« 第12話:未来へ羽ばたくために<今更ながらビルドファイターズ・トライレビュー> | トップページ | こち亀アニメスペシャル16、ですか »

KOFヒドゥンストーリーMI:ジョー東編

さてみなさん、今回のヒドゥンストーリーはジョーのMI編ということで、ギャングの争乱をテリーたちとともに顔を突っ込んでいくというストーリーです。

はたしてこの争乱でどんな嵐を引き起こしてくれるでしょうか。乞うご期待時うことで、それでは、ごゆっくり。

 

オープニング

若きムエタイチャンプ・ジョー東。先のサウスタウンの争乱にて知り合ったボガード兄弟と知り合い、彼らとともに数多くの戦いを勝ち抜いてきた。

ひとまず争乱を収めた後は、タイのムエタイチャンプとして多忙な毎日を送ってきたが、再びサウスタウンのギャングの争乱に合わせて、ヒマ潰しがてらに乗り込んでいく。

 

第4回戦(対ソワレ)

・仕合前

ジョー「そういや今売り出し中のギャングってのはお前らか。いっちょその実力見てやろうじゃねえか」

ソワレ「あんたが嵐を呼ぶ男って奴か、これからはこの青き疾風のソワレ様が伝説を創る番だぜ」

ジョー「おう、言ってくれるじゃねえか、お前にも格の違いってのを見せてやるぜ」

ソワレ「もはやあんたにも、ボガード兄弟にも出る幕はねえよ、過去の英雄は家で茶でもすすってな」

・仕合後

ジョー「ふう、なかなかやるじゃねえか。お前は気に入ったぜ、またいつでも遊びにこいよ」

ソワレ「ああ、そうさせてもらうぜ。しかしあんたの嵐は伊達じゃねえな、生半可な風じゃブチ破れねえ」

ジョー「ついでにお前も街を守るヒーローを目指しな。どう見ても裏町のチンピラ以上の器だからよ」

ソワレ「ヘッ、言われなくても分かってるぜ」

 

第8回戦(対ルイーゼ)

・仕合前

ジョー「おおっ、結構なお姉ちゃんじゃねえか、こりゃじっくりと付き合わねえとな」

ルイーゼ「わたしをただの女と侮っていると怪我をするわよ、あなたがひとかどの実力を持っているならなおさらね」

ジョー「そうだよな、あんたがただならぬ力を持ってるのは分かってる。その分俺も楽しめるしな」

ルイーゼ「それならば、ここから先、あなたには闘い抜く覚悟はあるの」

ジョー「今更そいつは言いっこなしだ。あんたの本気も見せてみな」

ルイーゼ「口で言っても分からないようね、ここで私に敗けた方が、あなたの身のためよ」

・仕合後

ジョー「結構楽しめたぜお姉ちゃん、しかしあんたも何やらしているフシだな」

ルイーゼ「たしかにこの先には私以上の存在がいるのは間違いないわ。だからこそいうけれどこれからの闘い、絶対に負けないで」

ジョー「ああ、そいつは任せてくれよ、って、もう行っちゃったか、まあ、また会えるよな」

 

第9回戦(対デューク)

・仕合前

屋敷の扉の前に立つジョー。

ジョー「いよいよ決勝戦か、隠れてるのは分かってる、とっとと姿を現しやがれ」

扉が開き、デュークが現れる。

デューク「ふふ、“奴”に挑まんとするのは貴様か。しかしムエタイのジョー東、その気合いの嵐は楽しめそうだな」

ジョー「お前がデュークって奴か、性懲りもなくまた現れてこの俺の嵐に吹き飛ばされようたあ、まったくご苦労なこったぜ」

デューク「ふん、減らず口を叩いてくれるわ。だが一言いっておこう、俺を含めここから先、ただの腕試しのつもりならばやめておくことだ、身を引いても多少長くは生き延びることはできるだろう」

