« 今週の神様17号:告げたい春の巻 | トップページ | エピソード17:仲間を求めて(その5)<namco×CAPCOM・SNK> »

第25話:死線を越えて<Gのレコンギスタレビュー>

大いなる犠牲のもと難敵のユグドラシルを倒しても戦局はさらに混迷を極めていく。そのユグドラシルが倒され、アーミィはクンパの指示で一時撤退するがジュガン司令の容体に異変が、一方将軍を失ったドレッド軍はマッシュナーの指揮のもと地球効果を進めていく。この期に及んで未だロックパイの導きだというが。

そして補給をしつつベルリたちも再び戦いにそなえていた。そんな中アイーダは養父を失った悲しみを口では今までの行いを非難しつつこらえていたか、それでもグシオンが時代をつくっていこうというのは理解はしていたのだが。

こうしてフルムーンの争奪戦は再び始まらんとしていた。そこでマニィがバララへの対抗心からジーラッハで出撃。マニィにもパイロットの特性はあったのだろうか。

マスクとジット団も攻めてくるクノッソスに低軌道上で迎え討つ。それにクリムも介入していくか。

メガファウナでもグシオンの訃報は知らされ、帰還したアイーダに艦長が指揮を執るように諭す。まあ誰もがやりきれない気もとでいっぱいなのだが。

結局襲撃されるクノッソス。応戦を指示するマッシュナーもやはり錯乱していたのか。結局落とされてしまい、トワサンガ自体の悲願とやらもあえなく頓挫か、あるいは。

法皇を安全な場所に移してから戦局が地上に持ち込まれることを懸念する母。グロゥブの技術がいにしえのテクノロジーとともに戦乱をもよみがえらせたというべきか。

続いてアメリアを攻撃するマスクたち。まず攻めるは合流したマニィが砲撃、結構ダメージを与えていたが。続いてクリムにはマスク自身が対する。ここは純粋に高性能同士の対戦となった。そこですかさずマスクとマニィが降下。それにキアたちも気合いを入れ直すが。

そこにベルリたちも参戦。キアたちはアイーダに任せ、ベルリは一路ガランデンに。そこにマスクとマニィが攻めてくる。これも男と女の情念ゆえなのか。それでもパックのトラクタービームでマスクの動きを封じる。まあここまでくれば完璧にSFだな。

そうこうと戦艦やらMSやらは地球に引き寄せられ、一部を除いて帰還していく。それ以外は耐熱コーティングをしていたというが、やはりサラマンドラはダメだったか。

ジーラッハとともに降下していくマスクは一時ルインに戻る。先ほどの物言いはたしかに彼自身の本心というべきか。そのこだわりがどんな帰結を見るというのか。

一方ベルリはパックの武装の力で大気圏の摩擦熱をしのいでいる、これはこれで置かれた状況下での工夫というか。

そして母もクンパとともにグライダーで地球に降下。果たして母はともかく何を企んでいることやら。

こうして各機が地球に降下がなり、初めて見る地球に感慨深いジット団はともかく、各々が最後の戦場に集結していく。最終決戦の場は、ギアナ高地だった。

ともかくも今回の展開はやはり駆け足の感もあったというべきだけど、次回は泣いても笑っても最終回ということで。

|

« 今週の神様17号:告げたい春の巻 | トップページ | エピソード17:仲間を求めて(その5)<namco×CAPCOM・SNK> »

ガンダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第25話:死線を越えて<Gのレコンギスタレビュー>:

« 今週の神様17号:告げたい春の巻 | トップページ | エピソード17:仲間を求めて(その5)<namco×CAPCOM・SNK> »