« キャプテン・キッド対その他・MI系キャラ | トップページ | ONE PIECE女学院第9話:おれたちのメリークリスマス(中編) »

月刊ジョジョ16年度1月号

さてみなさん、今回から月刊ジョジョの第4部のレビューを行いたいところですが、先にも申した通り第4部の複雑怪奇な物語を詳しく述べることは困難なので、ここはお話を飾るキャラクター達をピックアップして述べることに致します。まずはこの二人から。

・東方杖助&空条承太郎

日本のとある小都市、杜王町、そこに奇妙な能力を持つ若者がいた。名は東方丈助、かのジョセフ=ジョースターの隠し子であり、ジョセフの孫にして今や海洋学者の空条承太郎との出会いにより、大いなる運命の物語が幕を開ける。

さて今作の主人公である丈助、彼もまたジョースターの血筋からか、スタンド能力の使い手である。

彼の能力“グレイシーダイヤモンド”人やモノを問わず、殴ったものを再生、変形する、ある程度役に立ちそうで恐ろしい奴である。

彼のもとに現れた承太郎、血筋からは甥にあたり、後によき兄貴分となる彼と中心に街を中心とした怪事件。世界の中ではありふれた殺人事件だが大いなる追跡行に身を投じる。

さてもう一人の、前作の主人公で杖助に力を貸す承太郎、海洋学者となったというが、あの時からたびたび方々へと旅する機会が増えたことだろうけれど、飛行機での移動を避けて舟でのゆったりとした旅を続けているうちに海に対して興味を持ち、そこの生物の研究を生業にしているといったところか。その途中、先の旅先で知り合い、あの時から成長した少女と結ばれ一女をもうけてひとまず幸せな生活を送っているといったところか。

ともかくもこういった面々が活躍するサスペンス仕立ての人間ドラマが第3部に対しての第4部のコンセプトとなるということか。

|

« キャプテン・キッド対その他・MI系キャラ | トップページ | ONE PIECE女学院第9話:おれたちのメリークリスマス(中編) »

JOJO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月刊ジョジョ16年度1月号:

« キャプテン・キッド対その他・MI系キャラ | トップページ | ONE PIECE女学院第9話:おれたちのメリークリスマス(中編) »