« 今週の神様39号:崩壊する雑誌)違 の巻 | トップページ | セーラーマーキュリー<ジャンプVSカプコン> »

第20話:死神13・デスサーティーン(その2)<JOJOアニメ第3部レビュー>

赤ん坊のスタンド、デスの攻撃に気付かず(花京院を除いて)ひとまず一夜を過ごす一行。承太郎も夜空を見上げ物思いにふけるが。やはり内心心配だ。
誰もが花京院に異変を感じているが、それも赤ん坊の作戦通りか。
ジョセフとクセ院ベビーフード。結構うまそうだけど、それが昔承太郎にも喰わされたのかなあ。一方赤ん坊のもとに黒サソリが。すんでで仕留めたがそれをまた花京院に見られた。しかし何とか口の中に隠し難を逃れた、って敵ながらしぶといというべきだな。
そこにジョセフがベビーフードを食わせようとするが口にはサソリ。そこに花京院が確かめようとするが逆に疑われる。ついにはスタンドで締め上げんとするも止められ、はたして気を失うのだった。一方赤ん坊も口のサソリを吐き出し難を逃れる。
結局全員眠りにつき件の遊園地へと陥ってしまう。一方赤ん坊は始末する前の腹ごしらえか。その間にポルナレフたちは徐々に術中にはまりつつある。そこに死神がついに。
夢の中ではスタンドが持ち込めない、繰り出したスタンドも死神の擬態。しかしここに来て欠点を告げだすのは大いなるお約束か。
そこにハイエロファントが現れた。花京院はスタンドを出して気を失ったことが不幸中の幸いといったところ。ともかく反撃、お仕置きの時間が始まる。
しかし敵もさるもの、雲を集めて腕を形成しカマを奪い自分ごとぶった切る、頭と手とカマが本体でローブでカモフラージュしてるってことか。
しかしハイエロファントも斬られたと見せかけ、頭がスタンドの本隊ならそこに潜り込み降伏を迫る。はたしてデスは降参する。
次の日何事もなかったかに花京院が朝食の支度をする。皆が夢を覚えていないことを気に、何食わぬ顔で振る舞うが。あと腕の傷も治して。
そして最後のお仕置きとばかりに赤ん坊のフードにあるモノを混ぜて食わせてノックアウト。
最後は今更ながらサンジのツッコミの一言でシメとしましょう。
「食い物を粗末にするんじゃねェ!!!

|

« 今週の神様39号:崩壊する雑誌)違 の巻 | トップページ | セーラーマーキュリー<ジャンプVSカプコン> »

JOJO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第20話:死神13・デスサーティーン(その2)<JOJOアニメ第3部レビュー>:

« 今週の神様39号:崩壊する雑誌)違 の巻 | トップページ | セーラーマーキュリー<ジャンプVSカプコン> »