« 第3話:DIOの呪縛<ジョジョアニメ第3部レビュー> | トップページ | 5月のおしらせ »

真鏡名ミナ<サムライスピリッツ天下一剣客伝2>

さてみなさん、今回の剣サム2は、琉球の妖滅士ミナをお送りいたします。
孤独な妖滅士から心を開いた風の巫女としての成長をこの闘いにおいてお送りできればと思っておりますが。
ともかくもそういうことで、それでは、ごゆっくり。

プロローグ
妖滅士として聖弓をもってあやかしを狩ってきた彼女。しかしナコルルら多くの剣士たちとの仕合を経て彼女自身も風の巫女としての使命にも目覚めていく。
そして今、彼女の守護として聖獣の子チャンプルとともに新たなる闘いの場へと向かうのだった。

第4回戦(対チャムチャム)
・仕合前
ミナ「あなた、確かダムタムさんの・・・・・」
チャムチャム「あ、ミナ、今度はミナが相手なんだね」
ミナ「あなたと遊んでいる暇はないんだけれど」
チャムチャム「うん、ボクも遊びでやってるんじゃないけどなあ。とにかくお互いの修行のために一勝負いこうよ」
ミナ「致し方ないわね」

・仕合後
ミナ「まだ、闘い足りないの」
チャムチャム「うーん、やはり修行が足りないや。そういうミナもちょっとは吹っ切れたかな」
ミナ「私は、そうね、まだわだかまりも残っているけれど、とりあえずは」
チャムチャム「柳生のおじさんも言ってたけれど、この世のキンコウってやつを守るためにも、もっと心も高めなきゃいけないからね。また一緒に修行できればいいね」
ミナ「ええ・・・・・」

第5回戦(対レラ)
・仕合前
ミナ「この冷ややかで柔らかい風、やはりあなたもなのね」
レラ「風の導きであなたと巡り会った。ありきたりな運命(さだめ)なのだけれど」
ミナ「そして今、あなたと仕合うのもまた然り、なのね」
レラ「あなたの風が、私をとらえることができるかしら」

・仕合後
ミナ「まだ、あなたの風をとらえられない。私の業を、風そのものにしなければ」
レラ「あなたなら、己が心、もっと解き放てるはずよ」
ミナ「私は、昔の私と違うと思いたい。それでも、わだかまりは捨てきれない」
レラ「それもまた、あなた次第なのよ」

第6・7回戦(下記4組から2人選択)
・萬三九六編
三九六「はーっはっはっは、久しぶりだなお嬢ちゃん。今度こそこの俺様の最強伝説のためにおめえの心を射止めてやるぜ」
ミナ「本当にしつこいのね、そんなに私の弓を受けたいなら、致し方ないのね」
三九六「へっへっへ、そういった物言いが俺様もそそるってもんだぜ。さあ、いっちょ楽しもうぜ」

・黒河内夢路編
夢路「お久しぶりですねミナさん、成行きとはいえ私もあやかしに関わった者、ですが」
ミナ「今のあなたも私と同じ、闘う気がないなら、それに越したことはないけれど」
夢路「同じく己が路を定めかけているのですね、この仕合が路を示せればよいのですが」

・ドラコ編
ドラコ「今や弓の時代じゃねえというのに、お前のような弓使いが幅を利かせている。まったく、気に入らないぜ」
ミナ「だからって人を殺せるの、そういうあなたもまた、あやかしに近い。なら・・・・・」
ドラコ「この俺を狩るというのか、まったく、自分を殺す相手を理解できねえなんぞ、哀れを通り越して腹立たしいぜ」

・アスラ編
アスラ「あやかしを狩る者か、俺もそれに近きものなれば、お前が狩るのも道理、なれど今は」
ミナ「あなたも狩る者なのね、あなたの大義に私の弓が通じるならば、射らなければ、いけないの」
アスラ「そうだ、俺の憎しみをも狩り取れるならば、もしかすれば。ともかく射れるなら射るがいい」

第8回戦(対歴代ボス戦)
ミナ「あれが魔の根源。そこにすべての元凶があるなら、行かなければ・・・・・」
・プレイヤー、異界へと引きずり込まれる。
「魔界への門は、今開かれた。汝の正なる気、我らの目覚めの礎とならん。まずはこの者ども我が手駒との仕合、愉しもうではないか」
・プレイヤー、各ボスと対戦。各員1本取れば勝ち抜け。すべての敵に勝ち抜ければクリア。対して2本連続で敗れた場合にゲームオーバー。

第9回戦(下記5組から1組を選択)
・共通:倒されたボスの気が一人に凝縮し、パワーアップして立ち上がる。

・闇天草編
天草「忌まわしき封印は消え去った。今再び、大いなる主の御力により、我、目覚めた!!!
ミナ「かつての聖人たるあなたも魔に堕ちた。この弓があなたを鎮めることができれば・・・・・」

・鬼斬紅郎編
斬紅郎「我は禍(わざわい)、我は鬼、そして我は壬無月、否、我こそは、鬼、斬紅郎な!!!
ミナ「鬼もあやかしと同じなら、たとえ強大なる力でも、恐れることは、できない」

・真ゴルバ編
ゴルバ「やはり我が命をかけねば汝は討ち取れぬか、それもよかろう、今こそ決戦の!!!
ミナ「要望に根差した大義、それがあなたの穢れなら、浄めてあげる、この聖弓(ゆみ)で」

・魔界我旺編
我旺「國の哭く声、それに応えんがため、我今こそ魔界の気をも取り込み、國を制せ!!!
ミナ「魔に身をゆだねてまで國を救わんだなんて、やはりあなたには世を任せられない」

・羅将神ミヅキ編
ミヅキ「ラキ、ラキキキキ、我が力戻ったり、今こそ世を魔界に呑みこんでくれん!!!
ミナ「世を乱し、闇に染めんとする魔の下僕(しもべ)、我が聖弓(ゆみ)にて幽世(かくりよ)に帰せ」

最終戦(対壊帝ユガ)
「正と負の気のぶつありあいより我が糧なる神魔の気、今ここに高まった。今こそ我が復活の刻(とき)。
我が名は、壊帝ユガ
今、人の世は終焉を迎えん。我が意によって・・・・・」
ミナ「すべての根源、いえ、あなたもまた世の闇の一部に過ぎない、たとえ一時の安寧であるとも、そのためにあなたを討つ。世を乱せしあやかしの根源よ、我が聖弓(ゆみ)で幽世(かくり)に帰せ」

エンディング
その後ミナは再び故郷へと帰っていった。しかしそこには待っている家族、子供たちがいる。
それからミナは、流れる風と共に、三線の歌を奏で、穏やかなる毎日を送っていったという。
そして月日が流れ、世に再び魔の影が現れ悪しきあやかしがはびこるとき、岬の祠に封じていた聖弓を手に悪を狩る乙女が再び現れることだろう。それまでは今ひと時の眠りを・・・・・。

|

« 第3話:DIOの呪縛<ジョジョアニメ第3部レビュー> | トップページ | 5月のおしらせ »

サムライスピリッツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真鏡名ミナ<サムライスピリッツ天下一剣客伝2>:

« 第3話:DIOの呪縛<ジョジョアニメ第3部レビュー> | トップページ | 5月のおしらせ »