« 第15話:正義(ジャスティス)その2<JOJOアニメ第3部レビュー> | トップページ | Gのレコンキスタ、ですか »

シャルロット<サムライスピリッツ・天下一剣客伝2>

さてみなさん、今回の剣サム2は、フランスの気高い戦士シャルロットを送りいたします。
今回も雄々しく闘うシャルロット、それでも女らしさも捨ててはいないさまをここでお送りしたいとは思いますが。
なにはともあれ、それでは、ごゆっくり。

プロローグ
フランスの騎士の家柄に生まれ、彼女もまた名うての剣士として頭角を現した。
また常に民衆のために闘うことを旨とし、様々な凶事にも身を投じてきた。
今回も来るべき凶事を迎え討つべく、闘いの場に身を投じる。

第4回戦(対ズィーガー)
・仕合前
シャルロット「誰かと思えば貴殿であったかズィーガー卿」
ズィーガー「うむ、この大会に巣食う凶事を収めんと乗り込んだ次第。貴女もそれに対するおつもりかな」
シャルロット「無論、まずはその小手調べということで、まずはお互いの気を高め、闘いの狼煙としましょうか」
ズィーガー「うむ、これもまた楽しみですな」

・仕合後
こんなものか、いやまだ先を見据えねばならぬな
確かに手心は無用でしたが、ここぞの大一番にとって小手調べ以上の仕合と存じますが
ふむ、まずはその気持ちのみでも次に持ち越さねば
御武運を、シャルロット殿

第5回戦(対覇王丸)
・仕合前
シャルロット「会いたかった覇王丸。そなたのこと、前よりも強くなっているか」
覇王丸「会っていきなりご挨拶だな。しかしそういう惚れられ方も悪くはねえな」
シャルロット「な、何を申す、私も、そしてそなたも武人の端くれ。敬意を払うは当然だろう」
覇王丸「それもそうだな。ともかくお前さんの気が済むまで打ってこいよ」

・仕合後
シャルロット「大丈夫か覇王丸、しかしそなたも本気を出すと言ったではないか」
覇王丸「そうか、お前が俺の心配をするとはな。前よりも可愛くなったじゃねえか」
シャルロット「だ、誰が心配など、ともかく私には使命がある。ひとまずここでお暇いたす」
覇王丸「ああ、気を付けろよ。次こそお前に見合う強さにならなきゃな」

第6・7回戦(下記4組の中から2人選択)
・萬三九六編
三九六「おう久しぶりだなあ姐ちゃん、やっぱり西洋女は痛めがいがあるなあ、極上の悲鳴が今から楽しみだぜぇ!」
シャルロット「豪傑にしては卑屈だな、その血を我が剣で汚すは不本意なれど、これも天下万民のためだ」
三九六「その気の強い物言いをどれだけ取り崩せるか、こいつも楽しみだよなあ」

・黒河内夢路編
夢路「さてシャルロットさん、此度こそ騎士の戦の作法をご披露頂けますか」
シャルロット「そなたほどのつわものなれば吝かではないが、今の手負いの身で、我が剣受けられるか」
夢路「この夢路、剣に生き剣にたおれるがさだめなれば、お気遣いは無用のことです
シャルロット「ふむ、なれば我が全霊の剣、受けられよ」

・ドラコ編
ドラコ「かつては権力に身を置いたお前が民のために闘うか、そんな偽善こそが気に入らない」
シャルロット「そなたはまだ分からぬか、いや、徒に人を殺め人の心を捨てたそなたごときに、守るべき民を汚させぬ」
ドラコ「お前も俺を獣と蔑むか、ならば獣の牙にかかって死んでゆけ」

・アスラ編
アスラ「突くか、払うか、お前の武器も、俺の武器に敵うか」
シャルロット「いかにそなたの武器が多彩だろうと、ひるむわけにはいかぬ。堂々とあたるのみ」
アスラ「あるいはその勇こそがお前の大いなる武器か、なれば俺も存分にあたることにしよう」

第8回戦(対歴代ボス戦)
シャルロット「とうとうここまで来た、魔の眷属よ、この剣で引導を渡してやろう」
・プレイヤー、異界へと引きずり込まれる。
「魔界への門は、今開かれた。汝の正なる気、我らの目覚めの礎とならん。まずはこの者ども我が手駒との仕合、愉しもうではないか」
・プレイヤー、各ボスと対戦。各員1本取れば勝ち抜け。すべての敵に勝ち抜ければクリア。対して2本連続で敗れた場合にゲームオーバー。

第9回戦(下記5組から1組を選択)
・共通:倒されたボスの気が一人に凝縮し、パワーアップして立ち上がる。

・闇天草編
天草「忌まわしき封印は消え去った。今再び、大いなる主の御力により、我、目覚めた!!!
シャルロット「暗黒に魂を染めて己を貶める御身。今こそ神のご加護あるこの剣で、祓ってみせよう」

・鬼斬紅郎編
斬紅郎「我は禍(わざわい)、我は鬼、そして我は壬無月、否、我こそは、鬼、斬紅郎な!!!
シャルロット「まさしく凶猛なるオニか、もはや祈りの刻は終わった、ただ剣を振り下ろしそなたを討つ」

・真ゴルバ編
ゴルバ「やはり我が命をかけねば汝は討ち取れぬか、それもよかろう、今こそ決戦の!!!
シャルロット「哀れなりゴルバ卿、そうまでして得る力など、所詮は儚きもの、我が剣でただして差し上げよう」

・魔界我旺編
我旺「國の哭く声、それに応えんがため、我今こそ魔界の気をも取り込み、國を制せ!!!
シャルロット「國の哭きは世の哭き、よもやその元凶たらんはまさに滑稽、ゆえに捨て置くわけには参らぬ」

・羅将神ミヅキ編
ミヅキ「ラキ、ラキキキキ、我が力戻ったり、今こそ世を魔界に呑みこんでくれん!!!
シャルロット「真なる魔の影羅将神よ、今度こそ御身が住むべき闇の淵に堕としてくれよう」

最終戦(対壊帝ユガ)
「正と負の気のぶつありあいより我が糧なる神魔の気、今ここに高まった。今こそ我が復活の刻(とき)。
我が名は、壊帝ユガ
今、人の世は終焉を迎えん。我が意によって・・・・・」
シャルロット「ついに現れたか真なる魔よ、このシャルロット、今こそ御身に引導を渡してくれよう」

エンディング
その後祖国の革命に、シャルロットは民衆の側に立ちその身を捧げた。
それから彼女はどうなったか。詳しき伝えは遺されてはいない。
戦乱のただ中敵の銃前に散ったか、あるいは戦乱を生き抜き郊外の修道院に余生を送ったか、
いすれにしても革命に生きた乙女の伝説は。今の欧州にての小さな伝説として人々に伝えられているのだった。

|

« 第15話:正義(ジャスティス)その2<JOJOアニメ第3部レビュー> | トップページ | Gのレコンキスタ、ですか »

サムライスピリッツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャルロット<サムライスピリッツ・天下一剣客伝2>:

« 第15話:正義(ジャスティス)その2<JOJOアニメ第3部レビュー> | トップページ | Gのレコンキスタ、ですか »