« 今週の神様17号:じれったいのがキライだけどの巻 | トップページ | エピソード16:天空の魔塔(その5)<namco×CAPCOM・SNK> »

熱唱両さんのボカロ談義(こち亀189巻レビュー)

さてみなさん、今回もまたこち亀腐れ縁レビューとしてコミックス189巻についてお送りしましょう。
さて今回はいわゆる傑作選のシメということで、まあ先におおまか述べたからひとまずは多くは言わないけれど、やはりこのお話だけは少し述べたい。
カラオケを使った悪徳商売に両津がボカロ婦警を使って攻略しようとして失敗したお話。これもまかりなりに刑事警察ドラマなんだから、せめてボカロが摘発してくれれば救いにもなったけれど。結局は下手な色気を出してヘンなお話になってしまった。でも先に泥棒の一味を捕まえようと結局逃げられたお話はいくつかあったかな。それならいっそボカロオンリーで最近お話をつくろうとしたということか。
あとてきとーな秘境のリゾート話とあとスーパーカーのお話がひとまずいい味出してたかな。
それでも次巻は少しマシになるからいいかな。

| |

« 今週の神様17号:じれったいのがキライだけどの巻 | トップページ | エピソード16:天空の魔塔(その5)<namco×CAPCOM・SNK> »

こち亀」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱唱両さんのボカロ談義(こち亀189巻レビュー):

« 今週の神様17号:じれったいのがキライだけどの巻 | トップページ | エピソード16:天空の魔塔(その5)<namco×CAPCOM・SNK> »