« 今週の神様16号:得るもののリスクの巻 | トップページ | 序章・人間藤本弘の死、漫画家藤子・F・不二夫の死<本当は怖いドラえもん> »

第24話:宇宙のカレイドスコープ<Gのレコンギスタレビュー>

クレッセントにて先の巨大MAユグドラシルに搭乗せんとするバララ、その際マニィに一定の評価をしたり、マニィもベルリの真実を明かしつつ和解を呼びかけるもマスクはかたくなに拒絶。ここにきてベルリの出自について嫉妬をしていたことも告げているが。

そのユグドラシル、起動テストでかつての愛機ビフロンをいともたやすく撃破。そこにマスクが近づかんとするも、何故か触れられない。これも機能というものか。ともかくもバララは出撃していく。

ミコシ内では解放された法皇を迎え、法皇もラ・グーのことを聞きつつ、ベルリとアイーダの出生もいくらか理解していたのだが。

一方クリムたちもグロゥブ製のMSを入手し起動せんとする。そこにアイーダが現れ今までのことを陳謝しつつひとまずいい雰囲気に戻っていったのだが。

一方のドレッド軍もアメリアとの共闘を模索しているがマッシュナーあたりからの不協和音が足かせとなっているのだが。それはアメリア側も同じことか、クリムあたりも不満気のようだ。

ここにきて法皇もアーミィの保護下に入っているがそこではやはり足手まとい。ひとまずはクンパや母がなんとか取り繕っているが。そのクンパもジュガン自らの指揮に関し嫌悪を感じているが。ともかくアーミィも出撃していく。

それらに応じてメガファウナも出撃。その際アイーダの新装備、やはりどこかで見たような。戦争の混迷を憂えるベルリをなだめるけれど、やっぱり今まで引きずっていたのか。

それはいいけどわざわざMSからブリッジで状況を確認するってのもいかがなものか。

その先のドレッド、アメリア両軍は一触即発に事態に陥る。フルムーンからの粒子散布と読んでいるが、これはやはりあのユグドラシルだったのか。

そのユグドラシルから巨大テンダービームが発射され、その光のムチ、否、まさに世界樹の枝と化したビームがMS群をなぎ倒し、続いて第2撃を発せんとする。確かに彼女はマスクとマニィとの仲を気にしているが、それがどんな足枷となるというのか。

バララ執念の第2撃に翻弄されんとするときマッシュナーが回避を指示。ロックパイの“声”を聞いたというが、これもさもありなんと言うべきか。

そこにセルフらメガファウナ隊が登場しユグドラシルを阻止せんとする。ルシファーが、アルケインのフルドレスがテンダーを押し流していく。

その押し流されたビームでますドレッドが斃れる。しかし死に際の「願いが化ける」というセリフ。もし“続き”があればその伏線たりえるのか。

アサルトによって赤くなったセルフでユグドラシルを攻める。これは着実にダメージを与えていくか。そしてサーベルにて機体を貫きユグドラシルを沈める。しかし運悪くアイーダの目の前、爆発ざまの砲撃でグシオンが斃れてしまう。

養父の死に呆然とするアイーダを連れてひとまず帰還するベルリたち。戦乱を広げたフルムーンにベルリも苦い怒りを覚える。それでも戦局はさらなる混迷の体をなしていくというのだが。

|

« 今週の神様16号:得るもののリスクの巻 | トップページ | 序章・人間藤本弘の死、漫画家藤子・F・不二夫の死<本当は怖いドラえもん> »

ガンダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第24話:宇宙のカレイドスコープ<Gのレコンギスタレビュー>:

« 今週の神様16号:得るもののリスクの巻 | トップページ | 序章・人間藤本弘の死、漫画家藤子・F・不二夫の死<本当は怖いドラえもん> »