« 第3話:フルパッケージ<今更ながらビルドファイターズレビュー> | トップページ | 5月のおしらせ »

徳川慶寅<サムライスピリッツ天下一剣客伝2>

さてみなさん、今回の剣サム2は、徳川の風来坊、徳川慶寅をお送りいたします。零の主人公として、多彩な剣と業を駆使して戦う様はある種の風流をも感じる事でしょうが。今回も大会を通じ凶事に当たる様をここにお送りできればと思いますが。

とりあえずはこんなところですので、それでは、ごゆっくり。

 

プロローグ

徳川将軍家の庶子の一人として生まれるも、堅苦しい生き方を嫌い、常に風流を好む日々を送り、また剣において天賦の才を活かし様々な業を会得する。それに伴い覇王丸をはじめ多くの剣士とも知己となり、やがて数多の凶事をくぐり抜け、いつしか幕府隠密の筆頭を買って出るに至る。

今回も今まで以上の凶事を感じて武道会を開き、それらをおびき出さんとしたのだが。

 

ライバル戦その1(対半蔵)

・仕合前

慶寅「我ながらまずまずの成果ってところだが、お前さん相手じゃ気が置けないかな」

半蔵「拙者との仕合、御油断なきよう」

慶寅「やれやれこう来たか、しかしこうでなきゃ俺も張り合いがねえからな、いっちょ本気出すか」

半蔵「参る!」

 

・仕合後

慶寅「ちょっともの足りねえが流石は半蔵だ、技の切れには抜かりなねえな」

半蔵「ふむ、お見事」

慶寅「ところで後のお祭りにも抜かりはないか、奴らのために盛大にもてなしてやろうぜ」

半蔵「承知」

 

ライバル戦その2(対柳生)

・仕合前

慶寅「ついに決勝か、いよいよ本当の大一番、それに備えての大稽古と洒落込もうか」

柳生「それはよろしいが、某を前に些か慢心はなされませんかな」

慶寅「厳しいな、だがたしかに真剣勝負だ、その覚悟はあるけどな、こればっかりはやってみなきゃ分からねえ」

柳生「その意気やよし、されど勝利の信念なくばなりませぬ。及ばずながら御指南つかまりましょう」

 

・仕合後

慶寅「まあこんなものか、しかしあんたの剣もさらに研ぎ澄まされたんじゃないか」

柳生「たしかに、なれどお互いの家の高めてこその仕合ではござらぬかな」

慶寅「それもそうだな、ともかく俺のすべてをこれからの仕合にぶつけなきゃいけねえからな。それじゃ、行ってくるぜ」

柳生「ふむ、ご武運を」

 

中ボス戦(下記4組の中から2組選択)

・萬三九六編

三九六「がーっはっはっは、慶寅よぉ、ここでおめえをブッ倒して、この俺様の天下を響かせてみせるぜ」

慶寅「相変わらず下らねえことにこだわるんだな、何もかもブッ倒しゃ最強になれるって考えるのはお寒いもんだぜ」

三九六「んなこたあ関係ねえ、ともかく俺様は強えんだよ、これだきゃ誰にも文句は言わせねえぜ」

 

・黒河内夢路編

夢路「お久しぶりですね慶寅さん、こうやって自らを省み磨いていくうちに、あなたが言う伊達や酔狂の境地にもたどり着けた気も致しますが」

慶寅「まだ吹っ切れないといったところかい、ここは思い切って闘い抜くってのもまた風流ってところかもしれねえな」

夢路「今一瞬、それも面白いと感じるもまたそこに至らんとしていることですか、なれば委ねることに致しましょう」

 

・ドラコ編

ドラコ「お前がジャパンのショウグンの血筋ならば、あの時殺し損じた事が悔やまれるぜ」

慶寅「まあ、俺が死んでもこの日の本は安泰だからな、しかしお前さんはここで討ち取らなきゃいけねえかな」

ドラコ「そうだ、ここで貴様を殺し、それからショウグンを殺す。そうなれば楽しいことになるだろうよ」

 

・アスラ編

アスラ「お前の刃にはやはり曇りがないな、その曇りなき刃で、俺の刃、止められるか」

慶寅「お互い刃のすべてを尽くして闘うか、そうでないと俺も張り合いがないもんだぜ」

アスラ「あくまで酔狂で闘うか、しかし我が闘士、ここで損なうわけにはやはりいかぬな」

 

対歴代ボス戦

慶寅「さてこれからが本番だ、一世一代の大喧嘩と洒落込めるかな」

・プレイヤー、異界へと引きずり込まれる。

「魔界への門は、今開かれた。汝の正なる気、我らの目覚めの礎とならん。まずはこの者ども我が手駒との仕合、愉しもうではないか」

・プレイヤー、各ボスと対戦。各員1本取れば勝ち抜け。すべての敵に勝ち抜ければクリア。対して2本連続で敗れた場合にゲームオーバー。

 

対強力ボス戦(下記5組から1組を選択)

・共通:倒されたボスの気が一人に凝縮し、パワーアップして立ち上がる。

 

・闇天草編

天草「忌まわしき封印は消え去った。今再び、大いなる主の御力により、我、目覚めたり!!!

慶寅「これも島原の因果ってやつか、俺の武で鎮められるかどうか、いっちょやってみるか」

 

・鬼斬紅郎編

斬紅郎「我は禍(わざわい)、我は鬼、そして我は壬無月、否、我こそは、鬼、斬紅郎なり!!!

慶寅「ただ斬るのみの悦びに陥っちまったか、やはりあんたの路は、真の侍道とはいえないぜ」

 

・真ゴルバ編

ゴルバ「やはり我が命をかけねば汝は討ち取れぬか、それもよかろう、今こそ決戦の刻!!!

慶寅「ただ攻めるだけじゃ國は守れないものだぜ、争いなどない方がいいもんだ」

 

・魔界我旺編

我旺「國の哭く声、それに応えんがため、我今こそ魔界の気をも取り込み、國を制せん!!!

慶寅「未だに迷っているのか我旺、今度こそあんたの目を覚まさせて、真の覇道を教えてもらうぜ」

 

・羅将神ミヅキ編

ミヅキ「ラキ、ラキキキキ、我が力戻ったり、今こそ世を魔界に呑みこんでくれん!!!

慶寅「さてさて羅将神さん、この世総てを壊し尽くしてあんたは何を望むんだい」

 

最終戦(対壊帝ユガ)

「正と負の気のぶつありあいより我が糧なる神魔の気、今ここに高まった。今こそ我が復活の刻(とき)。

我が名は、壊帝ユガ

今、人の世は終焉を迎えん。我が意によって・・・・・」

慶寅「ついに来たか壊帝さんよ、この俺の一生一代の大勝負に、果たしてなるかな」

 

エンディング

後に慶寅はいつも通りの伊達と酔狂と風流な日々を送って過ごしていった。

後に彼にまつわる記録は、まるで彼が存在しなかったかのように一切残されていない。

彼の存在が徳川将軍家にとって不名誉なるものであるか、はたまた彼自身の意思によるものなのか。

いずれにせよ、徳川の風来坊の伝説は、歴史に名を刻まなくても、彼と闘いをともにした者たちの記憶にいつまでも残っていったのであった。

|

« 第3話:フルパッケージ<今更ながらビルドファイターズレビュー> | トップページ | 5月のおしらせ »

サムライスピリッツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 徳川慶寅<サムライスピリッツ天下一剣客伝2>:

« 第3話:フルパッケージ<今更ながらビルドファイターズレビュー> | トップページ | 5月のおしらせ »