« 第4話:カットシー乱舞<Gのレコンギスタレビュー> | トップページ | ルパン新テレビアニメシリーズ、ですか »

ネプチューンマン<ジャンプVSカプコン>

さてみなさん、今回のジャンカプはキン肉マン・超人タッグ編の強敵ネプチューンマンとお送りいたします。
完璧超人のリーダーとしてその圧倒的なパワーで読者をやきもきとさせたその雄姿。ひとまずは悪役ながら誇り高い漢としての彼を描けられたらと思いますが。
とりあえずこういうところで、それでは、ごゆっくり。

名前:ネプチューンマン
出展作品:キン肉マン
かつてはイギリス出身の正義超人候補だったが、その蛮勇が受け入れられず姿をくらますが、その裏でネプチューンキングにスカウトされ完璧超人の一員となる。
後に迎えた超人タッグトーナメントでかつてのライバルであるロビンマスクをはじめ多くの超人を倒すも、キン肉マンらマシンガンズに敗れ、さらにはキングの執心にも失望し、
一旦は命を捨てて襲来した他の完璧超人を退ける。
しかし彼を慕う仲間に助けられ一から修行をし直し、今大いなる闘いの場に踏み入れる。

・投げ技
フロントスープレックス(相手の近くで前後+中、大パンチ):おもむろに相手を担ぎ上げ、そのまま投げ落とす。
喧嘩スペシャル(相手の近くで前後+中、大キック:相手の肩に乗り、片腕をつかんで肩をへし折るように決める。
喧嘩クラッシュ(空中で下要素+中、大キック):空中で相手と組んでそのまままっさかさまに投げ落とす。
・必殺技
喧嘩ボンバー(236+パンチ)::突進して強烈なラリアットを繰り出す。
マグネットパワー(236+キック):腕から磁気の力を発して相手を吸い寄せる。
サンダーサーベル(空中で236+パンチ):雷雲を呼び寄せ雷の刃を繰り出す。
磁気嵐ドライバー(レバー1回転+パンチ):相手と組んでから磁気嵐の巻き込ませつつまっさかさまに投げ落とす。
アイアンスエット(相手の近くで63214+パンチ):相手を金属の塊に封じ込め動きを封じる。
・スーパーコンボ
磁気嵐喧嘩ボンバー(236+パンチ2つ):マグネットパワーで金属片を集めての自分の分身を作り出し、連続してのラリアットを繰り出させる。
ダブルレッグスープレックス(レバー1回転+パンチ2つ):まず相手を前方に飛ばしてから画面端に弾き飛ばし、返ってくるさま両足から抱え上げつつ後方に投げ落とす。
・ハイパーコンボ
クロスボンバー(236+パンチ全部):相手を磁気の渦に巻き込ませ、自分の分身で挟み込むように強烈なラリアットを叩き込む。
地獄の三重殺(レバー1回転+キック全部):まずスープレックスから全身でのフェイスロック、そして磁気嵐ドライバーでとどめを刺す荒業。

・勝利メッセージ(抜粋)
リュウ:拳だけならただの超人以上だが、俺の完璧な肉体には通じなかったな。
春麗:妄りに蹴りまくるとは困ったお嬢さんだ、しかし単なる臆病者よりはマシか。
ガイル:冷静を装うお前も微かな激情に捕らわれている、そこを突き敗ったまでよ。
ザンギエフ:引き寄せてねじ伏せるのはこういうことだ、自ら近づくのは下等の証だ。
ダルシム:伸びる手足と説教のみか、下等もここまでくれば救いようもないな。
さくら:努力のみでは越えられぬ壁もある、完璧な実力に身を委ねるもよかろう。
キャミィ:感情は廃せたようだが、やはり誰かに操られたままなのは気に入らんな。
ダン:度胸だけで俺と渡り合わんとした無謀、芸がつきればこちらのものだ。
ローズ:完璧な運気など存在せぬか、ならばこの腕でこそ呼び寄せてみせよう。
デミトリ:一時魔界の力も制した俺だ、たしかにお前も倒しがいはあったがな。
モリガン:女の扱いには慣れていないのでな、しかし単なるジャジャ馬ではなかったな。
フェリシア:我が磁力をものともせぬじゃれつきとは、お前もただのネコではないな。
バレッタ:たかだか小娘と思って侮っていたが、もはやただのお仕置きでは済まさんぞ。
アレックス:まさか単なる力業で終わるまいな若造、もう少し底力を敗ってみたいぞ。
コマンドー:2人でも4人でも同じこと、俺の完璧は数押しでは討ち敗れんぞ。
デビロット:何ならタッグで勝負してもいいぞ、お前たちの負けはさらに高まるが。
トロン:これがマグネットパワーだ、機械で俺に立ち向かった己の無謀を呪うのだな。
飛竜:刃以上の斬撃だろうが基本は物質だ、我が磁力には手も足も出まい。
ダンテ:俺とても力業だ、どうせ力比べならお前も武器以上の力を見せてほしかったぞ。
アマテラス:犬以上の大神か、だが神に近き俺にとってはウォーミングアップだな。
イングリッド:今さら箔をつけるつもりはないが、もはや神の力も俺の敵ではないな。

