« 今週の神様32号:お遊びの時間の巻 | トップページ | それぞれのツミとバツ・ぼくがナニをしたというんだ<本当は怖いドラえもん> »

第12話:ディスチャージ<今更ながらビルドファイターズレビュー>

寝坊して出遅れたラルさんはともかく、突如現れたメガサイズのザク。対CPU戦に投入された無人操作の機体だというが、会長もレイジの素性を知り、やはり何か関係があるのか。

その巨体に合わせて通常通りの動き、セイたちにとってはまさに驚異でもあるが。カワグチの連絡でアランが会長に問い合わせるも余興ということで流そうとする。そう言われればアランもひとまずは返すことができないか。

そのメガザクに対してアイラたちいくらかのファイターたちも直接の戦いを避ける。やはり茶番と呼んでいたか。対してメガザクもセイたちを重点的に狙う。その執拗な攻撃に追い詰められるストライク。ここは逃げずに反撃に転ずる、それを無謀と見るニルスだが、ファイターの誇りが今のセイたちを動かしている。その奮戦に呼応してか、窮地のセイたちにヤサカやリカルドが加勢する。カワグチも打って出んとしたがひとまずアランに止められる。それでもザクも頭部を破壊し、続いてのディスチャージはヤサカたちの援護、そしてニルスのまさに助太刀、そして背後の援護射撃で撃破することができた。

こうして第2ピリオドは終了し、ストライクも損傷軽微で次の試合の臨むことができるか。しかし今回の胡散臭さを感じてるのはラルさんだけではないはずだ。

リカルドはニルスに助太刀の礼をするもニルスは流しつつストライクのディスチャージを分析し、その攻略とともに次の対戦を心待ちにしているか。

あの会長もレイジのことをいろいろ探らんとしているが、やはり過去に何か知っているのか。そしてその因縁もまた。そこにカワグチが現れ今回の件で抗議をしたが、それでもとぼけた態度は崩していない、これもちょっとした曲者か会長。その一方でカワグチも全力での勝利をしてメイジン足り得るという矜持があった。

一方のセイも今回の試合で新たなる戦闘システムを模索していた。そのための調整で食事もそっちのけで。レイジも買い食いついでにセイの夜食を買い出しに行く。そこでまたアイラと鉢合わせ。先の肉まんの借りを返すために来たのだが、そこで不良に絡まれた、さてどうなることやら。

|

« 今週の神様32号:お遊びの時間の巻 | トップページ | それぞれのツミとバツ・ぼくがナニをしたというんだ<本当は怖いドラえもん> »

ガンダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第12話:ディスチャージ<今更ながらビルドファイターズレビュー>:

« 今週の神様32号:お遊びの時間の巻 | トップページ | それぞれのツミとバツ・ぼくがナニをしたというんだ<本当は怖いドラえもん> »