« 第10話:テリトリィ脱出<Gのレコンギスタレビュー> | トップページ | ジ・オリジン映像化、ですか(青い瞳のキャズバル) »

エピソード17:仲間を求めて(その1)<namco×CAPCOM・SNK>

さてみなさん、今回のナムカプケイはいよいよ新シリーズ。前作で活躍した仲間を迎えるとともに強敵たるディアボロスとの対戦を中心に描く運びとなりました。まずはプロローグパートということで作戦会議とロロの決意をお送りする運びです。
 
ひとまずはこういったところですので、それでは、ごゆっくり。

 

プロローグ:作戦会議

『天空寺院・大広間』

ハイデルン「それで、彼らディアボロスはほとんどがこの天空寺院を目指していると」

大巫女「おそらくは、そのようです」

レオ「では我らは彼らの襲来に備え守りを固めればよいが」

タクマ「問題は先に陥った仲間を助けるも並行して行わねばならないな」

イングリッド「ようするに一体ずつシラミ潰しに取りかかれば問題はないかのう」

ハイデルン「そう単純な問題ではないのだがね、ミス・イングリッド」

イングリッド「まあいずれにせよ、くれぐれも無理のないようにのう、ワシも楽して戦いたいからの、のほほほほ・・・・・」

ハイデルン「まあ、彼女の言にも一理あるな・・・・・」

タクマ「しかし、こちらから出向くも、彼奴らを迎え討つも変わりはないとも受け止められるかな」

ハイデルン「あとミスター島津、救出要因のリストを詳細なデータとともに作成を急がれたい」

英雄「分かりました、それでは大至急に」

 

回想・幼き日の天空寺院

リオ「やはりここね、またいじめられたの」

ロロ「あ、リオ姉さん・・・・・」

リオ「気にすることないよ。あいつら半端な法力で鼻にかけて、まだ子供のあんたをバカにして満足しているのさ」

ロロ「・・・でも、姉さん・・・・・」

リオ「あんただって一生懸命修行してるだろ。そうすりゃいっぱしの法力も身に付いて、あんな奴らにもバカにされないさ」

ロロ「・・・うん・・・・・」

リオ「そうさ、あんな奴らの下につく理由なんてどこにもない。あたしももっと強くなって、偉大な神官になってやるさ。大巫女さまにも、そしてあのザサラメール様にも負けないくらいの・・・・・」

 

現在・寺院裏庭

イリス「・・・ここにおいででしたか、ロロさん」

ロロ「ああ、イリス様」

イリス「報告の後で急にいなくなったから、少し心配しましたが」

ロロ「すみません、少し物思いにふけっていまして」

イリス「やはり、あのレオリナという人のことですね」

ロロ「はい、かつては一緒に一人前の巫女になろうと修行をしていたんですけれど、どうしてこんなことになったのかと・・・・・」

イリス「・・・・・」

ロロ「とにかく、これからの戦いにおいては、私も大巫女さまのお許しを得れば皆様とともに」

イリス「わかりました、ですが無理をなさらぬようお願いします」

イリス「はい、ありがとうございます」

タキ「・・・お主ら、今しがた“はいでるん”殿が軍議を開いている。出向いた方がいいのではないか」

ロロ「あ、はい、今行きます」

 

寺院大広間

ハイデルン「・・・以上、ディアボロス対策と要員確保については並行して行う。なお双方が同時進行する場合は後者を最優先にすること。以上繰り返さないが、各員、逐次連絡は怠らぬよう」

ロロ「あれ、会議がもう終わっちゃったのですか」

イリス「肝心なところは聞きそびれました」

タキ「いずれ出番が来る。それまで待てばよかろう」

イリス「それも、そうですね」

・この時点でロロが仲間になる。

 

TO BE CONTINUED

|

« 第10話:テリトリィ脱出<Gのレコンギスタレビュー> | トップページ | ジ・オリジン映像化、ですか(青い瞳のキャズバル) »

ナムカプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エピソード17:仲間を求めて(その1)<namco×CAPCOM・SNK>:

« 第10話:テリトリィ脱出<Gのレコンギスタレビュー> | トップページ | ジ・オリジン映像化、ですか(青い瞳のキャズバル) »