« ワルキューレ対サムライスピリッツ系キャラ<CAPCOM VS SNK・namco> | トップページ | ONE PIECE反省会:ゾウ編序章 »

今更ながらハリポタレビュー:ハリー=ポッターと死の秘宝PART1

さてみなさん、とうとう来年にハリポタシリーズの新作が公開されるにあたり、第7作の『ハリーポッターと死の秘宝PART1』のレビューをお送りしたいと思います。それでは、ごゆっくり。

偉大なる魔法使いダンブルドアが倒れ、あの男、ヴォルデモート脅威が魔法界、人間界を問わず覆う中、ハーマイオニー、ロン、そしてハリーも決意を新たにしていた。

そんな中、ヴォルデモートもハリーを仕留めんと罠を張り巡らせる。

そしてダーズリー一家が去った、ダーズリー邸にてロンやハグリッド、ムーディら騎士団のメンバーが訪れ、ハリーを安全な場所に移すため、各々がハリーに化けて脱出作戦を決行する。

しかし敵の攻勢は思いのほか激しく、ムーディをはじめ幾人かが犠牲となり、フクロウのペドウィグも失った。

多くの傷を受けつつ何とか逃げおおせたハリーは、残りの分霊箱の手がかりを得るべく人知れず旅立たんとするが、ロンに諭されて一旦は思いとどまる。

それぞれの重い気持ちの中、魔法大臣がダンブルドアの遺言を告げ彼の形見をハリーたちに託す。あと一つの品はいずれ渡されるであろうと暗に告げるのだが。

その後催されたアーサーの結婚式、そこでダンブルドアの過去の一端を知り、複雑な思いで聞き入る中、あの男の配下デス・イーターが襲撃してきた。しかも先の魔法大臣が暗殺されたとか。ハリーたちは再び安全な場所に飛ばされる。

いくらかの逃走劇の末、しもべ妖精たちの協力により分霊箱の手がかりを魔法省のアンブリッジが持っているという情報を得る。彼女があの男というより配下たる後任の大臣にいいように操られているといったところか。つまりは魔法省もあの男の支配化となりいよいよ侵略も本格的になった。

ともかくハリーたちも変装して潜入し、なんとか奪うことに成功、ついでに異端審問よろしくマグルとかかわりのある女性も救い出す。

しかしいざ破壊しようとしてもなかなか破壊できない。しかしその手がかりが杖職人にありとつかみかけるが。

あとスネイプがホグワーツの校長に。それはホグワーツまでも半ば陥落してしまったということになる。

あてどもなく旅を続けるうちにロケットがグリフィンドールの剣で破壊できることを知る。しかし長旅の疲れからの軽い絶望からロンが離反していく。

ハリーの生まれ故郷ではヘビに化けた老婆に襲われ、逃げ延びた先に件の剣が隠された湖にたどり着く。氷が張り刺すような冷たさの中その湖の中に入り、ロケットの妨害もあったが、駆け付けたロンの助力もあり見事剣を手に入れた。

ロケットの破壊をロンに託し、ロンもロケットの幻影に怯えながら破壊に成功。まずは一つ、先のトムの日記を含め2つ破壊できた。

ぎこちないながらも再び合流を果たしたハリー一行。先に失った杖の代わりをロンに手渡され、ハーマイオニーも次の手がかりたるラブグット邸へと向かう。

辺ぴな地で一人暮らしの彼は彼が使う紋章、死の秘宝の物語を語る。

三人の兄弟にまつわる死の秘宝、それは透明マント、賢者の石、そしてニワトコの杖だった。それが合わされば死を制するものだという。詳しく聞こうとするもラブグットはうろたえるばかり、気まずい思いで帰ろうとするも引き止められる。娘のルーナがあの男にさらわれたのだという。

そのうちデス・イーターたちが襲来しハリーたちを引き渡さんとするラブグット。いち早く脱出するも新手がまた待ち構えていた。逃走の末なぜかハーマイオニーがハリーに術をかけ、そこで杖のありかをあの男がつかんだことを知る。

あえなく捕まり偽名を名乗ってはぐらかさんとするも額の傷で素性がばれ、とある館に連れてこられる。冒頭のあの館である。そこにはベラトリックス、そしてドラコが待ち構えていた。

改めて尋問するも剣を見て男たちを退かせるベラトリックス。ハーマイオニーを執拗に尋問するベラトリックス。一方ハリーは地下牢でルーナやオリバンダー、そして駆け付けたドビーと再会する。ドビーの力で脱出せんとするが。

ハーマイオニーを救出せんとするも彼女を人質にするベラトリックス。しかしドビーの働きで難を逃れこの場を脱する。しかしベラトリックスの最後の一撃でドビーが倒れてしまう。また一人ハリーの大切な人が失われてしまったのだ。

海沿いの丘の上にドビーを弔い、ハリーの苦悩の旅は続く。しかしとある島、ダンブルドアの墓標にあの男ヴォルデモートが、あの杖を手に入れてしまった。

月並みなあらすじを中心ながらも前編はこんなところで。

|

« ワルキューレ対サムライスピリッツ系キャラ<CAPCOM VS SNK・namco> | トップページ | ONE PIECE反省会:ゾウ編序章 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今更ながらハリポタレビュー:ハリー=ポッターと死の秘宝PART1:

« ワルキューレ対サムライスピリッツ系キャラ<CAPCOM VS SNK・namco> | トップページ | ONE PIECE反省会:ゾウ編序章 »