« 第24話:女教皇(その2)<JOJOアニメ第3部レビュー> | トップページ | ひとまずFFⅩⅤ、ですか »

サンシャイン<ジャンプVSカプコン>

さてみなさん、今回のジャンカプはキン肉マンから悪魔超人の大物サンシャインをお送りいたします。
キン肉マンと次作のキン肉マンⅡ世でも重要なファクターとして立ちはだかるサンシャインもジャンカプにて闘わせたらということで、ひとまずのシナリオを立ち上げましたが。
ひとまずこんなところで、それでは、ごゆっくり。

名前:サンシャイン
出展作品:キン肉マン
悪魔超人のエリート、悪魔六騎士の一人でアシュラマンと並ぶ筆頭格でもある。
黄金のマスク争奪戦や超人タッグトーナメントでキン肉マンたちに立ちはだかり熱い闘いを繰り広げ、新世代の悪行超人の師範としてもその名を轟かせている。
相手を完膚なきまで叩きのめすのを心情としているが、それは彼自身の闘いの信念に基づいてのことで、本当は義理人情に厚い男でもある。

・特殊技
地獄のビラミッド(相手のダウン中に下+大キック):身体を巨大な四角錐に変えてダウンした相手を押し潰す。
・投げ技
サンドアパランチ(相手の近くで前後+中、大パンチ):相手と組んでから倒れざまに雪崩状の砂となり押し潰す。
呪いのローラー(相手の近くで前後+中、大キック):胸のローラーで相手をひき潰しつつ後方にはじき飛ばす。
地獄の凱旋門(空中で下要素+中、大パンチ):身体をアーチ状に姿を変えて相手を押し潰す。
・必殺技
キャノンナックル(236+パンチ):おもむろに腕を飛ばして攻撃する。
砂嵐地獄(236+キック):砂嵐を発生させる。ボタンによって発生させる位置が決まる。
地獄のコマ(214+パンチ):身体をコマ状に変えて突進する。
キャノンボール(214+キック):身体をボール状に変えて、弾みつつ飛び掛かる。
・スーパーコンボ
地獄の死刑執行(レバー1回転+パンチ2つ):相手の背中から両手両足を決めつつ体の一部でできた無数のトゲに叩き落とす。
地獄の砂津波(236+キック2つ):全身を津波状にして突進する。
・ハイパーコンボ
魔界地獄めぐり(レバー1回転+パンチ全部):いわゆる連携投げ、パワーボム、ジャイアントスイング、投げざまに腕を伸ばしてつかみ往復して片手での投げ落とし、とどめは地獄の死刑執行でとどめを刺す。

・勝利メッセージ集(抜粋)
リュウ:この砂の一粒ずつにお前の拳が響いたぞ、流石は真の闘士を目指すだけあるな。
春麗:この蹴りのすべてが砂の身体に効くとは、まさに女でも侮れんな。
ガイル:お前の流儀に合わせて、こちらも慎重に砂地獄におびき込んでやったぞ。
ザンギエフ:お前の赤いサイクロンと俺の砂嵐、力比べなら楽しかったぞ。
ダルシム:体術はともかくお前の炎はむしろ体に心地よかったぞ、まあ説教はどうかな。
さくら:若い奴ならこういった元気さは買えるがな、これに懲りずにまた突いてこい。
キャミィ:己の遺志を持たぬ者は哀れなものだ、お前も単なる土人形でもなかろう。
ダン:力はからっきしでもその根性は気に入ったぞ、また遊んでやってもいいぞ。
ローズ:俺も悪運には慣れっこだからな、むしろお前の霊力でスッキリしたぞ。
デミトリ:俺も成り上がりだからとてエリートの端くれ、負けられぬ理由があるのだ。
モリガン:肉体だけと思ったらなかなかやるな、このまま砂に埋もれるのは不憫だな。
フェリシア:後で払えばいいが、あまり泥や埃をかけてくれるなよ子ネコちゃん。
バレッタ:これが悪魔の、そしてプロの戦いだ、ハンターごっこのお前とは次元が違う。
アレックス:いかに若かろうが侮りはせんぞ、ひとかどの底力でひどい目にあったからな。
いぶき:風邪か吹けば砂も舞うもの、風に乗ればお前もてんてこ舞いだったな。
デビロット:イタズラ程度なら可愛いものだ、しかし下手な武器は勘弁してくれよ。
トロン:まったくチョコマカとまとわり付きおって、人形とはいえしつけが必要だな。
コマンドー:俺の身体も天然ものでな、お前らの作り物とは品質が違うのだ。
飛竜:まさに震えるほどの斬撃だな、砂の身体でもうかうかできないものだな。
ダンテ:未だ武器に頼るか、しかし無軌道に暴れぬだけ儲けものというべきだな。
アマテラス:やはり霊力が強い犬だったが、それに負ければ超人として立つ瀬がないな。
イングリッド:俺に力も砂と腕のみだ、少なくともお前に鎮められる代物でないのでな。

