« 第3話:散華<ガンダム 鉄血のオルフェンズレビュー> | トップページ | 真・女神転生ⅣFINAL、ですか »

キグナス氷河<ジャンプVSカプコン>

さてみなさん、今回のジャンカプは星矢特集で氷の貴公子・キグナス氷河のシナリオをお送りいたします。彼のクールさと熱い想い、それが一体となった意志をここに込めればとも思っておりますが。

まあなにはともあれ、それでは、ごゆっくり。

 

名前:キグナス氷河

出展作品:聖闘士星矢

シベリアの永久氷壁にて水瓶座のカミュから教えを受け、凍気を使った拳を得意とする。

はじめは星矢たちのライバルとして銀河戦争大会に乗り込むも聖域からの刺客との闘いを機に星矢たちとともに闘うことになる。

一見冷徹に見えるが己のクールを護りつつその内なる闘志は誰にも負けない。

 

・投げ技

フリージングブロー(相手の近くで前後+中、強パンチ):相手を片手で持ち上げて凍気に包み込んでそのまま放り投げる。

スワニースルー(相手の近くで前後+中、強キック):倒立して相手の首を両足でつかみ、そのまま後ろに投げる。

・特殊技

ロシアンステップ(3+中、強キックを2回):低い姿勢でローキックを連続して放つ。

・必殺技

ダイヤモンドダスト(236+パンチ):繰り出した拳から氷の粒の入り混じった拳を放つ。飛距離はそんなに長くはないが、隙が少なく使い勝手がよい。

オーロラサンダーアタック(236+キック):繰り出した拳で、地を這う凍気の拳を放つ。

フリージングコフィン(相手の近くで63214+パンチ):相手の足元から凍らせて文字通り氷の棺に封じ込める。

アイシクルウォール(421+キック):合図とともに氷の壁を発生させる。ボタンによって発生させる位置が違う。

アイシクルミラー(214+パンチ):目の前に薄い氷の壁をつくり、飛び道具系の必殺技を跳ね返す。

・超必殺技

オーロラエクスキューション(236236+大パンチ):頭上に両手を掲げ、振り下ろすしざまに巨大な凍気の拳を繰り出す。

ホーロドニースメルチ(236236+大キック):全身で振り上げた拳から氷の結晶をまとった巨大な竜巻を繰り出す。

・最大奥義

ダイヤモンドサブゼロ(2141236+パンチ全部):絶対零度の凍気まで自らのコスモを高め、画面全体を凍らせる。

 

勝利メッセージ(抜粋)

リュウ:闘いに対する熱意なら俺も感じたよ、あなたの想いに溶けてはいられないな。

春麗:まさに氷をも砕けそうな蹴りだな、俺だっていくらかは受け止めたつもりだ。

ガイル:まさに真のクールだったな、今の俺はあなたに耐えるしかなかったか。

ザンギエフ:吹雪をも吹き飛ばす赤きサイクロン、いずれ対さねばと思ったところさ。

ダルシム:氷の精神は己を律するもの、改めてこの身に染みて思い知ったよ。

さくら:熱意は悪くはない、俺の凍気に真っ直ぐ突っ込んだからむしろそれに驚いたよ。

キャミィ:自分の意思なくしてクールも何もない、人形の闘いじゃ俺は倒せない。

ダン:あんたのことだからお遊びじゃないのは分かるけど、やっぱりクールじゃないな。

ローズ:クールに構えれば運命も怖れない、あなたに導かれたがこれも我が師の教えだ。

デミトリ:地獄の業火も怖れるに足りない、とくにあんたと闘うならなおさらだ。

モリガン:さしもの俺もクールに徹しきれないか、やはり自分を見失ってはいられない。

フェリシア:ネコといってもやはり獣だな、少し冷やせば大人しくなったようだ。

バレッタ:クールに闘うのはこういうことだ、ムキになればどんな武装ももろいものさ。

バツ:君の情熱と根性は、やはり守るためにある、俺もそれに応えて攻めたまでだ。

あきら:確かに気取るほどじゃなかったな、自然体の中にこそ君のクールが光っていた。

コマンドー:内なる熱さも真のヒーローの資質だな、その想いを超えさせてもらったよ。

デビロット:君たちもクールだったがやはりお遊びだな、闘いは真剣にやるものさ。

トロン:戦術が未熟とは俺も言えないが、数押しでかかるなら氷の山が増えるだけだ。

飛竜:さしもの俺も凍りそうだった、たしかにこうした緊張感も望むところだったが。

ダンテ:これで悪魔に近いというなら、神に近い男に比べれば今一つということか。

アマテラス:ただでさえ駆け回っているんだ、もうちょっとしつけてもいいかもな。

イングリッド:今は沙織さん一人で精いっぱいだから、あなたも面倒は見きれないな。

 

悟空:極寒の凍気もものともしないか、その気迫にこそ俺も挑みたかったんだ。

ルフィ:絶対零度の冷気すらしのぐ覇気か、噂以上のはじけっぷりだったな。

ナルト:忍者といっても結構熱いな、君も少し頭を冷やして機を見るべきだな。

銀時:その風体でも見失うことはない、その武士道の中にこそ真のクールさがあったな。

剣心:斬らないで済むならそれでいい、その冷ややかな気迫だけで俺も十分だった。

一護:死線の中で会得した俺の凍気だ、死神の君もまたしのげるはずだ。

トリコ:砕けぬなら喰らい尽くすという手もあったが、俺も喰われてはいられなかった。

男鹿:赤ん坊には応える凍気だ、まず君が護らなきゃ勝てる仕合も勝てないものだ。

星矢:こうやって改めて手合わせしたが、その強さは改めて分かった気がするな。

翼:情熱が込もったシュート、まずは押しのけるだけだが、次こそ止めてみるさ。

ウイングマン:お互いお遊びじゃないはずだ、クールに決めるのもヒーローの資質さ。

寿乱子:ポージンクにもクールダウンが必要さ、ついでに頭も冷えただろうな。

承太郎:たしかに凍りつく瞬間だった、俺もそれには耐えないわけにはいかないな。

桃太郎:命の果ての勝利か、俺たちと同じだが、あんたたちの方がきつかったな。

キン肉マン:どんな冷気でも凍てつかせないなら、俺の熱さと友情は強くはないな。

一堂零:君のクールも見た目じゃないか、やはり熱い心も胸に秘めなきゃな。

幽助:熱かろうが冷たかろうが、君も伊達に死線は越えてはいないってことだな。

大尊:ただの殴りあいじゃクールじゃないな、君の熱い男意気が見てみたい。

ひろし:冬眠もしてられないほどのド根性か、だがあったまるにはまだ足りないな。

ララ:これでホットのつもりか、たしかに元気さは認めるが俺も少し恥ずかしいな。

金色の闇:君の光が闇を照らしている、やはりその名は伊達じゃなかったかな。

両津:あんたのことだからいざとなれば氷山をもぶち破る気概があるからな。

Sムーン:君もヒーローの端くれだ、まず勇気は認めるが、その次のクールが必要だな。

ハーデス:永久氷壁をも凍てつかせる氷の中で、今度こそ永遠に眠るがいいさ。

|

« 第3話:散華<ガンダム 鉄血のオルフェンズレビュー> | トップページ | 真・女神転生ⅣFINAL、ですか »

カプコン」カテゴリの記事

ジャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436942/62134166

この記事へのトラックバック一覧です: キグナス氷河<ジャンプVSカプコン>:

« 第3話:散華<ガンダム 鉄血のオルフェンズレビュー> | トップページ | 真・女神転生ⅣFINAL、ですか »