« 第22話:名人対名人<今更ながらビルドファイターズレビュー> | トップページ | ストリートファイターⅤ、ですか(その3) »

ドラゴン紫龍<ジャンプVSカプコン>

さてみなさん、今回のジャンカプは星矢特集ということでドラゴン紫龍をお送りいたします。拳と盾を駆使しての攻防一体の闘いといざとなれば守りに徹するこの姿勢をこの記事でもお送りする運びです。なにはともあれ、それでは、ごゆっくり。

 

名前:ドラゴン紫龍

出展作品:聖闘士星矢

中国廬山、五老峰の老師、天秤座の童虎より教えを受け、88星座で最も強固な盾を持つドラゴンの聖衣を纏う。義に篤く、友のためには自分が傷つくことも厭わない。

やはり彼もまた星矢たちとともに大いなる闘いに向かうのだった。

 

・投げ技

龍発頸(相手の近くで前後+中、大パンチ):相手と組んで腹部に気を叩き込み突き飛ばす。

龍廻投(相手の近くで前後+中、大キック):相手と組み、片手で投げ落とす。

・必殺技

廬山昇龍覇(623+パンチ):アッパーとともに龍のコスモを繰り出す対空技

廬山龍飛翔(214+パンチ):龍の幻影を纏いながら飛びかかる突進技。

廬山逆鱗陣(63214+キック):ドラゴンの盾を構えつつ攻撃を受け流し、カウンターパンチを繰り出す。 

廬山龍聖剣(41236+パンチ):かつて山羊座のシュラとの闘いで彼に託されたエクスカリバーを受け継いだ技。振り上げた手刀から何でも切り裂く真空の刃を繰り出す。

・スーパーコンボ

廬山百龍覇(236+パンチ2つ):天秤座の童虎から受け継いだ技。構えた後に無数の龍のコスモを放つ。

廬山捨命拳(214+キック2つ):構えた後に敵の攻撃を受け流した後に、聖衣を脱ぎ捨て、巨大な龍のコスモとともに一撃を放つ。

・最大奥義

廬山亢龍覇(相手の近くでレバー1回転+パンチ全部)

:相手を羽交い絞めにし、龍をまとって天へと飛んでいく。天空に龍が昇っていくかと思えば、突然龍が光りだし、地上に二人とも落ちてくる。

 

勝利メッセージ集(抜粋)

