« J・P・ポルナレフ<ジャンプVSカプコン> | トップページ | 増刊神様6月4・5日号 »

お気張り両さんの粉飾決算(こち亀クライマックス6月号)

さてみなさん、今回またこち亀の腐れ縁レビューをばお送りいたします。
今回のお題はまあおカネが絡んで最後失敗するというお話を中心にということで。ことに首都環状線の巻は勘定と勘吉のカンをかけていささか苦しいオチになってしまった。それまでは春も両津を喰うほどのキャラだったが、この時点ではいささかウザいだけのキャラとなってしまった。まあ最近ならそうまんざらでもないけど。
さておきおカネが絡んで失敗するというのは前々からのシチュエーションということだけれど。その基本は「宵越しの金は持たない」というある意味江戸っ子の心意気を最近では悪い意味が強く反映しているもので、まあ最近の不景気なご時世では将来のためにおカネを貯めようと計画している人、ことにそれもままならない人にとっては結構イタいお話ばかりだろう)もちろん編者含む。

| |

« J・P・ポルナレフ<ジャンプVSカプコン> | トップページ | 増刊神様6月4・5日号 »

こち亀」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お気張り両さんの粉飾決算(こち亀クライマックス6月号):

« J・P・ポルナレフ<ジャンプVSカプコン> | トップページ | 増刊神様6月4・5日号 »