« 恋と仕事とチーズケーキ<今更ながらげんしけん2代目レビュー> | トップページ | ドラえもん 新・のび太の大魔境、ですか »

サムライスピリッツ天下一剣客伝2:ナコルル編

さてみなさん、今回の剣サム2はナコルルのストーリーをお送りいたしいます。
大自然を守る光の巫女としての自らの務めと剣士として、そして女としての葛藤をもストーリーの中に描かれればと思いますが。
まずはこういったところで、それでは、ごゆっくり。

プロローグ
カムイコタンの戦士にして大自然を守る光の巫女として闘いを厭いつつ今まで剣を振るってきた彼女。しかし多くの仲間の助けもあり使命を果たしてきた。
今回もまた魔の台頭を感じつつ御前試合に身を投じるのだった。

第4回戦(対リムルル)
・仕合前
ナコルル「こうして仕合うことになったんですね、リムルル」
リムルル「うん、あたしもコンルと一緒に修行したんだよ」
ナコルル「しょうがないわね、それじゃあ、この仕合も修行のつもりでがんばりましょう」
リムルル「うん、負けないよ」

・仕合後
リムルル「うん、やっぱり姉さまは強いなあ」
ナコルル「これくらいにしましょう、やはり姉妹同士で闘うなんて」
リムルル「うん、ただ強くなるだけしゃダメだってわかってるから。でも、決して無理しないでね」
ナコルル「ええ、分かっていますよ、リムルル」

第5回戦(対ガルフォード)
・仕合前
ナコルル「ここはガルフォードさんとも仕合わなければいけませんね」
ガルフォード「大いなる闘いの前に、君とも闘わなければいけないか」
ナコルル「お互いの使命は同じものですが、どちらかが行かなければいけないのなら、仕方が慰安ことですけれど」
ガルフォード「そうだな、今はただ、互いの魂をぶつけて磨くべきだな」

・仕合後
ガルフォード「やはり、腕を上げたね、ナコルル。そして、その心も」
ナコルル「ごめんなさいガルフォードさん、でもこんなものでしょうか」
ガルフォード「さあね、でもこれだけは覚えててくれ、たとえ君でしか自然を護りきれなくても、君にはいつでも俺たちの心とともにあるということを」
ナコルル「はい、私は、必ず、帰ってきます・・・・・」

第6・7回戦(下記4組から2人選択)
・萬三九六編
三九六「会いたかったぜぇお嬢ちゃんよぉ。最強を目指す俺様にとっておめえがそばにいれりゃこの俺さまもさらに箔がつくってものだぜ」
ナコルル「人は自然のまま、何者にも侵されないものです。ゆえに私も、あなたのものには」
三九六「へっへっへ、そういったものいいは俺もやる気が起きるってもんだ、今こそものにしてみせるぜぇ」

・黒河内夢路編
夢路「お久しぶりですナコルルさん、今まで徒に剣を振るってきたこの私も、あなたの大義の前に己の生きる路を見いだせたように感じました」
ナコルル「幾分の迷いを振り切れたみたいですね、この仕合で私が役に立てることはありますか」
夢路「仕合ですか、今はそうするしかありませんが、我が道を究める一助となればよいのですが」

・ドラコ編
ドラコ「自然を護るか、ずいぶん甘ったれた望みじゃねえか、そんなものすぐに消えてなくなるというのによ」
ナコルル「あなたは徒に命を奪いすぎます。ここであなたを止めなければいけません」
ドラコ「分からねえか、この仕合はお前が俺を止めるんじゃねえ、お前が俺に狩られるんだよ」

・アスラ編
アスラ「人の世界が大自然のものであるなら、魔界はそうでないのか、いやそんなことはどうでもいい」
ナコルル「魔界と人界は光と影、同じ大自然のものなのです。それを分かってほしいのですが」
アスラ「それも俺にとってはどうでもいいこと。しかしお前の心が俺を癒してくれるのならば」

第8回戦(対歴代ボス戦)
ナコルル「来る、黒い力が、だんだん近づいてくる」
・プレイヤー、異界へと引きずり込まれる。
「魔界への門は、今開かれた。汝の正なる気、我らの目覚めの礎とならん。まずはこの者ども我が手駒との仕合、愉しもうではないか」
・プレイヤー、各ボスと対戦。各員1本取れば勝ち抜け。すべての敵に勝ち抜ければクリア。対して2本連続で敗れた場合にゲームオーバー。

第9回戦(下記5組から1組を選択)
・共通:倒されたボスの気が一人に凝縮し、パワーアップして立ち上がる。

・闇天草編
天草「忌まわしき封印は消え去った。今再び、大いなる主の御力により、我、目覚めた!!!
ナコルル「未だ迷っているのですね、あなたの清い心は、闇の彼方に閉じこもったまま、ここは私が解き放ちます」

・鬼斬紅郎編
斬紅郎「我は禍(わざわい)、我は鬼、そして我は壬無月、否、我こそは、鬼、斬紅郎な!!!
ナコルル「ただ闘争と破壊をもたらすのが鬼なら、私の力があなたの力と心を鎮められるものでしょうか」

・真ゴルバ編
ゴルバ「やはり我が命をかけねば汝は討ち取れぬか、それもよかろう、今こそ決戦の!!!
ナコルル「力のみでは何も生まれないというのに、あなたのその闘争の心、私の命で鎮めなければいけません」

・魔界我旺編
我旺「國の哭く声、それに応えんがため、我今こそ魔界の気をも取り込み、國を制せ!!!
ナコルル「國の哭く声は自然の泣く声です。それに気付かずに魔に取り込まれるほど、あなたは弱くはないはずです」

・羅将神ミヅキ編
ミヅキ「ラキ、ラキキキキ、我が力戻ったり、今こそ世を魔界に呑みこんでくれん!!!
ナコルル「あなたもまた真の魔の影、今度こそこの身も散るやもしれない、でもここで行かなければいけない」

最終戦(対壊帝ユガ)
「正と負の気のぶつありあいより我が糧なる神魔の気、今ここに高まった。今こそ我が復活の刻(とき)。
我が名は、壊帝ユガ
今、人の世は終焉を迎えん。我が意によって・・・・・」
ナコルル「何で静かで強大な邪気。すべてのよきカムイよ、私に御力を」

エンディング
その後ナコルルは、故郷カムイコタンに帰り平穏な日々を過ごすかにみえた。
しかし移り行く時代の流れとともに彼女の消息が途絶えてしまい、歴史の表舞台から姿を消す。
移ろいゆく自然のなかで彼女も消えゆく運命だったのだろう。
しかし我らは忘れてはならない。彼女は光の巫女だった前に一人の人であったことを。
そして人もまた自然の一部であるならば、我らもまた自然の声をそして彼女の声を聞くことができるであろう。

|

« 恋と仕事とチーズケーキ<今更ながらげんしけん2代目レビュー> | トップページ | ドラえもん 新・のび太の大魔境、ですか »

サムライスピリッツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サムライスピリッツ天下一剣客伝2:ナコルル編:

« 恋と仕事とチーズケーキ<今更ながらげんしけん2代目レビュー> | トップページ | ドラえもん 新・のび太の大魔境、ですか »