« 今週の神様15年度3号:飛んでいけ、人類の巻 | トップページ | テリーマン<ジャンプVSカプコン> »

第12話:キャピタル・タワー占拠<Gのレコンギスタレビュー>

次の作戦に向けて装備するパックにラライヤが抗議せんと乗り込んでいく。包まれる感がイヤなのか。そんなラライヤを止めんとコショウ弾を放ちアイーダとともにようやく取り押さえたか。一方整備に際しメカニックのハッパもここにきてベルリに信頼を寄せているのが分かる。それに渡されたマニュアルってのはどこかで見たような。

一方でクリム部隊。占拠作戦に向けて最終調整を行っている。輸送艦を使って気をそらし、その隙にポルト占拠ということか。スコードの聖地というだけに兵士の動揺は激しいものながら、敵への防備なら話は別、というがやはり割り切れないか。

そうこうと、マスク部隊、そしてベルリらGセルフが出撃していく。ポルトを戦場にしないためにも。

ベルリ、そしてアイーダの参戦に意気上がるクリム、後続の戦艦を撃ち落とさんとするマスク。それを阻止せんと長距離砲撃をするベルリ。と先端はついに開かれた。

まず先制のミサイルを何とか撃ち落とすが。その攻撃に反応してクリムも後ろのマスク隊に応戦していく。艦に取り付こうとするマスク隊、そうはさせじとクリム隊がついに激突する。どちらも卓越した操縦と言いたいがマスクの方が多少やけ気味になっている感がある。

そこにベルリが乱入。ついに戦乱に巻き込まれた聖地を目の当たりにして恐慌するベルリ、戦いに気を取られるマスクとクリムをそれぞれバララとニックが止めんとする。そんな中サラマンドラの艦長は、感慨に浸って呑気に日誌を書いているのか。

ひとまずマスク隊も撤退し、クリム隊も当初の目的を果たしていたが。一方メガファウナでポルトに入るわけにはいかず直下のナットを経由して潜入せんとする。

先の戦乱に気付いてか、ケルベスの要請にもかかわらずなかなか許可が出ない。そこでアイーダの機転でセルフをおとりにポルトに上っていく。そこはすでにアメリアが占拠していた。

たどり着いたるザンクト・ポルト、静止型の資源コロニーということで時流で聖地と呼ばれている。相変わらず移動の歩行機は今更ながら違和感ないかな。

大聖堂にはグシオンだけでなくクンパまでも乗り込んでいた。占拠に抗議する母。クリムも占拠の正当性を訴えて交渉は難航しているが、そこにアイーダたちも参入。同じく上空のガビアルが砲撃された。これは警告射撃というが。

その砲撃の主は何と月からの艦隊。彼らが宇宙からの脅威の正体なのか。

|

« 今週の神様15年度3号:飛んでいけ、人類の巻 | トップページ | テリーマン<ジャンプVSカプコン> »

ガンダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第12話:キャピタル・タワー占拠<Gのレコンギスタレビュー>:

« 今週の神様15年度3号:飛んでいけ、人類の巻 | トップページ | テリーマン<ジャンプVSカプコン> »