« 第19話:死神13・デスサーティーン(その1)<JOJOアニメ第3部レビュー> | トップページ | ゴジラ新作、ですか »

花諷院骸羅<サムライスピリッツ天下一剣客伝2>

さてみなさん、今回の剣サム2は、花諷院の荒法師、骸羅をお送りいたします。
一見単なる乱暴者にみえて徐々に使命感に目覚める様をこの記事で特に描いていきたいと思いますが。
ひとまずこういったところで、それでは、ごゆっくり。

プロローグ
幼いころよりケンカ好きで近隣の村にその蛮勇をふるうも、和狆に引き取られ修行の日々を送る。
しかしその後も花諷院の荒法師と怖れられるも、幾多の凶事を経てひとまず己の使命に目覚めたかに見える。
ともかくも自らの力がどれだけ人の役に立つのか、今回も鼻息荒く闘いの場に赴くのだった。

第4回戦:対和狆
・仕合前
骸羅「おい、ジジイじゃねえか、こんなところで一体何の用だってんだ」
和狆「何を言うちょる未熟者が、ぬしが手間取っておるから儂がこうして出向いておるではないか」
骸羅「何だと、この俺がまるで役立たずとでも言いてえのか、いっくらジジイでも許せねえ!」
和狆「馬鹿者、そうしてすぐに血が上るから未熟者というのじゃ、ここは今一度鍛え直してくれるわい」

・仕合後
骸羅「ど、どうでえジジイ、この俺も腕っぷしだけじゃねえってことが、よく、分かった、か・・・・・」
和狆「まったくすぐ本気出したらじきへばりおって、しかしちょっとは精進したかのう、あいたたた、こ、腰が・・・・・!」
骸羅「まったく、肝心な時にギックリ腰かあ、まあ、あんまり無理するなって、後は俺に任せるよ」
和狆「そうさのう、ぬしに心配されるとは、まあ、一つ任せてもよいがのう」

第5回戦:対首斬り破沙羅
・仕合前
骸羅「こんなところで迷いやがってんのか、ちょうどいいや、少し付き合いな」
破沙羅「ああ、君かい、これから迷いのもとを断ち切ろうと向かうところなのに」
骸羅「そいつはおめえじゃ役不足だな、まずはおめえと仕合ってその魂、鎮めてやるぜ」
破沙羅「そう言うと思ったよ、まあいいさ、君とは楽しめそうだからね」

・仕合後
破沙羅「ああ、結構楽しかったよ」
骸羅「おお、満足してくれりゃ重畳だぜ。待ってな、今得度してやるぜ。
ナンマンダ~、アンマンダ~、○×ダ~、×○ダ~、※☆*@~」
破沙羅「ああ、篝火ぃ・・・・・!」
破沙羅、消えていく。
骸羅「おいおい、まだお経が終わってねえのによ、まあこれで成仏してくれりゃいいがよ、さて次行くか」

第6・7回戦(下記4組の中から2人選択)
・萬三九六編
三九六「がーっはっはっは、やはりおめえか荒法師。この鬼も逃げ出す三九六さまがいっちょブッ倒してやるぜぇ!」
骸羅「何寝言いってやがんでぇ、この俺がおめえを得度してやる方が先だろうが!」
三九六「ケッ、おめえみてえな生臭坊主にやられてたまるかよ、おめえこそ覚悟しやがれ!」

・黒河内夢路編
夢路「成程骸羅さん、あなたも幾多の行脚を経てようやく真の得度を覚えたということですね」
骸羅「う、そりゃ俺だってただ暴れるだけじゃあダメだって、ともかくおめえも仕合いてえだろうが」
夢路「そうですね、まずはお互い吹っ切れるために全力を尽くしましょう」

・ドラコ編
ドラコ「まったく気に入らねえ、坊主が腕づくで俺に説教とは」
骸羅「今まで数えきれねえほど撃ってきたおめえだからこそ、この俺も説教のしがいがあるってもんだぜ」
ドラコ「小賢しい、後腐れないよう、とっとと討ち抜いてオサラバだ」

・アスラ編
アスラ「お前の力の中に、大いなる法力を感じるぞ」
骸羅「何だあ、俺が力しかねえのを、からかってやがるのか」
アスラ「まずはお前の力に打ち勝ち、その上で法力をも打ち破ってやろう」

第8回戦(対歴代ボス戦)
骸羅「おう、この俺様をどこへ連れていきやがったんだ、姿を現しやがれ」
・プレイヤー、異界へと引きずり込まれる。
「魔界への門は、今開かれた。汝の正なる気、我らの目覚めの礎とならん。まずはこの者ども我が手駒との仕合、愉しもうではないか」
・プレイヤー、各ボスと対戦。各員1本取れば勝ち抜け。すべての敵に勝ち抜ければクリア。対して2本連続で敗れた場合にゲームオーバー。

第9回戦(下記5組から1組を選択)
・共通:倒されたボスの気が一人に凝縮し、パワーアップして立ち上がる。

・闇天草編
天草「忌まわしき封印は消え去った。今再び、大いなる主の御力により、我、目覚めた!!!
骸羅「おめえも教えこそ違うがたいそうご立派な御仁だったはずだ、今からそれを思い出させてやるぜ」

・鬼斬紅郎編
斬紅郎「我は禍(わざわい)、我は鬼、そして我は壬無月、否、我こそは、鬼、斬紅郎な!!!
骸羅「人斬りにかまけ未だ迷ってるか、おめえが斬った奴らと合わせてまとめて得度してやるぜ」

・真ゴルバ編
ゴルバ「やはり我が命をかけねば汝は討ち取れぬか、それもよかろう、今こそ決戦の!!!
骸羅「野心だけで魂売り払うたあ救いようねえな。まずはその性根叩き直してやるぜ」

・魔界我旺編
我旺「國の哭く声、それに応えんがため、我今こそ魔界の気をも取り込み、國を制せ!!!
骸羅「俺はあんたがいうますらおって奴じゃねえが、闘いっぷりだけなら認められなくっちゃなあ」

・羅将神ミヅキ編
ミヅキ「ラキ、ラキキキキ、我が力戻ったり、今こそ世を魔界に呑みこんでくれん!!!
骸羅「まだまだ影にとらわれてやがるな、ここは腕づくでも解き放ってやるぜ」

最終戦(対壊帝ユガ)
「正と負の気のぶつありあいより我が糧なる神魔の気、今ここに高まった。今こそ我が復活の刻(とき)。
我が名は、壊帝ユガ
今、人の世は終焉を迎えん。我が意によって・・・・・」
骸羅「こいつが如来さまが言ってた壊帝か、こうなったら全力で鎮めてやるぜ」

エンディング
その後骸羅は近隣の村々を巡り読経と説法を繰り返していた。
「ナンマンダ~、アンマンダ~、☆*◎※~」
相変わらず適当な読経ながらも、村人はそれに心を和ませ、いつしか大きな輪となっていく。
そんな骸羅もまた新たな生きがいのごとくに、その読経と説法の日々を送り、かつての荒法師もやがては上人の一人としてその名を連ねるのであった。

|

« 第19話:死神13・デスサーティーン(その1)<JOJOアニメ第3部レビュー> | トップページ | ゴジラ新作、ですか »

サムライスピリッツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花諷院骸羅<サムライスピリッツ天下一剣客伝2>:

« 第19話:死神13・デスサーティーン(その1)<JOJOアニメ第3部レビュー> | トップページ | ゴジラ新作、ですか »