« 今週の神様43号:人外魔境への招待の巻 | トップページ | サンシャイン<ジャンプVSカプコン> »

第24話:女教皇(その2)<JOJOアニメ第3部レビュー>

ひとまず船外へと脱出せんとする一行、一通りの指導とジョークの後にともかく潜水艦を発つ。まあ襲われているときこそ余裕を見せるのがジョジョ流の醍醐味ってところか。しかしその隙にミドラーが紛れ込んでしまったが。
ポルナレフの体内に入る前に何とか引きずり出し、脱出にこぎつけた、しかし先の指導をよそに普通に会話しているように見えるのだがそれは置いておこう。
ともかくも海底沿いにゆっくりと潜水する一行に何と海底の岩盤に変化したミドラーがまたもや襲い掛かってくる。巨大な人面岩に吸い込まれていく一行。
ミドラーの口内にひとまず陥った一行、そのまま飲み込まれ消化されていくのかと思えば、そんな中ミドラーが承太郎を誘っていく。そこで気をそらさんと、気が進まぬうちに承太郎も受け応える、他の者も一様におだてていくがそれが見え透いているとばれてかえって激昂を買うことになる。最後ジョセフが発しているがそれもまたいかに。
舌で弾き飛ばされ歯の上に陥る承太郎、基本岩だけにある意味ダメージは大きいか。ジョセフたちの救助もむなしくそのまま噛み潰されてしまうのか。
しかし承太郎のプラチナで歯を破壊して脱出。かくして浮上にこぎつけた一行。その先にミドラーの本体が。ポルナレフが確認するもその姿は見るに堪えなかった。まあその素顔はゲームで確認しているがこれはまあゲーム度記事と考えてもよく、あくまで参考にということか。
ともかくエジプトの大地にたどり着いた一行。ここで今までの戦いの軌跡をたどっていくが。
まあ考えてみればそのエジプトにたどり着いてしまえばあとはDIOとの決戦にこぎつけられるか、と思ったんですよね。
そのDIO、財団の調査エージェントを始末し新たに加わった謎の集団を従え迎え討つか。
一方でジョセフと承太郎もスージーと連絡を取る。そんな中スージーもジョースターの宿命を踏まえひとかどの理解を持っていた。
こうして物語は少し間を置きつつも続いていく。

|

« 今週の神様43号:人外魔境への招待の巻 | トップページ | サンシャイン<ジャンプVSカプコン> »

JOJO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第24話:女教皇(その2)<JOJOアニメ第3部レビュー>:

« 今週の神様43号:人外魔境への招待の巻 | トップページ | サンシャイン<ジャンプVSカプコン> »