« 今週の神様16年度1号:動かぬ意志の力の巻 | トップページ | KOFヒドゥンストーリー:キング編MI »

第10話:明日からの手紙<ガンダム 鉄血のオルフェンズレビュー>

歳星から一路地球に向かい飛び立つイサリビ、しかし三日月だけはバルバトスの調整のため居残ることになる。正式にテイワズの後ろ盾を得、鉄華団もひとまず息を付けることになることをメールで知らされる。

一方で家族のメールを喜ぶビスケットたちに対し心配する母親にかえって不振をあらわにするクーデリア。その不安をフミタンに打ち明けるのだが、さらりと流されている感もするが。

ギャラルホルンの包囲をくぐりいかに航行するか、それが当面の課題なのがまず一つ。テイワズの指示と護衛があるのでひとまず心配はないが、そこでテイワズからお目付け役として、メリビットが派遣される。前回オルガを気遣った女性だった。

そのメリビット、子供たちをはじめ鉄華団のスタッフと早くも打ち解けている感もするが、肝心のオルガは、初めのぎこちなさも合わせてなぜか信じ切っていないきらいもある。

一方アトラもメリビットへの複雑な感情を抱き始めたところ、クーデリアが入ってきてそのまま話し相手になる。そこでアトラの身の上が明かされる。子供の頃水商売の店でこき使われ、たまらず逃げた先で三日月と出会い、その縁で先の女将の雑貨屋に引き取られた。そして現在の鉄華団にいたったわけで。そこにクーデリアが加わることになればと、タービンズと重ね合わせて淡い期待を寄せているアトラだった、でいいかな。

早々にシミュレートを切り上げた昭弘はそのまま哨戒に当たり、タカキがワーカーで同行しての任務に当たる。そのタカキのセリフで「妹のために戦う」というのは少しまずくないか。

そんなタカキに昭弘も自分の過去を語り出す。昭弘にも家族、ことに弟がいたという。ある時敵の襲撃を受け、家族は殺され弟とは生き別れたという。生きていれば再会できるというのだが。

とその時、未確認の機体が接近して昭弘たちに襲い掛かってくる。絶体絶命の危機の中、何とバルバトスが飛び込んで駆け付けてきた。調整を経てまさか歳星から飛んできたのかという問いはある意味愚問なのだろうけれど。

それからアニメドラマでつきものの死亡プラグ、これも悪い意味でのお約束というだからそれを破ったのも一応評価したい。

|

« 今週の神様16年度1号:動かぬ意志の力の巻 | トップページ | KOFヒドゥンストーリー:キング編MI »

ガンダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第10話:明日からの手紙<ガンダム 鉄血のオルフェンズレビュー>:

« 今週の神様16年度1号:動かぬ意志の力の巻 | トップページ | KOFヒドゥンストーリー:キング編MI »