« 第21話:帰るべき場所へ<ガンダム 鉄血のオルフェンズレビュー> | トップページ | ガンダムUC・TVシリーズ、ですか »

KOFヒドゥンストーリー:神楽ちづる編MI

さてみなさん、今回のKOFヒドゥンストーリーは、MIのおける神楽ちづるのストーリーをお送りいたします。

そもそも“護りし者”ということでオロチの封印の抑え役でしかなかった感もある彼女、結局オロチ一族もいまだ暗躍しているわけで、今後の彼女の出番もあっていいはずだと思う。せっかく製作環境も整ってきたわけだから。

ともかくもきたるⅩⅣを含め今後の活躍を期待しての記事をお楽しみください。それでは、ごゆっくり。

 

オープニング

上代よりこの世界を護ってきた八咫一族の末裔で先に荒ぶる地の意思であるオロチを鎮め、穏やかに暮らしていたはずだった。

ところが新たなる闇キ意志が顕れたのを機に、彼女もまた闘いの場に身を投じる。

 

第4回戦(対アルバ)

・仕合前

ちづる「なるほど、あなたにも何かを感じます。普通の人にはない何かを」

アルバ「何かを言い出すかと思えばお嬢さん、一体わたしに何を感じたかは今は議論をする余地はないが」

ちづる「この先を求めるために進まなければなりませんが、すんなりと進ませてはいかないようね」

アルバ「その求めるものが私と同じならば、ここを通すわけにはいかないなレディー」

ちづる「ならば始めましょう、お互い手加減は無用のはずだから」

・仕合後

ちづる「こんなものかしら、でもあなたのこと、すべてをさらけ出すわけにもいかないでしょう」

アルバ「ある意味あなたの言う通りだ。これ以上干渉してほしくはないのだが、敗れた以上とやかく言う筋合いでもない」

ちづる「ええ、この世の均衡を護るも私の使命だから、あなたも義しきものなら、悪いようにはしないわ」

アルバ「期待しているよ、レディー。ひとまずはさらばだ」

 

第8回戦(対ルイーゼ)

・仕合前

ちづる「あなたにも内なる力を感じます。その力の異質さもまた」

ルイーゼ「どれだけ私のことを読んでいるかは知らないけれど、あなたと仕合わなければいけないようね」

ちづる「もとより承知のことでしょう、私も面倒なことには変わりはないのだから」

ルイーゼ「そういうことなら、ここで私に敗けた方が、あなたの身のためよ」

・仕合後

ちづる「どうやらここまでのようね、それでは、先に行かせてもらいます」

ルイーゼ「・・・待って」

ちづる「また何か用ですか、まずは聞いてもいいけれど」

ルイーゼ「ええ、私に勝って先に進む以上、絶対に、敗けないで頂戴」

ちづる「分かっているわ、もとよりその覚悟で来たのだから」

ちづるが振り向いた先に、ルイーゼの姿はいなかった。

 

第9回戦(対デューク)

・仕合前

屋敷の扉の前に立つちづる。

ちづる「いよいよ決戦ってところね、さあ、中にいる人、出ていらっしゃい」

扉が開き、デュークが現れる。

デューク「ふふ、”奴“に挑まんとするのは貴様か。うむ、やはりお前が来たということか」

ちづる「ご存じとは光栄です。あなた相手ではやはり小細工は通用しないようね」

デューク「こちらも手を抜くつもりはない、だがあえて言おう、身を引いても多少長くは生き延びることはできるだろう」

ちづる「今更愚問よね、この先に闇キ力があれば見過ごすわけにはいかないから」

デューク「なるほどな、お前も引けない理由があるか。ならば俺も全力で阻ませてもらおう」

・仕合後

デューク「クッ、やはり力押しではお前には勝てぬか」

ちづる「あなたも力以上に信念を持っています。しかし何を焦っているというの」

デューク「俺が焦っているだと、くっ、しかしお前の言う通りだ。俺にはあまり時間は残されてはいない」

ちづる「いずれにしても、あなたもまたこれからのステージには必要な人。それだけは覚えていて」

デューク「そうさせてもらおう、さらばだ」

と、デュークは去っていく。

 

