« 世の中いじめっ子だらけ:続・いじめの流儀<本当は怖いドラえもん> | トップページ | 増刊神様1月21・22日号 »

夜ノヤッターマン、ですか

さてみなさん、今回は少し遅ればせながらも『夜ノヤッターマン』についての寸評をお送りしたいと思います。

物語は近未来の世界、平和な中で正義の名の下で統制が強くなり息苦しい生活を強いられた世の中、かつてのドロンジョの子孫の少女がはじめヤッターマンに対する恨みから次第に世界の争乱に巻き込まれていくというものか。

まあかつての『ガッチャマンクラウス』と同じようなノリだろうと思いつつ、そこそこの評判だとも聞いているので、編者としても改めて拝見したいと思いますが。

ともかくもヤッターマンのコンセプトたる「タツノコの王道」にふさわしい作品となるのはこれからのノリだとも思うのだけれど。

|

« 世の中いじめっ子だらけ:続・いじめの流儀<本当は怖いドラえもん> | トップページ | 増刊神様1月21・22日号 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜ノヤッターマン、ですか:

« 世の中いじめっ子だらけ:続・いじめの流儀<本当は怖いドラえもん> | トップページ | 増刊神様1月21・22日号 »