を飲んで大量の涙を流すも、眠気がスッキリとなった億泰。

その後も料理を食べるごとに体の異変が起きる、しかしそのたびに体の不調が改善される。それらの異変を調べんとつきとめようとした仗助だったが。

ここでネタバレをするけれど、トニオ自身もスタンド使いでそのスタンドを使った料理を使って人々の役に立とうとしたのだが。

まあオチとしていろいろ異変を起こるもすっかり健康になった億泰に対し、土足で厨房に踏み込んだ仗助に怒ったトニオは掃除を言い渡す。

たしかに結果健康になったがあれだけ派手に身体が破壊されまくれば仗助ならずとも訝らずにはいられない。対するトニオも荒療治ながらも悪気なくあくまで善意で億泰に料理を振る舞った。対して料理に対しては純粋に神聖な気持ちで臨んでいるので仗助の行為は理由はどうあれそれを汚したので許せなかったということか。

いずれにしてもお騒がせな料理人に振り回されっぱなしの二人だった、ということか。

|

« 秦崇雷対龍虎系キャラ<CAPCOM VS SNK・namco> | トップページ | 今週の神様32号:喰われてたまるかの巻 »

JOJO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月刊ジョジョ16年度7月号:

« 秦崇雷対龍虎系キャラ<CAPCOM VS SNK・namco> | トップページ | 今週の神様32号:喰われてたまるかの巻 »