« 第6話:戦う理由<今更ながらビルドファイターズレビュー> | トップページ | 餓狼3・アリスについて »

エピソード17:仲間を求めて(その7)<namco×CAPCOM・SNK>

その7

さてみなさん、今回のナムカプケイは前作でも活躍した風のクロノアの登場と相成ります。風玉を駆使して戦うさまはかわいさと勇ましさがともに現れたのが印象的なことでしょう。

そして最後のインターミッションはクロノア役の渡辺久美子女史と斉藤千和女史の声を思い出して読まれることをお勧めいたします。

ひとまずこういったことで、それでは、ごゆっくり。

 

・ベラボーマン、ワンダーモモ救出クエストクリア後、クロノア救出クエストが追加される。

 

・インターミッション・天空寺院にて

パコ「ちょっと失礼しますが、お二方が物質界のヒーローを名乗られるなら、ここ幻想界にもヒーローと呼ぶにふさわしい人がいます」

中村「うん、それはひょっとしてクロノア君のことですね」

パコ「はい、僕としても彼を速やかに助けたい気持ちでいっぱいですから」

テリー「OK!こう言われちゃ俺たちも一肌脱がずにはいられないな」

アンディ「大丈夫かな兄さん、こうも安請け合いしちゃ」

ジョー「まあここまできたらそいつは言いっこなしだ、ここは毒を喰らわば皿までってな」

中村「いやいや、それはクロノア君には失礼でしょう」

 

・出撃時ロロのお願い

ロロ「ちょっと待ってください、皆さんが行くなら私も一緒に」

パコ「それはいいですけど、君ひとりじゃちょっと心もとないかな」

ポプカ「ちょっと待て、ロロが行くなら俺たちも行くぜ」

パンゴ「ここはわっしも行かねばならぬのう」

パコ「そ、そうですね、それじゃあ、お願いします」

 

そのMAP上、クロノアとガンツが現れる。

クロノア「ふう、なんとか抜け出せたと思ったら、おっきいモンスターに追われちゃうなんてね、一体何なんだろう」

ガンツ「そいつは俺が聞きてえよ、しかし俺としたことが奴を振り切れねえとは」

クロノア「かといって天空寺院まで逃げたら、それこそロロや大巫女さまにも迷惑かけちゃうからね」

ガンツ「そうも言ってられねえぜ。目の前にもおいでなすった、って」

 

・目の前にプレイヤーチームが現れる。

ベラボーマン「大丈夫ですか、クロノア君とガンツ君」

モモ「私たちが助けに来ました、ひとまず合流して下さい」

クロノア「あっ、ベラボーマンさんにモモさん」

「ガンツ「ひとまず助かったみてえだな」

ロロ「クロノアさん!」

クロノア「えっ、ロロもいるの」

ポプカ「お前が心配で駆け付けたんだよ、ここは俺たちも加勢するぜ」

パンゴ「とりあえずこっちゃあ来い、ディアボロスはその後対すればいいから」

ガンツ「ディアボロス、だって、あのモンスター」

クロノア「えっ、何そのディアボロスってのは」

ガンツ「ああ、聞いた話だととてつもねえ奴だ、たとえば先に闘った九十九ってやつみたいな」

 

・そうこうと言っている間に、ディアボロス一群が現れる。

ガンツ「くそっ、もう追いついてきやがったか」

パコ「まずは二人ともこちらまで、その後で何とか食い止めましょう」

 

・初期配置チーム

クロノアチーム:クロノア、ガンツ

ベラボーチーム:ベラボーマン、ワンダーモモ

パコチーム:パコ、レイス、イリス

その他数チームを選択する。

 

・この戦闘ではクロノアチームの確保が最優先のクリア条件で、敵部隊の全滅は任意に行う。確保が完了すればこれまた任意で撤退が可能だが、この場合は数フェイズ後までに殲滅をしなければならず、天空寺院にて襲来する場合は必須で殲滅しなければならない。

 

・撤退イベント

ガンツ「くそっ、俺としたことがさすがに倒しきれねえ」

ベラボーマン「でもだいぶ弱らせましたよ、続きは体勢を立て直してもいいでしょう」

クロノア「ふう、ほんと疲れたよ」

 

・殲滅イベント

クロノア「わっふう!ついにやっつけたあ!」

パコ「大丈夫ですかみなさん、まだ次があるでしょうから、すみやかに寺院に戻りましょう」

ガンツ「そうだな、ここんところ走りっぱなしで、こいつも変な悲鳴を上げてやがるぜ」

 

・共通イベント、天空寺院にて

ロロ「クロノアさん、本当に無事でよかった。私、本当に心配してたんですよ」

クロノア「あ、ちょっと、みんなが見てるから、そんなにくっつかないでよ」

パティ「ここはロロちゃんの気持ちを踏んでいかなきゃね、リトルヒーロー」

パコ「でも本当に無事でよかったですね、クロノア君」

クロノア「えっと、そういえばどっかで見たことあるかな、ってまさか・・・・・」

ガンツ「ああ、コニーランドのパコ王子じゃねえか。こんな大物も動いてたなんてよ」

パコ「まあ、大物かどうかはともかく、僕も君たちと一緒に戦うつもりですよ」

カロル「そうだよ、ここは大船に乗ったつもりでいってみようよ」

リタ「もう、あんたはいちいち調子に乗らないの」

レオ「うむ、早速仲が良くなったかな」

クロノア、ガンツ「レ、レオ王までも・・・・・」

一同、レオに恭しく一礼する。

レオ「はっはっは、これは恐縮だな」

と、レオも手を合わせ返礼する。

 

TO BE CONTINUED

|

« 第6話:戦う理由<今更ながらビルドファイターズレビュー> | トップページ | 餓狼3・アリスについて »

ナムカプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エピソード17:仲間を求めて(その7)<namco×CAPCOM・SNK>:

« 第6話:戦う理由<今更ながらビルドファイターズレビュー> | トップページ | 餓狼3・アリスについて »