« 第23話:女教皇(その1)<JOJOアニメ第3部レビュー> | トップページ | ドラクエヒーローズ、ですか »

劉雲飛<サムライスピリッツ天下一剣客伝2>

さてみなさん、今回の剣サム2は零サムからの仙人劉雲飛をお送りいたします。
今や日の本及び亜細亜の守護仙人となりつつある雲飛の活躍をここにお送りできればと思います。
さてなにはともあれ、それでは、ごゆっくり。

プロローグ
かつての武人だったが今や仙人の一人として謳われる彼は、世の真理を究めんと仙術の修行の傍ら各地の災厄を鎮めてきた。
そして今回、再び訪れる魔の台頭とそれらを束ねる真なる魔を鎮めんために闘いの場に立つのだった。

第4回戦:対いろは
・仕合前
雲飛「ほう、再び巡り会えたのう鶴仙よ、彼の若者とはあれからうまくやっているかのう」
いろは「おかげさまで、旦那様のお仕事をお手伝いできるならばと思いましたが、こうして凶事に赴くも鶴仙としてのお役目ということで」
雲飛「ふむう、そなたには平和なひと時を過ごさせたかったがの、ひとまずそなたの業を見るのも悪くはないか」
いろは「はい、お願いいたします」

・仕合後
雲飛「ふむ、悪くはなかったのう、ひとまず儂が先に行こうかのう」
いろは「はい、恐れ入りました」
雲飛「たしかに来るべき凶事、引き続いて若者の守護を担うのも路。待っているがよい」
いろは「はい、お願いいたします」

第5回戦:対覇王丸
・仕合前
雲飛「さて剣豪よ、来るべき凶事、今更ならばそなたの腕を疑う余地はなきことなれど」
覇王丸「とりあえず腕を見るってところだろ、こういうのは強いもの勝ちってところだからな」
雲飛「強いのみでは意味なきはそなたも承知の上、そなたの信念の力、ぶつけてみるがよい」
覇王丸「おう、遠慮なくいくぜ爺さん」

・仕合後
雲飛「うむ、見事、剣技はともかく、剣の心をだいぶ理解しえたかのう」
覇王丸「まあ今でもがむしゃらに振っているがよ、爺さんから見れば」
雲飛「平和なる時にこそそなたの業も必要となる、いずれは悟りうること、いやその悟りも気づくことであろう」
覇王丸「ああ、俺も何とかつきとめてみるさ、それから、気を付けろよ爺さん、そしてまた一緒に飲もうぜ」

第6・7回戦(下記4組の中から2人選択)
・萬三九六編
三九六「がーっはっはっは、俺様の天下のためにこんな枯れた爺さんを倒さなきゃなんねえのかあ!」
雲飛「枯れたかどうかはともかく、ぬしの狂猛は捨て置くわけにはいかぬのう」
三九六「おお、やるってのかあ、それも面白え、ジジイだからって手加減しねえぞお、覚悟しな!」

・黒河内夢路編
夢路「今まで人を斬るのみの私も、人を活かす路、ようやく垣間見えた気も致します」
雲飛「そうさのう、名が示す通り夢が覚めるように描く夢もやがては現となるものじゃ」
夢路「ここは久しぶりに、私の拙き武、労使に見ていただきたく思いますが」

・ドラコ編
ドラコ「やっと会えたぜ老いぼれ、今度こそ貴様の下らねえ人生に引導を渡してやる」
雲飛「そういうそなたも、儂を撃ったからとて、その心をいかように晴らすつもりなのかのう」
ドラコ「黙れ、俺の心は俺が決める、今はお前を殺すだけしか頭にねえ」

・アスラ編
アスラ「いずこかで見えたか、いやお前の武、そして剣術を今こそ受け止めなければならぬ」
雲飛「敵意を超えたそなたの剣、ひとまず封じるまでもあるまいかのう」
アスラ「ふふ、俺もお前の境地に到れるか、この仕合でいくばくかははかれるだろうな」

第8回戦(対歴代ボス戦)
雲飛「さて座興はひとまず切り上げ、ようやく降魔調伏の議を執り行えるかのう」
・プレイヤー、異界へと引きずり込まれる。
「魔界への門は、今開かれた。汝の正なる気、我らの目覚めの礎とならん。まずはこの者ども我が手駒との仕合、愉しもうではないか」
・プレイヤー、各ボスと対戦。各員1本取れば勝ち抜け。すべての敵に勝ち抜ければクリア。対して2本連続で敗れた場合にゲームオーバー。

第9回戦(下記5組から1組を選択)
・共通:倒されたボスの気が一人に凝縮し、パワーアップして立ち上がる。

・闇天草編
天草「忌まわしき封印は消え去った。今再び、大いなる主の御力により、我、目覚めた!!!
雲飛「聖と魔は紙一重というが、そなたが体言なればひとまずの鎮護こそそなたの聖を活かす路かのう」

・鬼斬紅郎編
斬紅郎「我は禍(わざわい)、我は鬼、そして我は壬無月、否、我こそは、鬼、斬紅郎な!!!
雲飛「そなたもまた力に殉じたかのう、多くの幽鬼とともにそなたの荒ぶる魂を鎮めて進ぜよう」

・真ゴルバ編
ゴルバ「やはり我が命をかけねば汝は討ち取れぬか、それもよかろう、今こそ決戦の!!!
雲飛「過ぎたる野心がそなたを魔に委ねさせたか、かつての武人としてそなたを鎮め救うて進ぜよう」

・魔界我旺編
我旺「國の哭く声、それに応えんがため、我今こそ魔界の気をも取り込み、國を制せ!!!
雲飛「そなたとの仕合にて儂も解き放たれた、いささか心苦しいがそなたを鎮め國と世の安寧鎮護せしめん」

・羅将神ミヅキ編
ミヅキ「ラキ、ラキキキキ、我が力戻ったり、今こそ世を魔界に呑みこんでくれん!!!
雲飛「影のシモベよ、いつまでも現世を惑うもまた不憫、今度こそそなたを鎮めて進ぜようぞ」

最終戦(対壊帝ユガ)
「正と負の気のぶつありあいより我が糧なる神魔の気、今ここに高まった。今こそ我が復活の刻(とき)。
我が名は、壊帝ユガ
今、人の世は終焉を迎えん。我が意によって・・・・・」
雲飛「ついに現れたかのう壊帝よ、ひとまず我が全身全霊をもって御身を鎮めて進ぜよう」

エンディング
最凶の魔は滅びその渦巻く邪気は浄化された。
その霊気をもって雲飛は日の本を覆う暗雲を晴らし、凶作続きの大地に実りを与えていく。
そしてそれを見届けた後雲飛は天へと還っていく。
しかしその後もとある老人が酒の大樽を背にかつぎ天へと昇る様を見かけた者が後を絶たない。
それをとある剣士が感慨する。
「やってくれるな爺さん、いつかまた飲みたいぜ」

|

« 第23話:女教皇(その1)<JOJOアニメ第3部レビュー> | トップページ | ドラクエヒーローズ、ですか »

サムライスピリッツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 劉雲飛<サムライスピリッツ天下一剣客伝2>:

« 第23話:女教皇(その1)<JOJOアニメ第3部レビュー> | トップページ | ドラクエヒーローズ、ですか »