ジョー「ヘッ、今更命乞い、ってわけじゃねえよな。まあ俺としても全力で叩きのめさなきゃ寝覚めが悪いってこったな」

デューク「たしかにいい度胸だな、貴様のご自慢の嵐、貴様ごと一撃で吹き飛ばしてくれるわ」

・仕合後

デューク「クッ、流石は嵐のムエタイだ、この俺が踏ん張るだけで精いっぱいだと」

ジョー「確かにやるじゃねえか、しかしよ、この先にお前以上の奴がいるっていうのか」

デューク「そうう、ところだ、しかし俺自身の屈辱はいずれ晴らさねばならぬ。ひとまずはさらばだ」

デューク、去っていく。

 

最終戦(対ジヴァートマ)

・仕合前

中央広間にたどり着いたジョー。

ジョー「ここまで来たならイヤな気がイヤというほど感じやがるぜ。さあ、とっとと姿を現しな」

「ふふ、よくぞここまでたどり着いたな、ここが最後の舞台、そして君の闘いもここで終わる・・・・・」

柱の間から、長身の男が現れる。

ジョー「お前がその相手をしてくれるってか」

ジヴァートマ「君の対戦相手であると同時に、本大会の主催者でもある。”クシエル“を統べる闇の爪、ジヴァートマと見知りおいていただこうか」

ジョー「クシエルのジヴァートマだと、そういや前のメフィストフェレスって奴はどうしたんだ」

ジヴァートマ「この星の闇を支配する、秘密結社“アデス”。その“アデス”が持つ無数のペルソナの一つと思ってもらいたい」

ジョー「どっちにしろお仲間ってとこだな、今度は一体どんな悪巧みを企んでやがるんだ」

ジヴァートマ「強靭な肉体を持つ格闘家を集めるため、と言っておこう。さあ、その肉体を”我々“に委ねたまえ」

ジョー「てめえ、よっぽど俺の嵐で吹っ飛ばされてえようだな。どんなバケモノかは知らねえが、全力でブッ飛ばしてやるぜ」

・仕合後

ジヴァートマ「・・・流石だな、まさか、この星の人間に敗れるとは、思わなかったよ・・・・・」

ジョー「まっ、こんなもんだな、力があるくせにセコいマネばっかしやがって」

ジヴァートマ「フッ、いずれ君もその事実に恐怖することになるだろう、“我々”は、不滅なのだよ・・・・・」

と言って姿を消すジヴァートマ。

ジョー「消えやがった、まったく芸がねえ奴だぜ」

その直後屋敷が音を立てて崩れ始める。

ジョー「おっと、こうしちゃいられねえな」

 

エンディング

なんとか屋敷から抜け出せたジョー。

ジョー「ふう、危機一髪だったな。しかし宇宙人か、たしかに厄介なことになったが、当分は退屈しねえで済むよな」

後ろからテリーが駆け寄ってくる。

テリー「おい、ジョー!」

ジョー「なんだ、テリーじゃねえか。どうしたんだ、そんなにあわてて」

テリーのさらに後ろから舞の声が響く。

舞「ちょっとテリー、アンディばどこにいるっていうのよ」

ジョー「ははぁ、またアンディとはぐれちまったか、舞ちゃんも相変わらずだがよ、ここはズラかった方がよさそうだ」

しかしこの場にマリーと香緋が乱入してくる。

マリー「あらあら、それはつれないんじゃない」

香緋「せっかく盛り上がってきたからね、ここは楽しくいこうよ」

テリー「おい、そうは言ってもよ、結構大変なんだぜ」

ジョー「結局俺たちが尻拭いかよ、アンディ!」

舞「やっと追い付いた、今回の件もじっくり説明してもらうわよ」

 

(スタッフロールへ)

|

« 第12話:未来へ羽ばたくために<今更ながらビルドファイターズ・トライレビュー> | トップページ | こち亀アニメスペシャル16、ですか »

KOF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436942/66111970

この記事へのトラックバック一覧です: KOFヒドゥンストーリーMI:ジョー東編:

« 第12話:未来へ羽ばたくために<今更ながらビルドファイターズ・トライレビュー> | トップページ | こち亀アニメスペシャル16、ですか »