« 第18話:太陽<JOJOアニメ第3部レビュー> | トップページ | 鉄拳7、ですか »

エピソード16:天空の魔塔(その10)<namco×CAPCOM・SNK>

さてみなさん、今回のナムカプケイは天空の魔塔のその10を送りいたします。
帰ってきた無頼の侍、御剣に続き、黄泉返った強敵の登場のまでをお送りできればと思っておりますが。
ひとまずこんなところですので、それでは、ごゆっくり。

いままでのあらすじ
ドラクマーの塔を上りきり、天上への入口へと差し掛かったレオ一行。そこには先に飛ばされ女神イシターの指示で待ち構えていたハイデルン一行が待ち構えていた。
あわや対峙に到らんとしたところ、そのイシターの正体を明かされ、サッカバス一党を退けるべく両者はひとまず共闘と相成った。
一方介入してきたザサラメールとともに、それを追ってきた御剣平四郎も現れた。

・御剣、味方サイドに参入。このシナリオでは独自ユニットとして操作する。

・キャラクター紹介
御剣平四郎(ソウルキャリバー):戦国の用心棒と呼ばれる流浪の剣士。今や銃器を超える剣技を極めたというが。

・御剣、初ターン
御剣「今度は何を企もうってんだ“ざさらめいる”」
ザサラメール「別段何かを企む必要はないがね。わたしはこれから起こりうる事象を一つずつ受け流したまでのこと。無論そなたの事象もその一つだよ」

・ソフィーティア、ザサラメールと対峙
ザサラメール「やはりそなたも参ったか神の戦士よ。もとはこの世界の均衡を守るため働いたる仲、しかし」
ソフィー「ザサラメール、ティラを差し向けてピュラを一度ならずかどわかさんとした。それは一体どういうこと」
ザサラメール「これもまた世の均衡、そなたの子ピュラ、そしてパトロクロスらもまたそれを護らんとする者。それはその布石。そなたも存じているはずだ、あれらはあの欠片に選ばれたるものだと」
ソフィー「言わないで、あの邪剣の虜にするなんて、それだけは、させない」
キリク「そうだな、彼女のイヴィルを浄化すれば、その心配もなくなるのだが」
カサンドラ「とにかく、ここは退けましょう、あの子のためにも、あたしたちのためにも」

・敵を数体撃破後
飛竜「・・・やはりな、姿を見せろ、飛燕」
・ストライダー飛燕、アマゾネス、機械騎士とともに姿を現す。
飛燕「久しぶりだな、飛竜」
アタル「元ストライダーの飛燕さんかい。あの男が蘇ってくるとは感付いたが、ちょっと早すぎやしねえか」
飛燕「ホリ・タイゾウ、いや、まさかドリラー部隊、なのか」
アタル「こちらもわけがあってな、ひとまずあたらせてもらうぜ」
ハヤト「ああ、アンチプラズマの件を含め、借りはきっちり返してやるぜ」
飛竜「・・・奴は、俺の獲物だ」
ジュニア「いや、こういうのは早いもん勝ちってもんだ。しかしバラバラに戦っちゃ勝てねえのもまた事実だが」
飛竜「確かに、な・・・・・」

・敵キャラクター紹介
機械騎士(ストライダー飛竜):冥王軍の兵士、主に機械城を守護する。

・約1ターン後、レオリナと北条政子が現れる。
レオリナ「なかなか面白いことになってるじゃないかザサラメール、やはり共倒れはうまくいかなかったね」
政子「されど、よき時間稼ぎにはなったかえ」
ザサラメール「無論だ、ひとまず彼ら二人の復活召還を成功せしめた。ひとまず試すも悪くはなかろう」
政子「おお、それでは・・・・・」
サッカバス「そいつが切り札ってやつか」
ザサラメール「うむ、そろそろ出でよ、ドルアーガ、源頼朝よ」

・ザサラメールの呼びかけにドルアーガと源頼朝が配下の魔物を引き連れて現れる。
ドルアーガ「・・・神あるかぎり・・・我も、また在る・・・ギルガメス、どこだ・・・・・」
頼朝「・・・我が、魂は、不滅じゃ・・・景清は、いずこ・・・・・」
政子「頼朝さま、いまだ目覚めの刻に到りませぬか」
サッカバス「ドルアーガ、まだ目覚めてはいないのか」
たろすけ「うわわ、とうとう黄泉返っちゃったよう、景清兄ちゃんやギルガメス兄ちゃんが帰っていないのに、どうしよう」
レオ「うろたえめさるな、たろすけ坊、ひとまず我らだけで押し返すもよかろう」
ハイデルン「確かにその異形は当方も憶測だが顕現を認めている。しかしそれだけではなかろう、ザサラメールとやら」
ザサラメール「無論だ、オーガを復活調整した際にとある副産物を発見した。それを今からご覧に入れよう」

・さらに一人の巨躯の老人が現れる。
老人「・・・永かったぞ眠りの刻は、儂の名前は三島仁八!」
ハイデルン「何、三島仁八。三島平八の父親にして三島財閥の創始者。しかし40年前に息子の平八に倒されたはず」
仁八「平八・・・うぬらも平八の知己か、ならば平八もろとも討ち滅ぼしてくれよう・・・儂の・・・儂の目的は、すべての破!!

TO BE CONTINUED

|

« 第18話:太陽<JOJOアニメ第3部レビュー> | トップページ | 鉄拳7、ですか »

ナムカプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エピソード16:天空の魔塔(その10)<namco×CAPCOM・SNK>:

« 第18話:太陽<JOJOアニメ第3部レビュー> | トップページ | 鉄拳7、ですか »