« 服部半蔵<サムライスピリッツ天下一剣客伝2> | トップページ | 増刊神様9月16・17日号 »

映画『ピクセル』ですか

さてみなさん、今回は先日公開された映画『ピクセル』について軽くご紹介いたします。それでは、ごゆっくり。

おおまかなあらすじは、突然宇宙から来襲したいわゆるピクセル画のゲームキャラ。触れたものを自らと同化させながら次々と地球を征服せんとしていく。その危機に立ち向かうのは、かつてのアーケードゲームのチャンプたちだった。

この映画ではいわゆるピクセル画のゲームキャラ、の形の光学生命体が地球を襲うという、言ってしまえば荒唐無稽なストーリーである。

しかしその映画をただ荒唐無稽と述べるのはやはりむずかしい。たしかに昨今のゲームグラフィックは3Dが主流だけど、そのリアルなグラフィックに対して2Dスプライト、ピクセル画で描かれたキャラへの愛着は強いだろう。その想いが募ったうえでのこの映画の製作に至ったものだろう。

それからそれら“ピクセル”たちについて、まず手のひら大の光学生命体の集合体がゲームキャラの姿をするのはまずご愛嬌といったところだけど、やはりパックマンやドンキーコングなど、ほとんどが日本製であることは、映画を製作したアメリカではどれくらいの人が知っているのだろうかと思ったりもしつつ、この秋はひとかどの娯楽大作ということで、古き良きゲーム文化に想いを馳せればと思ったりもしますが。

|

« 服部半蔵<サムライスピリッツ天下一剣客伝2> | トップページ | 増刊神様9月16・17日号 »

ゲーム」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ピクセル』ですか:

« 服部半蔵<サムライスピリッツ天下一剣客伝2> | トップページ | 増刊神様9月16・17日号 »