« フリーマン<餓狼・MARK OF THE WOLVES PLUS> | トップページ | 第2話:バルバトス<ガンダム 鉄血のオルフェンズレビュー> »

第24話:ダークマター<今更ながらビルドファイターズレビュー>

ついに始まる決勝戦、対するカワグチに何やら異変が、それは決勝戦の機体アメイジングエクシアを完成させた直後のことだった。マシタ会長が入ってきて勝つことのみを要求、さらに二代目にそれを強いたこと、追い詰めたこともここで明かされるか。当然それを拒否するカワグチだが、拘束されバルトが作った新型のエンボディを装着させられ、それで決勝に臨むのだが。

そんなカワグチの機体は先ほどと打って変わっての黒いエクシア。そしてカワグチから放たれる黒い気迫、ラルさん、珍庵、そしてタケシが二代目のそれと同じと言うのだが。そしてセイたち、しかし今は戦いに専念するのみ。

試合が始まり出撃するやエクシアの先制、というより不意打ちか。初めから容赦ない猛攻に防戦するストライク。ディスチャージで反撃するもニルスのようにソードで返すエクシア。すかさずストライクを追い詰めていく。一方で地下の結晶体にてニルスとキャロが捕らわれている。たしかにそれがパワーソースなのだが。

エクシアの優勢に喜び勇む会長、乗じてベイカーも世界制覇に想いを馳せるも、その点は会長も興味ないか、やはり会長もあちら世界の人間だった、こそ泥だった彼が紆余曲折で今の地位に至ったというわけで。しかしベイカーの前身もコスプレイヤーだったか。さておきすべてはマシタの保身のためだけに。

さらにベイカーはフィールドを変更、ストライクをさらに追いつめていく。今度は冷気と炎をまとったソードで攻めるエクシア。ついにはストライクの機能が停止する。さらにとどめを刺さんとするエクシアだが。

さすがにタケシもこの異変に気づいたらしく、抗議に行こうとするもラルさんたちに止められる、ともかくも今は見守るしかないタケシ、そして他の者たちも。しかしアイラのペンダントのアリスタから勝ち誇る会長の声を聞く。カワグチは自分と同じく操られていると気が付いたか。

ジョジョに破壊されていくストライク。先日ユウキと誓った決勝戦はこんな幕切れで終わるのか。そのやりきれない想いの中、セイとレイジはアイラのアリスタを通じユウキの異変の秘密を知る、しかしレイジはまだ闘志を失わず、あくまでバトルで決着をつけるという。それに呼応してかストライクのシステムもよみがえり、再び反撃に転ずる。セイたちの闘志とマシタの執念、そしてストライクとエクシアのぶつかり合いは最高潮に達する。

一瞬の隙をついてアランを止め、ついでにフィールドも宇宙に戻る。エクシアのオプションを封じてから、トランザムのエクシアとRGシステムのストライク。ここでついに最後のぶつけ合いが始まるのだ。スピードで勝るエクシアだが退避中パージした腕を取り戻し全力をも取り戻すストライク。RGナックルとトランザムソードのぶつかり合い、セイとレイジの想いを込めたナックルが、カワグチ・ユウキの最高傑作ながらもマシタの欲望がこもった偽りの力を打ち砕く。

戦いは終わった、セイとレイジがついにガンプラバトルの頂点に立ったのだ。

誰もがセイたちの勝利を喜び、否、いきさつはどうあれ決勝での素晴らしいバトルに賞賛を贈った。そしてユウキも操られ修羅として戦った自分を恥じながら、セイたちに励まされ真のメイジンとして生きることを誓うのだった。

しかしこの戦いの黒幕がまだ残っている。そのマシタ会長、何故かアリスタを発動させ、地下の結晶体を暴走させる。会場全体にプラフスキー粒子が充満する中、出現したのはア・バオア・クー。そしてレイジが見たものは。

|

« フリーマン<餓狼・MARK OF THE WOLVES PLUS> | トップページ | 第2話:バルバトス<ガンダム 鉄血のオルフェンズレビュー> »

ガンダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第24話:ダークマター<今更ながらビルドファイターズレビュー>:

« フリーマン<餓狼・MARK OF THE WOLVES PLUS> | トップページ | 第2話:バルバトス<ガンダム 鉄血のオルフェンズレビュー> »