最終戦(対ジヴァートマ)

・仕合前

中央広間にたどり着いたちづる。

ちづる「やはり待ち構えていたわね、ならば出てきなさい、不意討ちはあなたの臨むところではないはず」

「ふふ、よくぞここまでたどり着いたな、ここが最後の舞台、そして君の闘いもここで終わる・・・・・」

柱の間から、長身の男が現れる。

ちづる「あなたがそうなのですね、まずはあなたの名を、聞きましょう」

ジヴァートマ「君の対戦相手であると同時に、本大会の主催者でもある。”クシエル“を統べる闇の爪、ジヴァートマと見知りおいていただこうか」

ちづる「“クシエル”ですか、先の“メフィストフェレス”と何か関連しているということですか」

ジヴァートマ「この星の闇を支配する、秘密結社“アデス”。その“アデス”が持つ無数のペルソナの一つと思ってもらいたい」

ちづる「大方のことは分かりました、ならば今一つ、あなたの目的をお聞きしましょうか」

ジヴァートマ「強靭な肉体を持つ格闘家を集めるため、と言っておこう。無論、君が魅力的な女性だからといって、その例外ではない。まして君はかつて地球意志を封じた八咫の末裔、それもまた魅力的だ。さあ、その肉体を”我々“に委ねたまえ」

ちづる「いずれにしてもあなたには過ぎたる望み、私も神楽の士として対することと致しましょう」

・仕合後

ちづる「たしかに手強かった、でも脅威というわけではないようね」

ジヴァートマ「流石だな、まさか、この星の人間に敗れるとは、思わなかったよ・・・・・」

ちづる「この物言い、やはり異邦の方々だというのですか」

ジヴァートマ「ふっふっふ・・・次に会う時までに、気のきいた答えを考えておこう」

ちづる「ここであなたを野放しにしておくわけにも参りません、その力を封じて・・・・・」

ジヴァートマ「君が望むと望まざるとに関わらず、”我々“はまた君の前に現れる。必ずね・・・・・」

といってジヴァートマは姿を消す。

ちづる「消えた、まだこの争乱は続くというのですか」

その直後屋敷が音を立てて崩れ始める。

ちづる「これはやはり、ひとまずはここを離れましょう」

 

エンディング

なんとか屋敷から抜け出せたちづる。

ちづる「まさかこれほどの人たちが関わっているとは」

ちづるの目の前で、まさに京と庵が闘おうとしていた。

京「ケリをつけようぜ」

庵「貴様の死をもってな」

そこにちづるが割って入ろうとする。

ちづる「待ちなさい、京、庵」

京「なんだ、ちづるじゃねえか」

庵「邪魔が入ったか、まあいい・・・・・」

と、庵は去っていく。

京「相変わらずお節介だな、こちらも軽くあしらうつもりだったがよ」

ちづる「それがそうも言っていられないの」

京「やっぱり宇宙人ってやつなのか。そういうのはハイデルンに任せりゃいいがよ」

そこにハイデルンが割って入る。

ハイデルン「そういうわけにもいかんな、ことの重大さを鑑みて君たちにも協力をしてもらわねばならない」

京「やれやれ、また面倒なことになったぜ」

ハイデルン「ともかく今後の対策を話すついで、帰りは我々が送っていこう」

京「その前に腹が減ったぜ、それからゆっくりと眠りたいしな」

ちづる「そうね、今は休むのもいいでしょう」

 

(スタッフロールへ)

|

« 第21話:帰るべき場所へ<ガンダム 鉄血のオルフェンズレビュー> | トップページ | ガンダムUC・TVシリーズ、ですか »

KOF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436942/64182155

この記事へのトラックバック一覧です: KOFヒドゥンストーリー:神楽ちづる編MI:

« 第21話:帰るべき場所へ<ガンダム 鉄血のオルフェンズレビュー> | トップページ | ガンダムUC・TVシリーズ、ですか »