« 第2章:辺境の地の少女<ているず・おぶ・じ・あにす> | トップページ | 今週の神様14年度2号:年末、心の大掃除の巻 »

月刊ストロングワーズ新世界編(創作):13年度12月号

さてみなさん、今回のストロングワーズは、かつてのドレスローザの陰謀と悲劇についての名ゼリフを多くいいたします。その中の渦中にあったドフラミンゴの悪意を感じ取れたらと思いますが。
ひとまずこういったところで、それでは、ごゆっくり。

・智慧の言葉
「そういやおれ、この国幸せでみんな楽しそうに見えたけど、お前ら見てるとなんか違うな!!(ルフィ)」
「お前が見たのは、勝者達の華やかな光の世界。
ドフラミンゴは人間を従う勝者と逆らう敗者に分ける。
まるで世界政府そのものだ。そこから外れた敗者ゴミ同然。
ゴミはを闇に隠しちまえば、そりゃあ国の見栄えはいいだろう(囚人剣闘士の一人)」
「なんかおれの育った国に、似てるなあ・・・・・(ルフィ)」
第726話:リク一族
コロシアムにて敗残の身を捕らえられた囚人剣闘士たちにこの国の内情を知らされ、自分が育ったゴア王国に似ていると述べるルフィ。
確かにこの国もまた民の選別を行っていた。まして世界政府という権力の頂点に立っていたドフラミンゴが支配している地だけに。

・悪意の言葉
「もっと・・・!!!国中か恐怖に震えあがり!!
リク王を、心底怨みきった時だ!!
ヒーローの登場はなあ!!!(ドンキホーテ・ドフラミンゴ)」
第727話:待ち伏せるヒーロー
10年前のドレスローザ、リク王を襲った悲劇。それはドフラミンゴが仕向けた大いなる謀略だった。
まず巨額の金を国民に貢がせた上で王を操り、国民の憎悪を極限にまで高めた末mずからが国を乗っ取る。まさに悪のヒーローの所業であった。

・悪意の言葉
「堕ちろ!暴力を称えろ(ドンキホーテ・ドフラミンゴ)」
第728話:悲劇の数
ドフラミンゴに操られるまま、民衆お襲い続けるリク王、やがてはリク王に憎悪を表し始めそれが極限にまで達した時、まさにこの時を待っていた偽りのヒーロー、ドンキホーテ・ドフラミンゴの登場を告げるセリフがまさにそれであった。
こうして貧しくても平和な国ドレスローザは死に、うわべの豊かさと退廃の国ドレスローザが誕生したのであった。

|

« 第2章:辺境の地の少女<ているず・おぶ・じ・あにす> | トップページ | 今週の神様14年度2号:年末、心の大掃除の巻 »

ONE PIECE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月刊ストロングワーズ新世界編(創作):13年度12月号:

« 第2章:辺境の地の少女<ているず・おぶ・じ・あにす> | トップページ | 今週の神様14年度2号:年末、心の大掃除の巻 »