« 第4話:Gミューズ<今更ながらビルドファイターズ・トライレビュー> | トップページ | アベンジャーズ・シビル・ウオー、ですか »

J<サムライスピリッツ天下一剣客伝2>

さてみなさん、今回の剣サム2は、レスフィーアの異国の剣士Jのシナリオをお送りいたします。

アフロの黒人たる変な奴ながらも、その剣筋は独特なリズムを奏でている彼の侍魂をこのシナリオでお送りできればと思っております。

はたして彼の魂の行き着く先は、ということで、それでは、ごゆっくり。

 

オープニング

元レスフィーアの水兵で、乱の平定後鈴姫についていき天降藩にて浪人暮らしを送っていた。

そんなある日、盟友クロードより武道会とその裏面の陰謀を聞かされて、自らのお節介の虫が騒いでか、闘いの場へと顔を出すのだった。

 

ライバル戦その1(対クロード)

・仕合前

J「やっぱクロードの旦那と仕合わなくちゃいけねえか、まあ面倒くせえが、あんたとなら退屈しなくてすむかな」

クロード「お主も相変わらずだな。お主もひとまずは楽しむがよかろう」

J「そうだな、目的は違うが剣に関しちゃ同じもんだ。ここらで俺も全力でいかなきゃな」

クロード「うむその意気だ、久しぶりにお主の本気を見られそうだな」

・仕合後

J「どしたい旦那、今回は一本取っちまったぜ」

クロード「見事だな、拙者も修業が足りぬか」

J「なに、またがんばればいいさ。そのための俺との仕合ってもんだ」

クロード「それもそうだな、しかしここから先はそうもいってはおれまい。ひとまず武運を祈っているぞ」

J「ああ、任せとけって」

 

ライバル戦その2(対キリアン)

・仕合前

J「ここであんたと仕合うからには、お互いの風流をかけて勝負ってのも悪くはねえなあ」

キリアン「そうだな、お前さんの風流までは分かりかねるが、こういう仕合も悪くはない」

J「なんなら派手に見せ付けようぜ、俺たちの風流な闘いっぷりをよ」

キリアン「そうこなくてはな、今更ながら俺も奮い立ってきたぜ」

・仕合後

J「まあこんなところか、俺もそれなり楽しめたが、あんたの方はどうだい」

キリアン「俺もなんとか吹っ切れたところだ。勝ち負けは抜きにしてな」

J「ここからの仕合もこういった楽しいもんになったらな、いっちょ気を引き締めっか」

キリアン「なら生きて帰ってこいよ、お前とはもう一度闘いたいからな」

 

中ボス戦(下記4組の中から2組選択)

・萬三九六編

三九六「おい黒いの、おめえの頭は気に入らねえ、ブッ潰してやるからそこになおんな」

J「俺の髪型を理解しねえとは無粋な野郎だぜ、まあ頭が悪い奴はいっちよやっつけるか」

三九六「俺のどこが頭悪いたあ、ええ。もう勘弁ならねえ、いっきにブッ潰してやるぜえ」

 

・黒河内夢路編

夢路「異彩な風体なれどその剣は本物、ここは仕合うが筋というべきでしょうね」

J「俺と仕合いたいならそう言いなよ、イヤなことあったらこの場で吹っ切れようぜ」

夢路「お心遣いのつもりでしょうが、いえ傷付くも怖れぬが貴方の武士道でしょうね」

 

・ドラコ編

ドラコ「命など所詮は安いものだ、他人のためにいきるなど実にくだらねえ」

J「それはお前さんが命をかけるものを見いだせないだけさ、そのために、あんたに勝つのさ」

ドラコ「所詮は無駄なことだ、俺がお前を撃ち抜けばすべてが終わる、ただそれだけだ」

 

・アスラ編

アスラ「とぼけながらもできるな貴様、お前の刃はいかなる業を見せてくれるか」

J「やれやれ、いかにも物騒な出で立ちのあんたに挑まれりゃ、応えずにはいられねえな」

アスラ「そうだ、いずれ斬るなら、全力の相手を斬りたいものだ、せいぜい抗ってみせよ」

 

対歴代ボス戦

J「さてと、どんな魔物が出てくるかまずは名を上げるチャンスってとこかな」

・J、異界へと引きずり込まれる。

「魔界への門は、今開かれた。汝の正なる気、我らの目覚めの礎とならん。まずはこの者ども我が手駒との仕合、愉しもうではないか」

・プレイヤー、各ボスと対戦。各員1本取れば勝ち抜け。すべての敵に勝ち抜ければクリア。対して2本連続で敗れた場合にゲームオーバー。

 

対強力ボス戦(下記5組から1組を選択)

・共通:倒されたボスの気が一人に凝縮し、パワーアップして立ち上がる。

 

・闇天草編

天草「忌まわしき封印は消え去った。今再び、大いなる主の御力により、我、目覚めたり!!!

J「怨みを引きずってしか生きられねえなら、あんたの神も案外安っぽいんじゃねえのかい」

 

・鬼斬紅郎編

斬紅郎「我は禍(わざわい)、我は鬼、そして我は壬無月、否、我こそは、鬼、斬紅郎なり!!!

J「おお怖えなその刃、しっかしこの命、あんたのためにかけるまでもねえんだがなあ」

 

・真ゴルバ編

ゴルバ「やはり我が命をかけねば汝は討ち取れぬか、それもよかろう、今こそ決戦の刻!!!

J「前にも言ったが俺は無粋な奴には従わねえ、これが俺の男意気ってものよ」

 

・魔界我旺編

我旺「國の哭く声、それに応えんがため、我今こそ魔界の気をも取り込み、國を制せん!!!

J「あんた、女子供の哭く声は聞こえねえかい、聞こえねえならあんたの耳は節穴だな」

 

・羅将神ミヅキ編

ミヅキ「ラキ、ラキキキキ、我が力戻ったり、今こそ世を魔界に呑みこんでくれん!!!

J「いかにあんたが美しかろうが、惚れた女に比べりゃ色褪せる、まあそんなところだ」

 

最終戦(対壊帝ユガ)

「正と負の気のぶつありあいより我が糧なる神魔の気、今ここに高まった。今こそ我が復活の刻(とき)。

我が名は、壊帝ユガ

今、人の世は終焉を迎えん。我が意によって・・・・・」

J「生憎俺にも守らにゃいけねえ奴がいるからな、一世一代の大喧嘩にゃ悪くねえな」

 

エンディング

乱を平定し、穏やかな生活に戻るや否や、街中の遊郭通いの毎日で、剣の修行もおろそかになりがちになってしまいがちだった。

その日界隈のゴロツキが彼に喧嘩を吹っ掛け、見事返り討ちと相成った。その剣筋は争乱のころと変わりなく、いやそれ以上の洗練された剣筋だった。

そう、分かっている者には分かっていたのだ。彼の流れる血潮には常に奏でる音の流れが彼自身の剣と魂を常に研ぎ澄ましているのだと。

そして彼の生そのものが今後とも彼の侍魂を磨き続ける。否、彼の生き様そのものが侍魂であるということだと。知っている者には知っていたのだ。

|

« 第4話:Gミューズ<今更ながらビルドファイターズ・トライレビュー> | トップページ | アベンジャーズ・シビル・ウオー、ですか »

サムライスピリッツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: J<サムライスピリッツ天下一剣客伝2>:

« 第4話:Gミューズ<今更ながらビルドファイターズ・トライレビュー> | トップページ | アベンジャーズ・シビル・ウオー、ですか »