« 今週の神様14号:いくつもの真実の巻 | トップページ | サムライスピリッツ天下一剣客伝2:ナコルル編 »

恋と仕事とチーズケーキ<今更ながらげんしけん2代目レビュー>

・ひとまず吹っ切れた春日部と斑目。期待に胸膨らます妹と未だに煮え切らない波戸だが。
・去ろうとする斑目を妹が止める。確かに余計なことだけれども。
・信じる信じないよりも、仲間内で知られたくないものがあるからなあ、斑目。
・さらに高坂も乱入せんとしたか。まともな恋愛はもう期待すべくもないなあ。まして営業交じりならなおさらだな。
・大学の学園祭で飲むのか吉武。
・で、その営業交じりのコスプレタイム。今さらながら似合うな波戸も。しかしモトがモトなだけに。
・すべては斑目のハーレムルートか高坂。ある意味遊びで恋愛ゲーやってたツケともいえるか。ここはひとつツッパってみるか。
・まあ結局理論武装でもとの斑目に戻ったわけか。にしても春日部マジ容赦ないな。後輩たちもただ見守るだけだし。
・祭りの後、斑目が何かをヤメる話を春日部がさえぎる。これもちょっと勘違いか。ここは久我山たちと旧交を暖めるか。残りは打ち上げをとり行い、スーはいまいち浮いてるな。
・変わって自治委員会、コスプレ撮影の許可申請の際に卒論について問われる大野、スーは相変わらず空気読まないな。
・やはり就職がままならないことも問題だな。たしかに男の田中頼り、こういうのには資質ありかな。なるべく頼りたくないのもわかるけど。
・吉武の提案にも躊躇する大野。カネ儲けが目的でないのも分かるけど、単に優柔不断でもあるかな。一方商用に難色の田中の言もまた一理だな。
・さしあたりコスロムに挑戦か大野。吉武プロデュースで大胆かつ過激にか。対して田中は心配げだな。
・更には秋葉原、そこには斑目が。
・なんとまあ酒の力を借りたのか、吉武の策略で。これは危惧して当たり前か。さらには大野の不安もごもっともか。だがここは矢島もフォロー心得ているな。
・田中も大野あっての自分と、大野を、何より自分を励ますか。ここで胸踊らす3人はちょっとお邪魔か。あと留年はこれもイタいなあ。
・結局何のかんので、卒業しても関係が続いていくのか。帰ってきた斑目もまた然り。先に言いたかった会社辞めてヒマ持て余すか、ここでニートはやはりイタいぞ。
・いつもと変わらない波戸との生活(?)だけど、やはり卒業後の関わりについての先の斑目の言葉が引っ掛かり、そしてついに波戸のアタックか。

|

« 今週の神様14号:いくつもの真実の巻 | トップページ | サムライスピリッツ天下一剣客伝2:ナコルル編 »

アニメその他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436942/54814583

この記事へのトラックバック一覧です: 恋と仕事とチーズケーキ<今更ながらげんしけん2代目レビュー>:

« 今週の神様14号:いくつもの真実の巻 | トップページ | サムライスピリッツ天下一剣客伝2:ナコルル編 »