« 聖なる夜の大陰謀・戦場のメリークリスマスの巻<こち亀アニメオリジナル> | トップページ | ONE PIECE反省会<ドレスローザ編・その3> »

今更ながらハリポタレビュー:ハリー=ポッターと不死鳥の騎士団

さてみなさん、今回はハリポタシリーズの第5弾『不死鳥の騎士団』のレビューを、まあ今回は簡単ではありますがお送りしたいと思います。それでは、ごゆっくり。

初めは人間界から、友人のセドリックを失い失意のハリーにある日ディメンターが襲来し、やむなく魔法で退けるも、そもそも人間界での魔法使用はご法度で、一旦学園の退学処分が下される。後に訪れたムーディ以下不死鳥の騎士団に迎えられて一時かくまわれ、
しかし後に開かれた懲戒尋問にてのダンブルドアの弁護でひとまずは処分保留となるのだが。
そんなホグワーツに戻ってきたハリーを見る目は冷たかった。生徒たちもあの男、ヴォルデモードの復活には懐疑的だったのだ。
そんな学校に闇の防衛術の先生として魔法省の官僚アンブリッジが赴任するがその実態はハリー以下生徒の監視と締め付けであった。
それに対しハリーは独自で防衛術と中心とした訓練を行う集団を結成する。その一方でスネイプがハリーになにやらを調べ上げんとするが。
一方でアズカバンにてベラトリックスらが脱獄。ヴォルデモードのもとへと集っていく。
更なるアンブリッジの締め付けにハグリッドが連れてきた巨人の子どもをはじめ、ケンタウロスら亜人たちの協力を得てアンブリッジを抑え込むことが出来た。
こうしてハリーと仲間たち、ロンやハーマイオニーはもとより、ネビルは第1作から大きく成長したものである。更には両親がベアトリクスらデス・イーターの犠牲となったことも成長の要素でもあったか。
ともかく仲間たちはヴォルデモードの更なる野望を阻まんと魔法省へ乗り込むがそこでデス・イーターと対峙。シリウスら騎士団の助けがあったがシリウスが命を落としてしまう。
それでも陰謀を抑え、魔法省もヴォルデモードの存在を認めていくが、結局ハリーは前作に引き続き大切な人を失ってしまう。まあ編者自身もこういったハードはお話となることはそうそう予測はしてはいなかったのだけれども。
ともかくも終盤に向けてハリーたちも大いなる闘いに備えていくのだが。

|

« 聖なる夜の大陰謀・戦場のメリークリスマスの巻<こち亀アニメオリジナル> | トップページ | ONE PIECE反省会<ドレスローザ編・その3> »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今更ながらハリポタレビュー:ハリー=ポッターと不死鳥の騎士団:

« 聖なる夜の大陰謀・戦場のメリークリスマスの巻<こち亀アニメオリジナル> | トップページ | ONE PIECE反省会<ドレスローザ編・その3> »