« 第24話:未来の報酬<ガンダム 鉄血のオルフェンズレビュー> | トップページ | バットマンVSスーパーマン、ですか »

エピソード17:仲間を求めて(その18)<namco×CAPCOM・SNK>

さてみなさん、今回のナムカプケイは、デミトリたちダークストーカーの面々とディアボロスの進化形アイオーンとの激闘をお送りいたします。さらなる力を得て立ちはだかるアイオーンにデミトリたちは一体どう立ち向かうのか。そして最後に現れるあの男にもどう対するべきか。

ひとまずこういうところですので、それでは、ごゆっくり。

 

・プレイヤー、一旦体勢を立て直し。さらに数チームを選択可能。

レオ「おお、ハイデルン殿」

ハイデルン「うむ、ただならぬ力を感じ、増援が必要と判断してな。しかしこれほどの存在は何やら神々しさを感じるな」

デミトリ「フッ、貴様もただの人間ではないな」

ハイデルン「さてどうかな、君がミス・フェリシアが言っていたミスター・デミトリか」

デミトリ「ふん、その敬意だけは受け取ろう」

ジェダ「ほう、君も力の滓とやらかな」

ハイデルン「そういう、ところだ・・・・・」

 

・再び戦闘を開始しアイオーンに立ち向かう。

 

・敵数体撃破後、何と格闘家リュウが現れる

ガイル「おお、無事だったかリュウ」

ハイデルン「待てガイル大佐、もしや彼も・・・・・」

ガイル「何だ!?

リュウ(S)「・・・俺は、俺は・・・うおおぉぉぉぉ!!

・現れたリュウ、突然苦しみだし、何と黒いオーラを発する。

ガイル「これはまさか、殺意の・・・リュウ、お前・・・・・!?

・リュウ、再び殺意の波動に取り込まれる、しかしそれは前よりも

禍々しいものとなっていた。

殺意リュウ「俺の、拳が、血を求めている・・・・・!」

ガイル「こうなれば致し方ないリュウ、全力でお前を止めてみせるぞ」

デミトリ「うむ、これも面白い」

 

・殺意リュウ撃破後

殺意リュウ「まだだ、まだ足りない・・・・・!」

ガイル「まだお前にとっては足りないのか」

 

・敵殲滅後

デミトリ「ふふ、手こずらせてくれるわ」

スタン「まったく、こいつはあれ以上に強敵ってやつだぜ」

京「まったくだ、ディアボロスってやつがアイオーンになる前にすべてブッ倒さなきゃな」

ガイル「その前にリュウたちを何とかしないとな、それから春麗とさくら、それからケンもな」

ジェダ「なかなかに楽しませてもらったよ諸君、名残惜しいがわたしもやり残したことがあってね。ひとまずおいとまさせてもらうよ」

デミトリ「次に会う時は敵か、それもよかろう」

ザベル「俺様も旦那についていくぜえ、お別れはつれえが泣いてくれるなよレイレイちゃん」

レイレイ「出来れバ二度ト会いたクないネ」

・ジェダ、ザベル、姿を消し、魔列車は走り去っていく。

レオ「さてひとまずは一段落したことだろうし、撤収といこうかハイデルン殿」

ハイデルン「うむ、承知」

デミトリ「ことこうなってしまっては致し方ない、このデミトリも力を貸すとしよう」

レオ「うむ、これは有難い」

デミトリ「ふん」

トロン「それじゃあ皆さん、ゆっくりと舟に乗って下さいまし」、

 

MAPクリア

 

・インターミッション

タバサ「それはそうとして、ジェダ=ドーマの真の目論見が如何なるものか、次回会う時にそれを確かめなければならないかな」

モリガン「それもそうだけれど、それよりあのパイロンのこと、彼、半ば予測しているようだったわね」

スタン「それにしてもディアボロスお次はアイオーンってやつか。次から次へと強い奴が出てくるなんてたまんないな」

ジューダス「やけに弱気だなスタン、そういう物言いはお前らしくもない」

スタン「そんなんじゃないさ、これからの戦いは俺一人だけの戦いじゃないってことさ」

ルーティ「・・・うん」

ガイル「それからリュウもあでも陥ってしまうとは、とてつもなく黒い力もまた動いているということか」

テリー「そういう点なら俺たちも他人ごとじゃねえからな。ひとまず力貸せるならお節介だが」

ガイル「すまんな、今は気持ちだけを受けるとしよう」

 

TO BE CONTINUED

|

« 第24話:未来の報酬<ガンダム 鉄血のオルフェンズレビュー> | トップページ | バットマンVSスーパーマン、ですか »

ナムカプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エピソード17:仲間を求めて(その18)<namco×CAPCOM・SNK>:

« 第24話:未来の報酬<ガンダム 鉄血のオルフェンズレビュー> | トップページ | バットマンVSスーパーマン、ですか »