« 第11話:ヒューマン・デブリ<ガンダム 鉄血のオルフェンズレビュー> | トップページ | ONE PIECE新作映画、ですか »

レオ<ジャンプVSカプコン・カプコン枠>

さてみなさん、今回のジャンカプは、格闘ゲームとしては野心作たるウォーザードから獅子の剣士レオをお送りいたします。その豪壮な剣術とそれを支える風格で、敵はともかく見る者を圧倒する戦いを繰り広げられることでしょう。

とりあえずはそういったところですので、それでは、ごゆっくり。

 

名前:レオ

出展作品:ウォーザード

幻想界グリーティアの王レオ、先の戦で獅子の姿に陥るも大敵を打ち破る。しかし自らの精神を鍛え直すという意味で、あえて獅子の姿にとどめ、剣とともにまた修業の日々を送る。

今回の凶事に際し、修行の一環と世界の安定を守るため闘いを決める。

 

・勝利メッセージ(抜粋)

悟空:大志がゆえのこの気迫、未だ力押しならわたしと同じ、ただ一心に業を磨かれよ。

ルフィ:これほどの若き覇気あらば、そなたがいう斬撃も天敵たりえぬはずだ。

ナルト:若いながらも真の貫目に目覚めたか、忍術以上の業の冴え、敬服の至りだよ。

銀時:さてそなたの銀の魂、あえて剣で受けるが伊達と酔狂にかなったかな。

剣心:命奪わずして敵を制する活人の極み、そなたよりわたしの方が学ぶべきかな。

一護:魂魄を制するその刃、わたしも力で応えるしかないが、いかが敵ったかな。

トリコ:このわたしを喰らわんとする気概、喰うか喰われるかの緊迫も楽しめたかな。

男鹿:その赤子の力を含めど基本はそなたの腕、その気概こそ受け止められたよ。

星矢:わたしも剣のみだが、そなたの内なるコスモの拳についていけたかな。

翼:そなたの球と同様にわたしの剣も、友のごとく一体化できればかてるかな。

ウイングマン:飛ぶ者の作法も承知、しかしそなたの英傑の心得、まず感じ入った。

寿乱子:乙女たるもの常に己を磨くものだが、何かが足りぬが、今はそれを言うまい。

承太郎:そのスタンドの力も小手先ではあるまい、わたしも刹那の勝機にかけているよ。

桃太郎:命捨ててこそ生きる道あり、わたしとて死線は幾度もくぐり抜けているよ。

キン肉マン:窮地において超力を発揮せんが真の超人、せめて我が剣と心もまた。

一堂零:道化を装い大道を歩むか、むしろそなたの境地に至るもまた大成かな。

幽助:そなたも己を超え目覚めたる身か、それが正なる力なれば強きが道理かな。

大尊:拳に驕らぬ矜持は見事、さらなる魂磨かば、そなたの真の力足り得るだろう。

ひろし:真の根性はまさに生きる力、わたしもそなたも生きる力には大差はない。

ララ:そなたの信念なら媚びる必要はなし、想い人の心も至誠あらばなびこう。

両津:そなたほどの壮士たるや卑屈に陥ることもなし、今一度その志思い出されよ。

ピッコロ:身体の色はともかく力や業もそなたのものなれば、義しきものとなすか。

ベジータ:誇り高き蛮勇か、お互い獣に陥ることなく闘うもなんと難いものかな。

サスケ:そなたも自らを許せぬたちか、身を捨てんとするも常に己を見いだされよ。

金色の闇:わたしの剣はこの心にあり、そなたの内なる光明、引き出させてもらった。

DIO:支配のみでは人の上に立てぬ、常に支えられること覚えねば意味もない。

呂布:たしかに豪傑の相、されど力のみを振るうのみでは真の豪傑にあらずだよ。

ハーデス:命を弄ばんとする者にこそ我が剣はある、そなたの刃は討ち敗った。

悪魔将軍:やはりそなたも悪意のみで信念がない、わたしもただ斬るのみだがね。

フリーザ:いかに己を強化せんとするも、中身なき力に屈するわけにいかぬよ。

セル:わたしの肉体などしてる覚悟、されどそなたに取り入れられるは誇りが許さぬな。

ジョセフ:年期を重ねれば強くなれるのは、貴殿を見届けずとも感じ入りますぞ。

綱手:レディに歳を聞くは非礼なれど、これほどの技量と貫禄はまさに年の功かな。

江田島:これほどの烈士との巡り合わせはただただ敬服のいたり、よき仕合でしたぞ。

|

« 第11話:ヒューマン・デブリ<ガンダム 鉄血のオルフェンズレビュー> | トップページ | ONE PIECE新作映画、ですか »

カプコン」カテゴリの記事

ジャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436942/62951840

この記事へのトラックバック一覧です: レオ<ジャンプVSカプコン・カプコン枠>:

« 第11話:ヒューマン・デブリ<ガンダム 鉄血のオルフェンズレビュー> | トップページ | ONE PIECE新作映画、ですか »