悟空:これがサイヤ人の実力か、完璧には程遠いが期待通りの闘いだったぞ。
ルフィ:流石はゴムの男、打撃と雷撃は効かぬが、斬撃と磁力は効いたようだったな。
ナルト:お前のチャクラも忍術も、もう少し洗練すれば完璧に近づくものだがな。
銀時:これがお前の霊刀とやらか、それよりお前の侍の心意気は味わえたな。
剣心:まさか気迫のみで俺を斬らんとするとは、しかし覚悟のみでは俺は斬れんぞ。
一護:俺の魂も鋼鉄を超えるのでな、そうそうお前に斬らせるわけにはいかんのだ。
男鹿:いいか、俺が望むのは闘いだ、お前たちの子守りまで付き合いきれぬわ。
トリコ:下手をすれば俺の力までも喰らうか、お前の食欲もまさに完璧だったわ。
星矢:お前のコスモも神に至らんか、俺が忘れた目の輝きを前も持っているな。
翼:どうだ俺の完璧なガードは、いかにお前でも易々ゴールは渡せぬぞ。
ウイングマン:ヒーローを名乗らば完璧な俺を倒しに来るのだな、いつでも相手になるぞ。
寿乱子:まさかお前も超人女子か、そうでなくともお前は闘いにくかったぞ。
承太郎:磁力と時間、ともに地球の力だ、これも闘いの年季というものだ。
桃太郎:越えられぬなら命を捨ててぶち破るか、その覚悟、やはり気に入ったぞ。
キン肉マン:完璧を超えるお前のクソ力、いずれはじっくりと超えてみせよう。
一堂零:たしかに非常識だな、しかしそれだけで俺を弄べると思うなよ。
幽助:殺しても死なぬのはありきたりの超人だな、死を超越しての完璧超人だ。
大尊:たかだか喧嘩で俺と対せんか、今度はお前の喧嘩で仕合ってもいいのだぞ。
ひろし:これでも最強タッグのようだな、お前たちの根性もこんなものでもなかろう。
ララ:俺と闘うにはそのハレンチを何とかしろ、ひとまず投げ落として一本だな。
金色の闇:いかに武装しようが俺の磁力には無力、これからが本当のお仕置きの時間だ。
両津:この世に完璧なものは俺の強さと正義超人の友情、そしてお前の根性と信念だな。
アシュラマン:あの時は手負いだったが、やはり全力のお前こそ倒しがいがあったぞ。
悪魔将軍:もはや黄金のマスクもその鎧のカケラとともに興味がなくなったわ。

|

« 第4話:カットシー乱舞<Gのレコンギスタレビュー> | トップページ | ルパン新テレビアニメシリーズ、ですか »

カプコン」カテゴリの記事

ジャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436942/57737253

この記事へのトラックバック一覧です: ネプチューンマン<ジャンプVSカプコン>:

« 第4話:カットシー乱舞<Gのレコンギスタレビュー> | トップページ | ルパン新テレビアニメシリーズ、ですか »