« 今週の神様36号:まだ1週あったの巻 | トップページ | ドラえもんとゆかいな仲間たち:短編・イヤなイヤなイヤな奴<本当は怖いドラえもん> »

第16話:再会、父よ?<今更ながらビルドファイターズレビュー>

セイは夢を見ていた、とあるコロニーのとある小屋、そこではガンプラの盆踊りやらコロニーを舞い上がり父から匠のニッパーを贈られる。まあファーストの父の再会シーンとは結構和んでいるが違和感を覚えるのは編者だけではないはずかも。

いよいよ決勝トーナメントを控え、キララのレポートが流れる中、リン子は会場へ向かう準備をしていた。しかし荷物のほとんどが食べ物でインタビューを狙ってのおめかしってのはまだまだ若いな。

トーナメントに向けてのストライクの修復に余念がないセイ。レイジも手伝わんとするもやはり足手まとい。ふてくされて外出するのだが。心配するチナに対しラルさんは自覚ができたと安心しているか。

一方でアイラがソフトクリームの味に感動していた。やはり冷淡なイメージからは想像できないな。一方でレイジ、ガンプラショップで品定めするもやはり種類の多さに戸惑ってしまう。まあ行き当たりばったりで無理もないか。ちなみにエルメスは大人の事情ということで謎の男が現れる。そういや数十年後という設定だったな。さておき男がレイジの品定めを買って出て、選んだのはビギニングガンダム。やはり自分の好みで選んでいるきらいがあるな。傍らのアイラにもSDコマンドガンダムを贈って、今度は作り方のレクチャーまでも引き受けるか。その熱血レクチャーに要領のいいアイラはともかくレイジもぎこちないながらも結構ついていけたか。こうしてなんとか出来上がったモデルに男もひとまず満足げだが。その入れ込みようにレイジも何かを感じていたが。

派手なリムジンで出張する会長、秘書もまた何か次の手を企てているのだが。そこにニルスがまた潜入、その時秘書が何者かと携帯で口論、相手はあのCなのか。あれだけ妨害したのに完全に仕留めないとプライドが許さないというが。

セイの修復作業にチナが親身になって手伝うのに、遅くなるのを心配しているセイ、二人をラルさんが見守っていくのがある意味よほど心配なのだが。

ついに完成にこぎつけられたレイジとアイラ。早速バトルで動かそうとするが何故かアイラは乗り気でない、やはり状況が状況なだけに。ひとまず一人用バトルで楽しむレイジ。そこに現れたのが改造ジオング、やはりCの機体か。ジオングの砲撃に手こずるビギニング、そんな中レイジはセイのストライクへの想いを感じ入っていく。

そのうちジオングの執拗な攻撃に対し懐に飛び込んで仕留めんとするも足のクローに捕まってしまう。たしかに原作のジオングと違って足があるからか。なんとそこにアイラのSDが援護に来た。こうして二人のコンビネーションでまず手足と砲撃を封じ、ついにはジオングを仕留めた。勝利に沸き立つ二人、しかしまだまだ素性を明かすわけにはいかないか、アイラ。しかしそこには男の姿がない。何とトイレに潜伏しているCを追い詰めたのがその男、何とセイの父タケシだった。しかもガンプラバトルの審判員、それに不正行為の摘発もやってのけるとは。

宿舎に戻ったレイジが次作のビギニングをセイに見せる。その指導をした男から送られたニッパーにセイは父の存在を確信するのだった。あとリン子とはすれ違いだったか。

|

« 今週の神様36号:まだ1週あったの巻 | トップページ | ドラえもんとゆかいな仲間たち:短編・イヤなイヤなイヤな奴<本当は怖いドラえもん> »

ガンダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第16話:再会、父よ?<今更ながらビルドファイターズレビュー>:

« 今週の神様36号:まだ1週あったの巻 | トップページ | ドラえもんとゆかいな仲間たち:短編・イヤなイヤなイヤな奴<本当は怖いドラえもん> »