« 第8話:父と母とマスクと<Gのレコンギスタレビュー> | トップページ | ニシオのドライブ事情:国道23号バイパス »

テリーマン・ガール<ジャンプVSカプコン>

さてみなさん、今回のジャンカプはキン肉マンレディーからテリーマン・ガールをお送りいたします。

本来ならテリーマンをお送りする予定でしたが、急きょ彼女が乱入してきたといったところで。

静かな闘志を秘めたテリーマンに比べ、どちらかといえばラフファイトを身上とする彼女の闘いぶりをこのシナリオでお送りできればと思っておりますが。次回あたりにオリジナルのテリーマン、その次にカプコンキャラを若干予定しております。

ひとまずこういったところですので、それでは、ごゆっくり。

 

名前:テリーマン・ガール

出展作品:キン肉マンレディー

アメリカ代表の超人女子レスラー。日本駐留として派遣されるも偶然出会ったキン肉マンレディーと気が合い、そのままお友達になってしまう。

実力的にはそこそこながら、いざ実戦になると歯止めが効かないラフファイトに陥ることも。特にレディーがからむととんでもない暴走に陥ることもしばしば。

まずは超人協会の依頼から凶事に立ち向かうのだが。

 

・投げ技

ダイレクトナックル(相手の近くで前後+中、大パンチ):相手と組んでおもむろにパンチを繰り出す。

フロントスープレックス(相手の近くで前後+中、大キック):相手と組んでおもむろに後ろに投げる。

・必殺技

ナックルパート(236+パンチ・連続3回):踏み込みつつパンチを繰り出す。

テキサスピーチボンバー(空中で214+キック):空中から斜め下に急降下しつつヒップアタックを繰り出す。

スピニングトゥホールド(相手の近くで63214+キック):相手の片足をつかみ、体をひねりざまに下半身をきめる。

テキサスクローバーホールド(相手の近くで、またはスピニングトゥホールド中にレバー1回転+キック):四の字固めの要領で足をきめつつ相手の背中合わせに倒れつつ腰をへし折る。

・スーパーコンボ

ブチ切れナックルラッシュ(236+パンチ2つ):突進して無数のパンチのラッシュを繰り出す。

マッスルピーチボンバー(236+キック2つ):後ろに下がって飛び蹴りの要領で画面端を蹴り、気合いを込めたヒップアタックをかける。

アパランチブレーンバスター(相手の近くで63214+パンチ2つ):相手を抱え上げてからそのまま相手を頭から落とす。

・ハイパーコンボ

ピーチブランディング(相手の近くでレバー1回転+パンチ全部):相手の頭を抱え込んでしばらく走ってから相手の頭にお尻をのせてそのまま頭を落とす。

 

・勝利メッセージ集(抜粋)

