« 僕とファイアーエムブレム(前編) | トップページ | 今週の神様35号:重いかけひきの巻 »

今更ながらダイの大冒険について語る。

さてみなさん、今回は90年代ジャンプの名作『ドラゴンクエスト・ダイの大冒険』のレビューを軽めながらもお送りしたいと思います。
ダイの大冒険といえば、タイトル通りにドラクエから題材を得た作品で、魔王が倒され平和が戻った世界に再び魔王復活の危機が迫り、とある孤島で育った少年ダイが、ある日勇者の手ほどきを受け、新たによみがえった魔王に立ち向かうといったストーリーである。
このダイもジャンプマンガの定番通りに、一旦敵として戦った相手も後に仲間になるといったシチュエーションが見られ、ことに後述の竜騎将バランや宿敵である魔軍司令ハドラーも部下を据える形をとったものだった。
そんなダイも編者としても胸躍ったものがあったけれど、心残りだったのは、そのバランとのエピソードだった。かつて最愛の妻を失い、その悲しみを大魔王に付け込まれ人間を滅ぼすべく牙を向く。後に息子のダイノを引き入れんと、最後は魔物となって宿命的な闘いにもつれ込む。これはドラクエⅣのデスピサロのエピソードだけど、まあ編者的にはダイの師であるかつての勇者アバンとの邂逅のエピソードがあって然るべきじゃないかとは思ったのだけど。
あとダイも時流に乗ってかテレビアニメ化したけれど、ちょうどバランとのエピソードの途中で打ち切られ、ちなみに次回作でも連載も好評だったろうし、これもまたアニメ化したものだったけれど、これも何故か連載休止の憂き目を追ってしまった。
ともあれ、このダイもゲームマンガの一つとしても、純粋な冒険譚としても日本の漫画史に残る名作と謳われるものだろうと思うけれど。

|

« 僕とファイアーエムブレム(前編) | トップページ | 今週の神様35号:重いかけひきの巻 »

ジャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436942/56851795

この記事へのトラックバック一覧です: 今更ながらダイの大冒険について語る。:

« 僕とファイアーエムブレム(前編) | トップページ | 今週の神様35号:重いかけひきの巻 »