« 今週の神様44号:隠れた能ある者たちの巻 | トップページ | 世の中いじめっ子だらけ:新・出木杉英才(ひでとし)くんの場合(その1)<本当は怖いドラえもん> »

第23話:ガンプラ・イブ<今更ながらビルドファイターズレビュー>

誰やらの病床を見舞うカワグチ、その中で2代目とは違う路を改めて誓う彼、しかし病床にいるのはまさか。

決勝戦をひかえ、静岡ではセレモニーが開かれ、オダイバから移設されたガンダムとザクをはじめ歴代のガンダムキャラとともに盛り上がっていた。ことに一般参加のフリーバトルでは大会出場者、つまりは今まで負けた奴らと対戦できるのだが、ていうかシロウトにも負けてんなよライナー。一方でタケシもリン子が会場にいることに今更気付く。ツッコんだのは酒場のシャアか。

その会場にはチナとアイラもリン子とともに楽しんでいる。一方でマシタ会長、大会の盛況をよそにレイジの優勝を特に怖れている。まさか会長も異世界の人間だということだってあるが、あの粒子の結晶たるアリスタが二人を関連付けているか。その決勝戦で行う工作にベイカーが呼び寄せたのはバルト、アイラの離反を機に何を企むやら。

セレモニーを楽しむセイとレイジ、マオは相変わらず元気がないか、まあいろいろあったからな。そこで珍庵に引きずられて特訓か。

フリーバトルではサザキやゴンダ、そしてフェリーニも交えて盛り上がり、アイラも改めてガンプラ作りにいそしんでいる。なんとそこには素顔のユウキが。

一方ニルスは裏面で何かを調べていたがそこにキャロも顔を出す。なんと婚約者にまで発展しているか。それでも彼女もまた尾行は行っていたか。やはりヤジマもライバル企業ということで調べているのかな。

一方でフェリーニもキララには弱かった、それにはかつてのライバルたちも引いてしまったか。

そんな盛り上がりをよそに、セイとレイジ、そして素顔のユウキが水入らずで対面する。改めてユウキの真意を知り来る試合に期待を込める。そして今の自分はセイの父タケシあってこそだと語るのだった。改めて彼の非情さはその上での信念ゆえのことだったか。いずれにしてもお互いガンプラの楽しみを伝えるために闘うのみであった。

その後で何とセイとレイジのガチンコバトル。フリーバトル用とはいえ二人の闘いは熱を帯びていた、加えてセイもバトルの腕も格段に上がった。今までレイジのサポートをしていて、自分なりの闘い方を身に付けたということか。お互い培ったガンプラのバトルの腕を楽しくぶつけあう、きたる試合に向けて、そして何より、自分たちの楽しみのために。

その後にタケシも会場に着き、リン子とともに家族水入らずの再会を喜ぶセイだった。そしてユウキもまた、大恩ある師と再会する。こうしてセレモニーは盛況のうちに幕を閉じるのだった。

一方でニルスたちがたどり着いた秘密の工場、そこは大会の会場の真下だったか。そこには巨大な結晶、そしてベイカーたちに見つかってしまった。

|

« 今週の神様44号:隠れた能ある者たちの巻 | トップページ | 世の中いじめっ子だらけ:新・出木杉英才(ひでとし)くんの場合(その1)<本当は怖いドラえもん> »

ガンダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第23話:ガンプラ・イブ<今更ながらビルドファイターズレビュー>:

« 今週の神様44号:隠れた能ある者たちの巻 | トップページ | 世の中いじめっ子だらけ:新・出木杉英才(ひでとし)くんの場合(その1)<本当は怖いドラえもん> »