« 今週の神様9号:ヒカリの胎動の巻 | トップページ | エピソード16:天空の魔塔(その3)<namco×CAPCOM・SNK> »

ホワイト ゲート キーパー<今更ながらげんしけん2代目レビュー>

・とりあえず出来たネームを笹原も評価、とりあえずは出来るところからと、吹っ切れたのがよかったか。
・しかしいざ波戸に話を移ると流石に気まずくなるか。そのタイミングでスーが波戸を連れてきた。
・吉武班もひとまず出来上がったが、やっぱごっちゃだな。
・波戸は相変わらずBLしか描けないからコントロールの必要ありか。
・やはりイラストの基本は模写か、それはやむを得ないか。でも波戸が影響を受けた絵とは、高校の先輩というが。
・恋話に折れそうになって軌道修正か。これも理性ゆえ。やはり女装と絵の関係はただの呪縛か。しかし素があれじゃあなあ。
・そこに自治会乱入、業務連絡だけど本当に迷惑か。でも二人の会話に欲情か波戸。
・OBも次々参加が決まるが、やはり笹原の動向が気になるか。
・ついに学園祭当日、まずはコスプレで攻めるが荻上は拒絶。波戸は一応普通だけどなあ。来客は矢島の友人か。
・引っ込み思案ながら言うことは言う美作。しかしここは吉武が余計なことに踏み込んでるな。
・何か波戸を探してる女学生二人だが、何か知人を見つけてそこに移ったか。
・で、スーは何たかってるんだ。そこに先の二人が鉢合わせ。
・戻って今度は吉武のダチ。戦国武将のウンチクとは類は友を呼ぶのか。そこにみんな仲良くコスプレか。
・そこに斑目来訪。波戸に会報を受け取り好評を受けるが。ひとまずの関心は春日部との関係か。
・またも捕まった薮崎、あと妹の乱入で修羅場の予感が。たしかに物理的というのは言い得て妙か。
・そこに件の二人も来訪。面が割れまいと危惧する中、朽木が声をかけたのは、神永か。
・結局薮崎にたかりっばなしのスーだったか。

|

« 今週の神様9号:ヒカリの胎動の巻 | トップページ | エピソード16:天空の魔塔(その3)<namco×CAPCOM・SNK> »

アニメその他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホワイト ゲート キーパー<今更ながらげんしけん2代目レビュー>:

« 今週の神様9号:ヒカリの胎動の巻 | トップページ | エピソード16:天空の魔塔(その3)<namco×CAPCOM・SNK> »