リュウ:俺も本当の闘いができたと思うよ、あなたと仕合えて本当によかった。

春麗:女性ということだけじゃなく名前まで同じだから、本当に闘いにくかったな。

ガイル:闘いに臨んで風にも山にもなれる、俺もあなたのような闘いができれば。

ザンギエフ:違う意味での鉄壁の肉体だ、あなたの嵐には俺が耐えなければな。

ダルシム:我が師は理論より実戦だからな、その意味であなたの説教は身に染みてるよ。

さくら:君のように気持ちよく闘えるなら、俺もその気持ちを大切にしていきたい。

キャミィ:どうせ闘うなら君も意志をもって闘ってみろ、それでこそ俺も受け止めよう。

ダン:俺もあなたに通じている、あなたもハッタリだけじゃない闘いもできるはずだ。

ローズ:あなたから見れば俺も後先考えなく闘ってる、たまには立ち止まるもいいか。

デミトリ:これが地獄の炎ならまだぬるいな、手加減のつもりなら俺には勝てない。

モリガン:強すぎる色香なら、俺としてもかえってなびくことはできないってことだ。

フェリシア:龍もネコも獲物を捕らえるに全力を尽くすが、君との仕合はまさにそれだ。

レイレイ:多少のトリックは望むところだ、今君に狩られるわけにはいかないからな。

バレッタ:悪に徹しきれないとはいえ、強すぎる敵意はいずれ自らを傷付けるぞ。

アレックス:やはり力のみじゃない、誰から学んだか、理も理解した力業だったな。

いぶき:むしろ君の流儀に従ったまでだ、忍の業、やはり伊達じゃなかったな。

バツ:ここは男気をもっと高めてくれ、それがコスモに勝る君の力の根源のはずだ。

あきら:君も地道に修行しているな、何かを護るためなら限りなく強くなれるぞ。

英雄:拳の極意はともかく、いずれはあなたのもとで学問をも学んでいきたいな。

飛竜:任務のため明日を捨てて闘うか、しかしあなたも己を信じて闘っているはずだ。

デビロット:幼い悪意でもあえて容赦はしない、君たちも穢れきっていないだろう。

トロン:人をオモチャにする神と闘えた俺たちだ、たかがオモチャでも甘くは見れない。

ダンテ:悪魔すら泣き出す冥き力、しかしあなたもまた義しき戦士だったか。

アマテラス:我が師に聞いた大神の力、むしろ楽しんで闘えたのはやはり光栄だな。

イングリッド:これも女神の力、しっかり受け止めたよ、この力次に活かして見せる。

 

悟空:俺の昇龍もドラゴンボール級に高めなければ、やはり君に勝てなかったよ。

ルフィ:こういった自由な拳が俺も身に響いた、俺もまた大海原をも超えてみせる。

ナルト:君の忍道も俺たちと同じだ、うかうかするとおれが追い付いてしまうぞ。

銀時:たしかに気合いと心意気を感じられた、そのサムライ魂が俺の聖剣に敵ったか。

剣心:倒さずして勝つのは難しいがこれが真の戦士だ、俺もまだ勝ったとは言えないな。

一護:死神でも誰でも伝えてくれ、俺たちはやるべきことがあるからもう少し待てと。

トリコ:どんな料理でも彼女の料理が一番だな、俺が勝ったのはただそれだけだ。

男鹿:その赤ん坊に頼らないのは認めよう、だから君の拳もっと俺に打ち込んで来い。

星矢:実際対戦したら腕を上げたのが分かったよ、まさに清々しく闘えた。

翼:今までのどんな拳でも君のシュートに及ばない、この次も全力で受け止めよう。

ウイングマン:まず君が護ってこそ助けてくれるものだ、だからこその強さだ。

寿乱子:参ったよ、これほどの野性的な力は、俺も恥ずかしさに耐えなければな。

承太郎:知恵と信念、そしてスタンドか、いずれも堂々とした力だったからな。

桃太郎:時には突っ走るのもまたよしか、それでも俺の男意気も通したつもりだ。

キン肉マン:俺も超人には到れないけれど、俺のコスモもあなたの力に昇れたか。

一堂零:この程度で非常識なら優しいな、俺たちの闘いの方が荒っぽいからな。

幽助:死地にこそ魂が磨かれるなら、今一度俺にその魂の拳をぶつけてくれ。

大尊:まだ君も全力で拳を打ち尽くしといないはずだ、もう一度かかってこい。

ひろし:俺という激流をさかのぼって天高く跳び跳ねる、それが君たちのド根性だな。

ララ:不真面目だな、俺が言うのもなんだが、闘いは気紛れでやるものじゃない。

金色の闇:君の刃にも俺は耐えられた、だからこそ君は人を傷付けることは出来ないさ。

両津:あなたの根性も上辺だけでないはずだ、自分のためもう一度立ち上がってくれ。

Sムーン:君もまた常に命をかけられる、いざというときの守りこそ本当に強いものさ。

ハーデス:命を弄ぶ者に対してはたとえ神だろうが守ってみせる、あの時のように。

|

« 第22話:名人対名人<今更ながらビルドファイターズレビュー> | トップページ | ストリートファイターⅤ、ですか(その3) »

カプコン」カテゴリの記事

ジャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436942/61718559

この記事へのトラックバック一覧です: ドラゴン紫龍<ジャンプVSカプコン>:

« 第22話:名人対名人<今更ながらビルドファイターズレビュー> | トップページ | ストリートファイターⅤ、ですか(その3) »