« 13年末ドラえもん反省会 | トップページ | ゼルダ無双、ですか »

海賊無双・猛将伝:はっちゃん編

さてみなさん、今回の海賊無双・猛将伝はかつてアーロン一味としてルフィたちに立ちはだかるも後に協力者となるタコの魚人のはっちゃんのストーリーをお送りいたします。
原作でも出場したこともあったのでやはりプレイアブルとしても使用したい人も、いるはずだからひとまずの記事となった運びです。
まあとりあえずこういうところですので、それでは、ごゆっくり。

・ファーストストーリー:ココヤシ村
プロローグ:グランドラインから来襲した魚人海賊団、王下七武海・海侠のジンベエが放った彼ら海の荒くれ者の中の一人、タコの魚人ハチことはっちゃん。彼は仲間の暴虐に内心心を痛めながらも盟友たるアーロンへの義理ゆえ、従わざるを得なかった。
そんな折、麦わらの一味の来訪を機にナミの裏切りを知り、何とか引き止めんと出陣するのだが。
ゲームのあらすじ:一味に応じて決起した村人と来襲した海賊たちを退けつつも、ウソップや一味と同行したビビをも何とか抑え込む。
そんな折に対峙した一味の剣士、海賊狩りのゾロとひとまずの激闘をくぐり抜けんとするも、何とルフィがアーロンを撃破してしまったのだ。

・中間ストーリー:エニエスロビー
プロローグ:アーロンの敗北を受け、逃げ出したはっちゃん。しばらく近隣の島々をまわっていたが、ある日海獣に襲われた人魚のケイミーと出会い、彼女に触発され自分もまっとうな商売を開こうと決心する。
ところがかつての仲間であったマクロ一味の陰謀でケイミーが連れ去られてしまう。
ゲームのあらすじ:ケイミーが連れ去られた先は、何故か政府の司法の島。折しも連行されたアーロンたちも収監先で脱走していた。ケイミーの行方を捜すはっちゃんに何故か「貴様もおれを裏切るのか」とアーロンたちが襲いかかってくる。何とか退けたが、倒れざま腹違いの妹シャーリーの名を発する。恐らくは収監中にシャーリーと何かあったのだろうと懸念しつつも最後に待ち構えていたルッチらCP9と対峙、辛くもケイミーを取り返すのだった。

・ファイナルストーリー:シャボンディ諸島
プロローグ:ケイミーを助けたはっちゃんはシャボンディに逃げ延び旧知のレイリーのもとに身を寄せるも、はからずもルフィたちと再会する。今までのいきさつを語り、あとケイミーの説得もあってほどなく和解する。
しばらくシャボディパークで遊んでいたが、途中ケイミーがさらわれ、ヒューマンオークションで売り飛ばされようとしていた。
何とか助けようとするも、立ちはだかったのは世界貴族・天竜人。手を出せば海軍が黙っていない。にもかかわらずその暴虐に怒ったルフィはチャルロス聖を殴り飛ばしてしまう。
ゲームのあらすじ:ロズワード聖が招請した海軍や途中介入したルーキー海賊たちの猛攻をくぐり抜けつつもシャッキーのバーへと向かうはっちゃん。しかしその行く手を戦桃丸やパシフィスタ。そして大将黄猿が阻まんとする。そして最後にはパシフィスタの大元となった、七武海バーソロミュー・くまが立ちはだかるのだった。
エピローグ:はっちゃんも果敢に戦うもくまにはさほど効いているわけではないのだが、ひとまずクマは耳打ちをする「ひとまず麦わらたちを隠しておきたい」と。
とりあえずこの場を離れることができ、ひとまず残されたサニー号の守りにつき、後に魚人島で再結集したルフィたち麦わらの一味を待つことにした。

|

« 13年末ドラえもん反省会 | トップページ | ゼルダ無双、ですか »

ONE PIECE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海賊無双・猛将伝:はっちゃん編:

« 13年末ドラえもん反省会 | トップページ | ゼルダ無双、ですか »