リュウ:これもヤマト魂か、ユーの強さもやはり気に入っているからな。

春麗:これが本当の拳法なんだな、ケンカ程度ではやはり闘えないな。

ガイル:相変わらずのキックの冴えか、大佐相手ならうかつに足も出せないな。

ザンギエフ:ザンギエフ先生のサイクロンもミーのスピリッツで乗り越えられたんだな。

ダルシム:手足程度だったら並の超人も顔負けだけど、頭の痛い話は好きじゃないな。

さくら:ユーも超人女子の素質ありだ、さらなる努力でミーと肩を並べられるぞ。

キャミィ:緻密な戦闘力は買いたいが、そういった愛想のないのは腹が立つな。

ダン:ユーも実力以上の度胸でミーたち超人女子の引立てだけで終われないはずだぜ。

ローズ:悪い、ミーも自分の運命は自分で切り開く覚悟は持っているんだぜ。

ミカ:ユーも努力と根性か、やはり日本のファイターは一味違うんだな。

デミトリ:紳士的に見えてワイルドか、しかしこれがユーのナンパのつもりなのか。

モリガン:ユーの年増の色気なんかレディーのクソ力に比べりゃまるでお遊びだぜ。

フェリシア:ネコのモンスターもバカにはできないぜ、ユーもやっぱり超人女子だな。

バレッタ:ユーをはじめ、何で今日びのガキはこんなにひねくれていやがるんだ。

アレックス:この程度で強いというならブチ敗るのみだ、テキサス魂なめるなよ。

デビロット:たしかに打たれ強かったよな、ユーたちも超人女子として鍛えてやるか。

トロン:このオモチャ一つだけでもレディーへの土産にしたらって、やっぱりダメか。

コマンドー:キャプテンはいつでも引っ張っているな、ミーたちも負けてられないな。

飛竜:刹那の斬撃ってやつか、やっぱり見切るは難しいが過ぎちゃこっちのものさ。

ダンテ:剣でも鉄砲でも持って来やがれ、筋金入りの超人女子魂で受け止めてやるぜ。

アマテラス:偉大なチャンプにあやかってユーと遊びたかったが、少しきつかったな。

イングリッド:女はともかくユーの存在感はさしものミーも超えがたいな。

 

悟空:確かに噂以上のスーパーぶりだな、ユーのスピリットはひとまず楽しめたぜ。

ルフィ:なんだこの弾力は、それだけでもミーたち超人女子にも匹敵するってのか。

ナルト:ニンジャにしちゃ結構まっすぐだな、そういうエキサイトは望むところだ。

銀時:侍ながらのストイックさだな、女の扱いにも結構心得てるじゃないか。

剣心:面倒くさい奴だけど、これも侍の美意識か、ミーも嫌いじゃないな。

一護:大振りの拳だからガサツな奴と思ったが、ユーも女の扱いがうまいな。

男鹿:いかにもその気になってるといっても、赤ん坊を凶器にすることないだろう。

トリコ:食い物が欲しいならそう言いな、ミーだって今のファイトで腹が減ったんだ。

星矢:ユーのコスモも結構聞いたが、もうちょっとミーのボディを弾ませてみろよ。

翼:ボールさばきもバカにはできないが、そうそう足を取らせちゃくれないよな。

ウイングマン:ミーだって男に興味ないわけじゃないけど、ここまで見せられちゃ腹が立つな。

寿乱子:ユーのファイトとボディは認めるが、腕っぷしだけじゃ超人女子は語れないぜ。

承太郎:スタンドだの時間を止めるだの、ややこしいけど落ち着きゃ大したことないな。

桃太郎:覚悟だったらユーのスピリッツ、ミーたちだって耐え抜いてみせるぜ。

キン肉マン:ミーもついにへのツッパリだ、先生のクソ力もいつかは追いつてみせるぜ。

一堂零:飄々としながらこれほどの業、ユーはやっぱりただ者じゃないな。

幽助:やはり精神力だな、まずはそれをも弾けさせりゃこっちのものだしな。

大尊:ユーのケンカも愉しみたかったが、今手加減しただろ、その口に出てるぜ。

ひろし:これがユーたちのド根性か、そのはねっぷりは弾ませがいがあったぜ。

ララ:闘いは裸でやるもんだが、その気になればミーだって、でもやっぱまずいだろ。

金色の闇:やはり武器のみじゃ超人女子は語れない、なんならミーが鍛えてやろうか。

両津:ユーもそこそこ活躍してるだろ、それなり心意気も本物のはずだぜ。

悪魔将軍:固さには柔らかさだ、超人女子の底力は将軍にも敵ったんだな。

|

« 第8話:父と母とマスクと<Gのレコンギスタレビュー> | トップページ | ニシオのドライブ事情:国道23号バイパス »

カプコン」カテゴリの記事

ジャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436942/58017576

この記事へのトラックバック一覧です: テリーマン・ガール<ジャンプVSカプコン>:

« 第8話:父と母とマスクと<Gのレコンギスタレビュー> | トップページ | ニシオのドライブ事情:国道23号バイパス »