悟空:拳の力は認めるが、これしきの気迫など奴のクソ力に比べればまだぬるい。
ルフィ:砂の闘い方は心得ているな、だが固めて打てば勝てるとは思うなよ。
ナルト:俺は小細工は嫌いだが、お前よりも闘いのバリエーションは心得ているよ。
銀時:この木刀にお前の魂が込められているか、不覚にも斬られてしまったよ。
剣心:戦いは倒すか倒されるかだ、信念かどうかは分からぬが今更臆したか剣士よ。
一護:俺もお前の仲間に送られそうになったが、今はその時ではないということだ。
トリコ:流石に俺を喰うわけではなかったな、しかし純粋な闘いなら受けて立ったぞ。
男鹿:お前の腕っぷしだけでも面倒だったが、赤ん坊まで実力出されてはたまらないな。
星矢:流石はコスモの使い手だ、俺も砂の一粒ごとに力を込めんとお前には勝てんな。
翼:むう、俺の身体を突き破るとは、お前のシュートも侮れなかったようだな。
ウイングマン:ただ飛び回るわけではなかったようだが、俺の素早さは分からなかったようだな。
寿乱子:その能天気な強さは超人顔負けだが、お前も女としてはまず失格だな。
承太郎:時を止めて不意討ちをせんか、豪胆なお前らしからぬ姑息さだったな。
桃太郎:いいぶった斬りようだったな、漢の魂の剣だったらなおも効いたぞ。
キン肉マン:ここでお前のクソ力、信念を込めねば打ち敗れなかったということだな
一堂零:さしもの俺も理解しがたいな、やはり非常識なのは分かるのだがな。
幽助:やはり肉体以上の精神力か、死線を超えれば当然の仕儀というやつだな。
大尊:ただ打つだけとはつまらんな、それでも強くなるなら退屈はせんが。
ひろし:やはりそうか、お前たちにもクソ力と友情パワーで闘っていたのか。
ララ:悪魔超人の俺が言うのもなんだが、情熱はいいがハレンチはどうかと思うぞ。
金色の闇:変幻自在はこういうことだ、しかしお前もハレンチを除いて俺と通じるな。
両津:俺の砂地獄は何人も抜け出せない、だがここまでもがいてきたのは見事だな。
バッファローマン:やはりお前相手なら小細工抜きでの力のぶつけ合いが一番面白い。
アシュラマン:どうせ強いならお前ほどの誇りを身に付ければな、また仕合ってくれ。
悪魔将軍:純粋なる強さなら正義も悪もない、あんたの強さこそ俺の理想だった。

|

« 第24話:女教皇(その2)<JOJOアニメ第3部レビュー> | トップページ | ひとまずFFⅩⅤ、ですか »

カプコン」カテゴリの記事

ジャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436942/57454394

この記事へのトラックバック一覧です: サンシャイン<ジャンプVSカプコン>:

« 第24話:女教皇(その2)<JOJOアニメ第3部レビュー> | トップページ | ひとまずFFⅩⅤ、ですか »